新「JINS MEME (ジンズ ミーム)」が発売|世界初の自分を見るアイウェア

2021.10.08

出所:PR TIMES

株式会社ジンズ(以下、JINS)は、2021年10月14日(木)より、世界初の自分を見るアイウエアとして開発した「JINS MEME(ジンズ ミーム)」を発売する。

“ココロとカラダのセルフケアメガネ”として一新されたJINS MEMEは、独自に開発した3点式眼電位センサー(特許取得済)と6軸モーションセンサー(3軸加速度センサー、3軸ジャイロセンサー)を搭載。世界初の自分を見るアイウエアとして開発されている。

発売は、JINS一部店舗(100店舗)およびJINSオンラインショップ(https://jinsmeme.com)、Amazonにて販売される。

JINS MEME(ジンズ ミーム) とは?

JINS MEMEは2015年11月に、独自のテクノロジーによりココロとカラダを可視化する「世界初、自分を見るアイウエア」として誕生。

JINSが独自に開発した3点式眼電位センサーでココロの状態を捉え、カラダの動きを計測する6軸モーションセンサーでカラダの状態を捉えてアプリで可視化できるというもの。2019年には完売し、次世代機の発表が待たれていた。

そして、新型コロナウイルスの蔓延で、働き方や生活様式の変化がより加速した新時代に、“ココロとカラダのセルフケアメガネ”として、フレームデザインから、専用アプリの機能、サービス利用方法まで一新。研究開発に5年以上を費やした次世代機が満を持して発売となる。

一新されたJINS MEME(ジンズ ミーム)の特徴

出所:PR TIMES

メガネのフレームは、以前のモデルでは、ノーズパッド周りとテンプルエンドに分散し格納されていた2つのセンサーとバッテリーを小型化。

出所:PR TIMES

すべてをノーズパッド周りに“JINS MEME CORE(コア)”として集約することで、軽量化と心地の向上、通常のメガネと遜色ないデザイン性を実現している。

専用アプリはBluetoothで接続して、COREパーツから得た情報を独自のアルゴリズムで解析。姿勢などの計測から「BODY(カラダ)」、没入度・安定度・バイタリティから「MIND(ココロ)」、2種のセンサーを活用し「BRAIN(集中)」の状態を可視化する。

出所:PR TIMES

可視化するだけではなく、それぞれをより良い状態に整えるためのオリジナルコンテンツも多数搭載している。

また、フレーム購入の初期費用は極力抑えたうえで、専用アプリは、アプリ課金型で、JINS初となるサブスクリプションサービスとして提供される。1年間無料で、2年目以降は、¥5,000/年 または ¥500/月(自動更新)※税込で継続可能となる。


お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」