コロナの反動、盆の長期休暇、「外出する」のか、「家にいる」のか綿密な対策を|「これは押さえたい」日用品/雑貨編・2022年8月

2022.07.12

トータルプラン 横島宏一

夏の最大ピークは、8月の盆期間である。8月の売場づくりは、上旬から盆期間まで、最大の効果を上げられるように準備しなければならない。

盆期間が最大のピークということは、盆期間終了後は、減少傾向に向かう。盆期間以降に切り上げとなる夏物商品も、来店客数も多いこの時期には、処分や縮小を行うチャンスでもある。残暑などの温度変化に対応できる予測を持ちながら、計画的に処分縮小を行う。

15日を境に売場を変更し、盆までの売場で夏物商品、盆用品の販売を行い、盆期間以降の2週間は、秋物商品の導入を行いながら、夏の終わりから秋の始まりへの売場の切り替えを実施する。

盆は、ゴールデンウィーク、年末年始と同じく、多くの人に長期休暇が発生し、そのために、幾つもの行動ニーズが発生する。その行動ニーズは基本的には、長期休暇の間に「外出する」のか、「家にいる」のかの2つのパターンに分類される。

昨年、一昨年は外出する人が増えたが、コロナ禍の影響もあって人との距離を取るために外出でもキャンプなどの距離をとれるレジャーが増えた。

家にいる人たちは庭でバーベキューをしたり、掃除などの家のメンテナンスをしたためにそのための用品やグッズが売れた。

今年は、いまのところコロナ以前の生活形態に少しずつ戻ってはいるが、全く同じにはならないと思われる。それでも帰省などを自粛してきた反動もあるはずなので準備したい。

「外出する」人は、外出の目的として「レジャー」に行く場合と「帰省」が考えられ、「家にいる」人は、家での行動を「お客を迎える」「快適に過ごす」「家の手入れ」「家で楽しむ」などが考えられる。行動様式を分析して、必要な商品を提案していくことが買上点数のアップにつながるのである。

盆用品

盆用品は、墓参りに必要な商品と家にある仏壇、仏具などである。盆用品は地域の慣習や宗教、宗派などによって違うので、その地域の特徴や必要な商品などを良く調査して品揃えに反映させる必要がある。

墓参用品は、切り花、線香、ろうそく、盆ちょうちん、マッチ、ライターなどのお参りのための商品と線香皿、野立てなどの周辺商品、さらに墓を掃除するためのクリーナーやばけつ、たわしなどの掃除用品が必要となる。

彼岸と比べ、盆は通常「迎え」と「送り」の2回墓に行くため、線香や切り花なども彼岸の倍は必要ということになる。盆ちょうちんと盆花、おがらなども地域性を考慮して展開したい。

仏壇、仏具用品は、仏壇クリーナーなどの掃除用品、線香、ろうそく、線香用灰などの消耗品、香炉や花立などの仏具などがある。岐阜ちょうちんを飾る地域では、ギフト対応できる態勢を整えたい。

主な商品

線香、ろうそく、マッチ、着火ライター、野立て、仏具、盆花、ばけつ、半紙、ちょうちん、虫除けスプレー、墓石用クリーナー、合金線香皿、手おけセット、しゃくし、たわし、盆ちょうちん、竹ほうき、熊手、墓石クリーナー、盆ござ、まごも、おがら、仏袋、など

帰省来客準備

帰省準備は、帰省する人と帰省する人を迎えるための準備がある。帰省する人の準備は、行楽や旅行へ行く人達と共通で、外に出かける準備である。

帰省する人を迎える準備は、家にいる人の準備である。帰省客や来客のための準備には、いつもいる家族の人数よりも多くのものが必要であり、家や部屋を奇麗に見せるために準備をする。

来客用のグラス、コップ、茶たく、コースター、おしぼりなどのおもてなし用品を展開する。長期にわたる滞在客には、茶碗やはしなどの食卓用品の展開が必要である。帰省客などの宿泊がある場合は、寝具も必要である。普段使用しない布団カバーやシーツ、枕(ピロー)などのカバー類は買い替える。

来客の前には家を掃除する。ワックスのニーズが年末年始に次いで高いのもこの時季である。「人が来るから奇麗に見せたい」という意識から家の補修や庭の手入れを行う。トイレやバスなどを掃除し、トイレファブリック、マット、タオルを交換して奇麗にしておくのもおもてなしの1つである。いままで会えなかった孫が来るとなれば、祖父母は孫のために庭でバーベキューや花火、プールなど遊べる準備をする。

主な商品

割り箸、グラス、そうめん用品、冷水筒、おしぼり、おしぼり受け、箸、茶わん、湯のみ、茶たく、シーツ、枕カバー、イ草用品、スリッパ、玄関マット、住居用洗剤、ワックス、掃除用具、ごみ袋、ごみ箱、シャンプー、コンディショナー、石けん、サニタリー用品、ボディタオル、バスマット、トイレファブリック、歯ブラシ、花火、お絵かき帳、クレヨン、色鉛筆、折り紙など

夏の行楽、旅行用品

コロナによる規制が緩和された夏は、外に出かける人も増えるはずだ。子どもの夏休み、盆休みに外出するニーズは、その目的(何をしに行くのか)、手段(何で行くのか)、日程(何日間なのか)、人数(何人で行くのか)、年齢(幾つなのか)によって変わってくる。

アウトドアなら海用品やキャンプ、バーベキュー用品が必要だし、旅行ならトラベル用品、車で移動するならドライブ用品、長期間になるほどスーツケースなどの大きなバッグや化粧品や日用消耗品、赤ちゃんと一緒ならベビー用品も必要である。

しかし、雑貨部門のスペースの少ない店舗では、テーマを絞って展開する必要がある。たとえば、ドライブ用品として洗車と車内快適用品(サンシェードや芳香剤など)に絞って展開する、女性のバッグの中に必要なトラベル商品(ミニサイズの商品や小さなボトルとそれを収納するためのポーチや袋類など)を提案するといったものだ。

主な商品

カーシャンプー、ブラシ、スポンジ、セーム、油まく取り剤、クッション、消臭剤、脱臭剤、芳香剤、携帯ハンズフリー用品、ミニボトルシャンプー、コンディショナー、スキンケア、フットケア用品、生理用品、衣類用のビニールバッグ、メッシュ袋、しわや臭いを取るスプレー、洗濯用品など

家で過ごす

家で過ごす人への提案は、コロナ下で外出自粛時に売れた商品を思い起こしてもらいたい。外出自粛期間のヒット商品は、掃除や料理、ガーデンバーベキュー、ガーデンプール、ガーデニング、家庭菜園などである。

長期の休暇は、いままで手を付けられなかった家の気になる補修や掃除などをまとめて行う。また、庭でのバーベキューやプール遊びは、外出時にはない気楽さがある。外出しない楽しみ方の提案も必要だ。

家で過ごす人たちへのニーズは、帰省を迎える人たちのニーズとも重なる。来客準備は、「奇麗に見せたい」「来てくれた人に快適に過ごしてもらいたい」という目的、動機による行動だが、家で過ごす人たちは、純粋に「自分の居住空間を快適にしたい、楽しみたい」という動機から行動を起こす。どちらにしても、起こす行動はいっしょなので、商品ニーズが増える。

主な商品

住居用洗剤、ワックス、化学ぞうきん、掃除用具、ごみ袋、ごみ箱、庭ほうき、ちりとり、除草剤、花火、お絵かき帳、昆虫用品、クレヨン、色鉛筆、折り紙、バーベキューコンロ、鉄板、網、串、着火剤、トング、紙コップ、皿、割り箸、へら、クーラーボックス、蓄冷剤など

盆以降の売場展開

盆以降は、秋物商品の導入を図りながら、夏物商品の縮小を行いつつ、この時季にしか売れない商品の展開を行う。

秋物商品や夏から継続する商品でも、早期に売れる商品を前面にして商品の拡縮を行い、売場に変化を起こし、鮮度を高めるのである。最近では秋そのものが短く、暑さから急に寒くなるなど急激に気候が変化することが多くなっている。夏物商品の切り上げや処分、秋物商品の入荷量や提案は、注意しながら行いたい。

新学期準備

長い夏休みの終わりには宿題が待っている。簡単にできる工作用品や、思い出を書く原稿用紙や画用紙などの基本的な商品展開を行いたい。画材用品は、秋になると写生大会などのニーズが発生するので継続して販売する。

新学期に向けて必要なのは、ノートなどの文具だけでなく、弁当箱や上履き、ぞうきんなどの学校での必需品だ。弁当箱やステンレスボトルなどは、秋の行楽や運動会など屋外行事が増える秋に向けて継続販売するが、保冷から保温にシフトした売場づくりを行うとよい。

秋に向けて徐々に暗くなるのが早くなるので、子ども用防犯ブザーやミニライトなどで子どもの安全を提案する。

主な商品

絵の具、クレヨン、色鉛筆、粘土、粘土板、へら、工作用紙、画用紙、サンドペーパー、折り紙、原稿用紙ノート、工作キット、学習帳、鉛筆、シャープペン、消しゴム、定規、コンパス、ぞうきん、上履き、弁当箱、ランチジャー、スープジャー、ステンレスボトル、ランチョンマット、ランチバッグ、箸、箸箱、箸袋など

夏ばて対策料理

夏ばては、体内の水分不足などから来る脱水症状、暑さによる食欲不振などによる栄養不足、睡眠不足や冷房の温度差による自律神経失調症など、夏の暑さによって起こる、だるさや疲労感などの症状を総称して「夏ばて」と呼んでいる。

対策の1つとして食事が重要になってくる。焼肉を中心にステーキ、ガーリック料理、天ぷら、唐揚げ、うなぎなどのスタミナ料理のメニューを想定して、調理から食卓までの商品を展開する。何を作るための商品なのかを明示して、商品を構成することが大切である。

香辛料を使った料理も、発汗作用によって汗をかき、新陳代謝が良くなると共に食欲増進に効果があるといわれている。いまや国民的料理であるカレーの提案をしたい。最近では調味料ブームもあり、タイや韓国料理など香辛料の効いたエスニック料理も人気である。さまざまな料理を提案しながら、一緒にサラダボールやサーバーなどのサイドメニューの提案を。

主な商品

焼肉プレート、カセットボンベ、カセットコンロ、オイル引き、菜箸、天ぷら鍋、バット、天ぷら敷紙、オイルポット、廃油処理剤、カレー皿、カレースプーンなどのテーブルウエア、寸銅鍋、深型鍋、ドーレルなどの調理用品、サラダボール、サラダサーバーなど

リテールトレンドでは、日用品・雑貨の商品・サービスを紹介しています。
詳しくはこちらより、ご確認ください。