マックスバリュ西日本が「土用の丑の日」商品の予約受付を開始、各地の「うなぎ蒲焼き」を揃える

2022.05.20

マックスバリュ西日本は、2022年5月20日(金)より、「土用の丑の日・二の丑」に向けてうなぎの蒲焼きや九州産の牛肉など、「夏を元気に乗り切る」商品の予約受付を開始した。

2022年は、ふっくら肉厚で香ばしい南九州で養殖された商品や、昔ながらの伝統に基づき丹念に焼き上げた愛知県産の商品、イオンの自主基準に基づき生産から出荷までの全工程を管理したトップバリュの商品など、各地のおすすめの「うなぎ蒲焼き」を品揃えする。(※1)

また、うなぎ以外の商品の品揃えも強化する。例えば、自宅ですぐに食べられるようにうなぎを店内で調理した「うな重」や、あっさりした味わいの中にも濃厚な旨みを堪能できる「穴子」、等級にこだわり九州から仕入れた程よい霜降りと深い旨みの「黒毛和牛」など。

買物のついでに受取りが可能なインターネットからの予約や、贈り物や自分へのご褒美にも利用できる宅配専用「土用の丑ギフトセット」など、生活スタイルに合わせた選べる商品・予約・受け取り方法を用意する。

■「土用の丑の日」商品の予約概要
受付期間:7月16日(土)18時まで ※一部商品を除く。
お渡し期間:
<土用の丑> 7月21日(木)~23日(土)10時~18時
(ザ・ビッグ店舗は 7月22日(金)・23日(土))
< 二の丑 > 8月3日(水)・ 4日(木)10時~18時 (※2)
承り店舗:①当社が営業する中四国・兵庫エリアのマックスバリュ、マルナカ、ザ・ビッグ 386店

(※1)ザ・ビッグ店舗では商品の品揃え、予約特典、受け渡し日等が異なる。
詳しくは店頭パンフレット、または土用の丑の日専用ページにてご確認を。
(※2)ザ・ビッグ店舗では二の丑の予約受付はなし。

お役立ち資料データ

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。