H&Mはダノン・アクア社と共同し、廃プラスチックボトルからできたキッズウェア・コレクションを発表

2022.04.22

2021.12.31

H&Mは、飲料メーカー大手のダノン・アクア社(Danone Aqua)と共同し、インドネシア諸島の陸地や海岸で回収した廃プラスチックボトルを再利用する「bottle2fashion(ボトル・トゥー・ファッション)」プロジェクトを通して作られたリサイクルポリエステルを使用したキッズウェア・コレクションを発表した。 

今回の「bottle2fashion」プロジェクトでは、昨年の350万本の倍以上となる750万本以上のペットボトルを回収、リサイクルしており、本コレクションのアイテムは66万3,869本のペットボトルから作られている。2021年12月末より順次キッズウェア取り扱い店舗および公式オンラインストアにて発売される。

コレクションアイテムについて 

本コレクションで展開するアイテムにはキッズ(90-140cm)、ヤング(130-170cm) に向けた、モダンで着心地の良いリラックスフィットのフーディ―やトラウザー、ジョガーパンツ、Tシャツ、長袖のトップスや靴下を揃える。


「このキッズウェア・コレクションによってプラスチックごみに第2の命を吹き込むことができることをとても嬉しく思っています。「bottle2fashion」プロジェクトを通してできたリサイクルポリエステルを使用するということは、インドネシア諸島をキレイにする手助けとなると同時に、すでにある資源を活用することにつながります。その革新的な精神を受け継ぎ、大胆で未来を先導するようなアイテムを作り出しました。そして最も重要なこととして、世界中の小さなヒーローたちに引き続きサステナブルなファッションを提供することができたのです。」(H&Mキッズウェア・デザイン責任者、ソフィア・ロフステット)

素材について 

本コレクションで使用されているポリエステルはすべて「bottle2fashion」プロジェクトを通してリサイクルされたものを使用しており、これはインドネシア政府による海洋汚染への対策を支援しながら、国連による持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)にも貢献するもの。インドネシア諸島の海岸で回収されたペットボトルは、仕分けられた後に洗浄され、フレーク状へと細断された後にリサイクルポリエステルの繊維となる。  

「私たちはよりサステナブルなファッションへの未来に向けて大きな役割を担い、変化を導く存在でいたいと考えています。他ブランドやサプライヤー、お客様と共に取り組むことで、ファッション業界にとって不可欠となる変革を加速させていくことができる、また加速させていかなければいけないと思っています。私たちは他社と共同しながら新たな業界の水準を定め、革新的な解決策の可能性を広げる取り組みを誇りに思っています。サステナブルなトピックは人々にオープンな姿勢やモチベーション、従来のやり方を取っ払ったクリエイティブな方法で共に取り組む意欲をもたらすことにとても感激しています。」(H&Mキッズウェア担当サステナビリティ・マネージャー、カリン・ブリンク) 

「ダノン・アクア社はプラスチックごみに対する解決策の一部となることにコミットしています。2018年に「#BijakBerplastik (プラスチックを賢く使いこなす)」ムーブメントを展開した際に、この問題に取り組む手助けができると気づいたのです。2025年までに海洋に流れ込む廃棄物の70%を削減するというインドネシア政府の目標を支援するには、複数のステークホルダーによる協力体制が不可欠です。H&Mはより循環型で再生可能な社会へと導くという同じビジョンを唱えながら、プラスチックごみが海洋に流れ込むことを止めるために真の行動を起こしていました。「bottle2fashion」プロジェクトを通して、ペットボトルからペットボトルだけでなく、ペットボトルからファッションを作り出すことで解決策の一部となり、よりサステナブルな未来が実現可能であることを示しているのです。」 (ダノン・アクア社パッケージ・サーキュラリティ・シニアマネージャー、ジェフリー・リカルド)
 

商品詳細

※一部商品を抜粋
(キッズボーイ&ガール 90-140cm)

(ヤングガール 130-170cm)

(ヤングボーイ 130-170cm)

コレクション詳細

商品型数:約40種類
商品価格帯:999円~2,999円(全て税込価格)
発売日:12月末より順次発売
発売店舗:全国のキッズウェア取扱店舗および公式オンラインストア(hm.com)

お役立ち資料データ

  • 顧客を知り尽くした究極の1to1マーケティングとは

    今の時代消費者は”個人”を中心に動いています。 コロナを経て、「ニューノーマル」といわれる現在、日常生活におけるオンライン時間は急激に増えています。多くの製品をインターネットで見つけることができ、購買に至るまでの検討期間が長くなっています。さらに簡単には店舗来店がなく、直接接客も難しくなっています。個人の行動をリアルタイムに把握しなければ、本当に顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉えることは難しいのではないでしょうか。 では、どうすれば企業は顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉え、コミュニケーションを図ることができるのでしょうか? 本資料では、どのようにお客様の行動を理解し、オンラインとオ…

  • 小売業が顧客体験戦略を進化させるための4つのテーマとは?

    新型コロナウイルスの拡大により、ブランドや小売業者が急ぎ導入した短期的なソリューションは、ショッピング体験に大きな影響をあたえています。結果として、消費者はこれまでにないほど多数のチャネルと選択肢を持ち、小売業者に対して高い期待を抱くようになりました。 Salesforceでは、高まる消費者の期待と小売業界の置かれた現状を分析。世界1,600人の消費者と、1,000人以上の小売業界幹部に調査を実施した結果、以下のことが明らかになりました。 ●顧客対応に関する消費者の期待は増々上がっている ●ブランドを差別化するための新たなポイントはロイヤルティ ●ブランドや小売業者は、顧客体験戦略を進化させつ…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …