セブン-イレブン・ジャパンが「セブンカフェ」の価格見直し、レギュラーサイズが税込み110.16円に、7月から順次

2022.06.03

セブン-イレブン・ジャパンは、カウンターで提供しているいれたてコーヒーの「セブンカフェ」の一部商品について価格を見直し、7月上旬から順次、値上げすると発表した。

「セブンカフェ」は2013年の発売。この間、コンビニの「100円コーヒー」として、いれたてコーヒーのマーケット拡大にも貢献したとされる存在の一角だが、相次ぐ原料やコストの高騰に対して値上げを実施することになった。

世界的な食料需要の増加や環境の変化、原材料や容器、包材の価格高騰や物流コストの上昇の影響が続く中、サプライチェーン全体を通じて生産性の向上や規格の見直しなどを行うことで商品価格への影響を小さくする努力を続けてきたものの、お客のニーズに応える味、品質を今後も提供するためには価格の見直しはやむを得ないと判断した。

7月4日から順次、税抜価格で約10%~20%程度の価格見直しを予定している。

該当商品の一例

セブンカフェ ホットコーヒーR

93円(税込100.44円) ➡ 102円(税込110.16円)

セブンカフェ ホットコーヒーL

139円(税込150.12円) ➡ 167 円(税込180.36円)

セブンカフェ アイスコーヒーR

93円(税込100.44円) ➡ 102円(税込110.16円)

セブンカフェ アイスコーヒーL

167円(税込180.36円) ➡ 195円(税込210.6円)

※税込価格は軽減税率適用の消費税8%で表記。会計の際は本体価格の合計に消費税額を計算し、1円未満は切り捨て。地域により、一部規格が異なる場合がある

お役立ち資料データ

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。