西武渋谷店のOMOストアに、インド発のスペシャルティコーヒーブランドの「ブルートーカイ コーヒー」が出店

2022.06.04

インド発のスペシャルティコーヒーブランドの「ブルートーカイ コーヒー」は、2022年6月1日より、株式会社そごう・西武が運営するメディア型OMOストア「CHOOSEBASE SHIBUYA(チューズベースシブヤ)」に出店した。

西武渋谷店パーキング館に昨年9月にオープンしたCHOOSEBASE SHIBUYAは、展示されている商品のQRコードをスマホで読み取ると商品詳細が表示され、そのまま購入・決済できるという、オンラインとオフラインを融合したOMOストアだ。

今年3月から、人々のさまざまな想いや価値観、感情、個性を色に例えて、その“色”を誰かに贈るという「gift your color / 何色にしよう」というテーマで、展開ブランドやアイテムをセレクトしている。

【ブルートーカイについて】
ブルートーカイ コーヒーは、原産国発スペシャルティコーヒーブランドとして、2013年にニューデリーで創業。コーヒー生産に関わるさまざまな情報を高い透明性で発信することで生産者と消費者との距離を縮め、現在では、インド全土に45店舗(2022年5月現在)のカフェを構えるコーヒーカンパニーへと成長している。初の海外進出国として、2021年から日本でもコーヒーを提供している。

ブルートーカイ コーヒーの豆は、シングルオリジンコーヒーよりも厳密に定義された「1つの農園」で採れたシングルエステートコーヒーに分類。日本ではインドから輸入した生豆を、国内で焙煎し、品質を保つために、焙煎日から90日以内を賞味期限とし、注文から3日以内に発送している。

【出店概要】
所在地:東京都渋谷区宇田川町21-1 西武渋谷店パーキング館1F
オープン日:2022年6月1日(水)
営業時間:午前11時~午後9時

お役立ち資料データ

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。