そごう・西武は「デパ地下グルメお届け便」を自社サイトで受付開始。注文からお届けまでを自社提供へ

2021.12.01

そごう・西武は11月30日(火)より「デパ地下グルメお届け便 e.デパチカ西武池袋本店」の注文受付を自社サイトでも開始した。

2021年2月のサービス開始時は注文受付部分を宅配サービス出前館への出店で対応していたが、今回の自社サイトでの受付開始により注文からお届けまでを自社で提供することになった。

これにより、クリスマスオードブル特集などのシーズンメニューの受付やサイト内の選びやすさの向上で百貨店ならではの提案が可能となる。また、開始当初の取扱商品は約80ブランド250種類だったが、今回クリスマスオードブルの予約や日本酒などを追加して約100ブランド500種類まで拡大。今後も今までお取り扱いのできなかったブランドを中心に追加し、セブン&アイグループとして取り組んでいるラストワンマイル施策を推進する予定だ。

「e.デパチカ 西武池袋本店」自社サイト概要

■開始日時:11月30日(火)午前9時45分~
■お届け地域:豊島区全域、板橋区・北区・新宿区・練馬区・中野区・文京区の一部(最短45分でお届け)※11月30日(火)よりさらに対象地域を拡大(約18万世帯分増加)
■取扱商品:お弁当、お惣菜、スイーツ、ドリンク、アルコール、おつまみなど約100ブランド500種類
■サービス開始記念特典:①税込1,500円以上のご注文で送料無料 ②税込10,000円以上のご注文で1,000円オフ
※1月31日(月)まで/詳しくはホームページをご確認ください。
■サイトURL: https://edepachika.sogo-seibu.jp/ikebukuro/

クリスマスや福袋など百貨店ならではのニーズにも対応

日常使いでの利用の他に、クリスマスや年末年始などイベントでの利用が多い百貨店のデパ地下。自社サイトを開始したことで、e.デパチカにおいても「クリスマスオードブル」の予約受付を実施。年始には福袋販売として「デパ地下グルメ ごちそうデリバリー福袋」など百貨店ならではのニーズにも応えていく。

〈クリスマスオードブルのご予約受付イメージ〉〈クリスマスオードブルのご予約受付イメージ〉

〈ごちそうデリバリー福袋は3種類を予定〉※2022年1月1日(土・祝)にe.デパチカ公式サイトでのみ数量限定発売。/なくなり次第終了。〈ごちそうデリバリー福袋は3種類を予定〉※2022年1月1日(土・祝)にe.デパチカ公式サイトでのみ数量限定発売。/なくなり次第終了。

選びやすくなったサイトデザインでお客さまの利便性が向上

多くのブランドが集まって売場を形成している百貨店のデパ地下という特性と約500種類という多くの商品を扱っていることから、ブランド別でも商品をお選びいただけるように設計。ブランドを横断して複数のブランドの商品を購入するお客さまがほとんどという現在の傾向からも、ブランド別に商品をお選びできる点は、実際の売場でのお買い物体験に近い使いサイトとなっている。

サービス開始以来、利用状況は好調に推移し、2月のサービス開始から約9カ月で約1.8万件の受注を達成。1件2万円を超える高額受注も多数あり、中には6万円以上のご注文もあるという。

※本リリースの掲載画像はイメージ。価格は全て税込みです。

お役立ち資料データ

  • 無駄なアナログ業務をなくして販促活動の生産性を上げる方法とは?

    提供 : 株式会社SPinno 販促活動におけるデジタル施策やツールが充実する一方で、既存のアナログ業務が変わらず残り続けるために、以前にも増して業務負担が増えている販促担当者は多いのではないだろうか。 本資料では、販促活動における無駄なアナログ業務をなくし、販促担当者が本来やるべき販売促進、営業支援などに集中するための方法について解説していく。 ・現場からの依頼への対応に追われている ・企画の振り返りができていない ・本来やりたい業務に集中できていない こういった悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 販促業務におけるDX推進の現状と課題とは?

    提供 : 株式会社SPinno ビジネスにおける競争優位を築くため、AIやIoTなど最新のデジタル技術を活用してビジネスモデルや組織を変革する、DX (デジタルトランスフォーメーション)への対応は業界業種問わず必要不可欠のもになってきている。 本資料では、改めて、DXとは何か?DXの取り組み状況などをデータを元に解説し、特に販促業務におけるDXにフォーカスしていかにDXを推進していくかについて解説をしていく。 ・DXの概要や現状を基礎から知りたい ・DX推進のポイントが知りたい ・販促活動のDXに興味がある  上記のような悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。