アマゾンのプライム会員向けセール「プライムデー」、今年は「家計を応援」もテーマにネットスーパーも連動

2022.06.28

Amazonは、Amazonプライム会員向けの年に一度のビッグセールである「プライムデー」を、今年は7月12日の0時から13日の23時59分まで合計48時間開催すると発表した。

プライムデーは、今年初開催のスウェーデン、ポーランドを含む世界24カ国で開催されるアマゾンとしての世界規模のビッグセールとなる。

昨年は6月に開催され、日本のプライム会員が割引やキャンペーンの活用によって節約した金額は160億円に上るという。特に日用品、飲料、ベビー用品、アマゾンデバイスが特によく購入されたカテゴリーだという。

今年のプライムデーは、「夢にまで見た商品を、年に一度のビッグセールで。」をテーマとし、「さまざまなお客さまの多様な夢の実現するサポートができるよう」(鈴木浩司・アマゾンジャパンプライム・マーケティング事業統括本部事業統括本部長)、ファッション、家電、日用品、食品、飲料、ホーム、キッチン、スポーツ用品、アマゾンデバイス、PC機器など数十万点の商品を特別価格で提供する。

鈴木浩司・アマゾンジャパンプライム・マーケティング事業統括本部事業統括本部長

新型コロナウイルスの影響もあってこの間、長らく制限が続いたことを踏まえ、お客の中に生まれた夢や憧れ、ニーズに合わせて暮らしを豊かにしてくれるアイテムの他、昨今の物価上昇により負担が増している家計を応援する商品などを特に強化したという。

鈴木本部長は、夢の一例として、「自宅のリビングルームを理想に近づけたい」「スマートホームや自宅フィットネスなど、快適な暮らしを実現したい」「アウトドアを思う存分楽しみたい」といったものを挙げたが、いずれのコロナ禍の状況を踏まえられている。

その他、「特選タイムセール」は、カスタマーレビューで星4つ以上のトップブランドや人気商品を特別価格で在庫豊富に提供する。また、「数量限定タイムセール」は、続々と登場する幅広いカテゴリーの売れ筋商品を数量、時間限定で、最長12時間販売する。

また、今年は切り口として「家計を応援」が入ったことが大きな特徴といえる。

さまざまな商品の値上げや物価上昇が続く中でお客の暮らし、家計をサポートするために、AmazonネットスーパーのAmazonフレッシュ、Amazon上のライフ、バロー、成城石井の各ストアにおいても各種セール、キャンペーンを実施。日々の生活に密接した食品や日用品を対象として強く打ち出していることが今回の大きな特徴といえる。

プライムデー当日はAmazonフレッシュ、Amazon上のライフネットスーパーおよびバローネットスーパーではセール対象商品が最大50% OFF、同成城石井ネットスーパーでは10% OFFセールを開催予定。

期間中はライフ、バローの実店舗でもプライムデーを盛り上げる施策を実施する。

ライフ店頭の特設コーナー(イメージ)

ライフのAmazonネットスーパーのサービス対象各店舗では、プライムデーの告知ポスター掲示し、チラシ配布などを行う他、一部の店舗ではセール対象商品を陳列し、サイネージやポスター等で装飾した特設コーナーを設置する。

バローのAmazonネットスーパーのサービス対象店舗でも、プライムデーの告知ポスターを掲示し、オンライン、オフラインの垣根を超えてプライムデーの盛り上げを図る。

また、今回、Amazonネットスーパーでは、プライムデー当日に先立ち事前セールを開催。対象商品が割引となるセールの他、クーポンのキャンペーンを開催することでお客の暮らしや家計のサポートを強く印象付ける施策だ。

Amazon上のライフネットスーパーは7月1日の9時からスタートするが、それ以外のAmazonネットスーパーの各ストアではすでに開催中。

Amazonフレッシュでは野菜、果物、冷凍食品、惣菜、レトルト食品、日用品などの対象商品が最大20%OFF(注文確定時の表示価格に対して適用、以下同)、Amazon上のバローネットスーパーではチルド食品や麺類、調味料などの対象商品が20%OFF、同成城石井ネットスーパーでは成城石井のバイヤーが厳選し直輸入した50 点以上の高品質なボルドー、ブルゴーニュワインが10%OFFになるセールをそれぞれ開催。

また、事前セールを7月1日からスタートする同ライフネットスーパーでは果物や野菜、プライベートブランド商品などの対象商品が 30%OFFとなるセールを開催する。

さらに中小規模の販売事業者のビジネスの成長をサポートするキャンペーンも強化。お客がキャンペーンページから登録した上で、対象の中小企業様の商品を購入し、応募することで最大10万円分のAmazonギフト券を抽選でプレゼントされる。

また、期間中に合計で税込み1万円以上の買物でAmazonポイントを最大で1万ポイント還元するポイントアップキャンペーンも実施。Fire TVやFireタブレットシリーズなどAmazonデバイスの場合は、過去のプライムデーキャンペーンの中で最も高い還元率の購入金額の最大12%分のAmazon ポイントを還元する。

他、毎年好評を得ている「プライムデー・スタンプラリー」を強化し、今回は約1年8カ月の活動休止期間をへて活動を再開した人気ロックバンドのMrs. GREEN APPLEとのコラボレーションによるプレゼントを用意。また、今年はAmazonプライムの日本におけるサービス展開、動画クリエイターHIKAKIN氏のYouTubeでの配信活動が共に15周年の節目を迎えることから、Amazonで取り扱う商品の中からHIKAKIN氏が厳選した商品を詰め合わせた「HIKAKIN Dream Gift Set」を15人のお客にプレゼントするといった企画も実施、プライムデーを盛り上げる。

「アマゾンプライムも過去15年間にわたり、さまざまな試行錯誤を繰り返してきた。単なるアメリカで作られたプログラムを日本のお客さまに強制するのではなく、日本のアマゾンのお客さまが何を求めているのだろう、そこから逆算してアマゾンプライムとして何をすべきか、どうすれば日本のお客さまに新しい価値を創造できるのか、それを通してお客さまの生活を便利にしたり、お客さまに喜んでいただけるのかを考えながら取り組んでいる」(鈴木本部長)

その意味では、今回日本で展開されるプライムデーの内容は、日本のお客が何を求めているかについて、アマゾンがどのように考えているか、そしてそれにどのように応えるかが反映されたものであるといえる。

お役立ち資料データ

  • 最悪の年末調整を最高にする方法

    【PR】株式会社エフアンドエム 「紙での年末調整は時間も手間もかかりすぎる……」 「でも電子化は上司の理解が得られない……」「 従業員の反発も大きそう……」 と悩みを抱える人事・労務担当者の方も多いはずです。 このeBookでは、年末調整を電子化すると、具体的にどれほどの時間や工数が削減されるのか、 従業員や人事・労務担当者の双方の負担が少ない状態で導入するには何が必要なのかを、 「オフィスステーション 年末調整」を例にマンガでわかりやすく解説しています。

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …