アスクルがLOHACOでバイヤー参加型の連載企画「バイヤー入魂!一品特集」を開始

2022.06.01

アスクルが運営する一般消費者向け(BtoC)インターネット通販サービスの「LOHACO(ロハコ)」が6月1日から特集ページ内に連載企画「バイヤー入魂!一品特集」をLOHACO by ASKUL(LOHACO本店)で開始した。本特集はLOHACO本店のみの企画となり、LOHACO PayPayモール店は対象外となる。

「お客様のくらしをラクに楽しく」というLOHACOのコンセプトをもとに企画されたもので、毎月設定する時節に合わせたテーマごとにLOHACOのバイヤーが飲料、食品や日用品カテゴリーを中心に「本気でおすすめしたい商品」を厳選し、自らの言葉でその魅力を語り尽くす連載企画となる。

https://lohaco.yahoo.co.jp/special/event/buyersselect/

アスクル社員のバイヤー参加型のページとして、商品ページでは紹介し切れない、商品に対する思いなども含め動画や音声などを通じて、お客に直接訴えかけるコンテンツとしていく。

商品はバイヤー1人につき1点紹介し、紹介する商品数は毎月変えていく。月替わりで設定するテーマに合わせてLOHACOの飲料・食品や日用品カテゴリーを中心とした各バイヤーが厳選した商品を「推しポイント」と共に紹介。

商品と推しポイントは特集ページ内の商品紹介エリアで「音声」「動画」「画像」「テキスト」のいずれかの方法で確認できる。

確認後はそのまま購入可能な設計としているため、お客は「毎月のおススメ商品を効率よくお求めいただけます」としている。

特集ページ内では、アスクル社員が商品への思いや開発秘話、旬の情報などを週3回音声配信するLOHACO公式Voicyチャネル「ネット通販★中の人ラジオ」とも連動。

6月は「祝日がなくてゲンナリ(*_*;しているあなたへの一品」をテーマに9人のマーチャンダイザーが「推し商品」を紹介。テーマ選定や構成などを協議する編集会議の様子も特集ページ内の「編集後記」で発信するなど、楽しみの要素も持たせた。

今後のテーマは、7月が「夏休みが待ちきれないあなたへの一品」、8月が「お酒好きにささげるこの一品」、9月が「山ガール・山ボーイにお勧めの一品」を予定。毎月第1水曜日に発信していくとしている。

お役立ち資料データ

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。