Uber Eats、楽天ペイ(オンライン決済)」とサービス連携へ

2022.04.19

Uber Eats Japan 合同会社は、楽天が運営する、楽天 ID を活用したオンライン決済サービス「楽天ペイ(オンライン決済)」とサービス連携を開始。

楽天ユーザーは既存の楽天 ID を活用して、Uber Eats にサインアップできるようになり、楽天グループのポイントプログラム「楽天ポイント」も活用可能になる。

「楽天ペイ(オンライン決済)」と Uber Eats との連携は、4 月下旬までに Uber Eats のユーザーに段階的に提供予定だ。

今回の連携により、楽天ユーザーは、楽天 ID を活用してより簡単にログインができるようになる。Uber Eats の新規会員登録やログインの際に必要情報を入力する手間を省略。また、決済時に楽天グループのポイントプログラム「楽天ポイント」を獲得でき、貯めることもできれば、支払いで使えるようになる。

■Uber Eats Japan 日本代表 武藤友木子氏
「日本において最大級、かつ信頼の高いインターネット企業と提携できることを、誇りに思います。私たちは、1 億以上の楽天会員のみなさまを歓迎し、平均 30 分でお料理や食料品のデリバリーにおいて更なるメリットをお届けできることを、大変嬉しく思います。これは、日本における Uber Eats の道のりにおいて大きなステップであり、今後さらにエキサイティングな事業が楽天と共に展開されることを期待しています。」

■楽天グループ 上級執⾏役員コマースカンパニー ヴァイスプレジデント松村亮⽒「この度の、「Uber Eats」と「楽天ペイ(オンライン決済)」における連携を、大変喜ばしく思います。「クイックコマース」への消費者のニーズは急速に高まっています。この連携がサービスの利便性、そしてユーザーの購買体験の向上に資することを確信し、大いに期待しています。」

年内には、配車アプリ Uber でも楽天 ID 及び決済の連携を予定。また、ユーザーは、Uber Eats の利用を通じて、楽天が運営するインターネット・ショッピングモール「楽天市場」のセールイベント「楽天スーパー SALE」との連動企画などの特典を享受できるよう、計画を進めているという。

お役立ち資料データ

  • 顧客を知り尽くした究極の1to1マーケティングとは

    今の時代消費者は”個人”を中心に動いています。 コロナを経て、「ニューノーマル」といわれる現在、日常生活におけるオンライン時間は急激に増えています。多くの製品をインターネットで見つけることができ、購買に至るまでの検討期間が長くなっています。さらに簡単には店舗来店がなく、直接接客も難しくなっています。個人の行動をリアルタイムに把握しなければ、本当に顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉えることは難しいのではないでしょうか。 では、どうすれば企業は顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉え、コミュニケーションを図ることができるのでしょうか? 本資料では、どのようにお客様の行動を理解し、オンラインとオ…

  • 小売業が顧客体験戦略を進化させるための4つのテーマとは?

    新型コロナウイルスの拡大により、ブランドや小売業者が急ぎ導入した短期的なソリューションは、ショッピング体験に大きな影響をあたえています。結果として、消費者はこれまでにないほど多数のチャネルと選択肢を持ち、小売業者に対して高い期待を抱くようになりました。 Salesforceでは、高まる消費者の期待と小売業界の置かれた現状を分析。世界1,600人の消費者と、1,000人以上の小売業界幹部に調査を実施した結果、以下のことが明らかになりました。 ●顧客対応に関する消費者の期待は増々上がっている ●ブランドを差別化するための新たなポイントはロイヤルティ ●ブランドや小売業者は、顧客体験戦略を進化させつ…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …