ローソンが青森県弘前産“離水しにくいトマト”を使用した「サンドイッチ」「サラダ」を発売

2022.06.17

ローソンは、6月21日(火)より、青森県弘前市の「有限会社まごころ農場」で栽培された“離水しにくいトマト”を使用した「青森県弘前産トマトのサンド」「青森県弘前産トマトのトルティーヤ」「青森県弘前産トマトのラーメンサラダ」を発売する。東北エリアのローソン店舗(1,172店:2022年5月末時点)で展開される。

通常のトマトは、パンに挟むと次第に水分がパンに移行するが、本商品で使用されるトマトはゼリー部分が少ないため、水分移行を大幅に軽減することができる。

トマトを育種している企業と連携して開発したこのトマトを使用した商品は、2021年にナチュラルローソンで販売されて好評を博し、今年栽培を本格化。産地である東北にて展開されることとなった。

■商品概要

商品名:青森県弘前産トマトのサンド
価格:税込300円

青森県弘前産の“離水しにくいトマト”を厚めに切り、バジル入りクリームチーズとバジル入りポテトサラダ、グリーンリーフと一緒に挟んだサンドイッチ。

商品名:青森県弘前産 トマトのトルティーヤ
価格:税込289円

青森県弘前産の“離水しにくいトマト”をグリーンレタス、レタス、キャベツ、紫キャベツ、人参、コブサラダドレッシングで味付けしたツナ入りポテトサラダと一緒にトルティーヤで巻いた、ワンハンドで食べやすい商品。

商品名:青森県弘前産 トマトのラーメンサラダ
価格:税込354円

青森県弘前産の“離水しにくいトマト”とほぐし蒸し鶏、キャベツ、紫キャベツ、コーン、グリーンリーフ、人参を中細中華麺にトッピングしました。胡麻ドレッシングと合えて食べるラーメンサラダ。

お役立ち資料データ

  • 最悪の年末調整を最高にする方法

    【PR】株式会社エフアンドエム 「紙での年末調整は時間も手間もかかりすぎる……」 「でも電子化は上司の理解が得られない……」「 従業員の反発も大きそう……」 と悩みを抱える人事・労務担当者の方も多いはずです。 このeBookでは、年末調整を電子化すると、具体的にどれほどの時間や工数が削減されるのか、 従業員や人事・労務担当者の双方の負担が少ない状態で導入するには何が必要なのかを、 「オフィスステーション 年末調整」を例にマンガでわかりやすく解説しています。

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …