加工食品

  • 2022.06.28

    中華麺、乳酸菌飲料などゴールデンカテゴリーの売り逃しを防ぐ|「これは押さえたい」日配編・2022年7月

     城取フードサービス研究所 城取博幸 7月の行事は、1日「海開き」「山開き」、2日「半夏生」、7日「七夕」、10日「納豆の日」、13日「盆の迎え火」、15日「お盆」、18日「海の日」、23日「大暑」、25日「かき氷の日」「夏休み」。行事に対応した商品を販売する。 梅雨が明けて気温が上昇するため夏物商品の売りどき、下旬からは夏休みもスタートするため「待ち伏せ的売場」をつくり早めに売場展開したい。 2021年7月家計調査を振り返ると、7月に需要が伸び、前年も上回ったゴールデンカテゴリーは、中華麺、梅干し、昆布つくだ煮、ゼリー、他の洋菓子、アイスクリーム、冷凍食品、調理パン、スナック類、コーヒー飲料…

  • 2022.05.30

    本格的な暑い時期に向けて涼味、スパイシー商品の提案|「これは押さえたい」グロサリー編・2022年7月

    フロントオフィス企画 近藤 智 「これは押さえたい」7月の暮らしのたたずまい、販促の流れを週単位で確認しておきたい。 第1週 6月27日(月)から7月3日(日)の週は、涼味食品のさっぱり系のメニューにさらに関心が向くころ。梅雨明けが間近だが、山間部でゲリラ豪雨災害の発生や台風の発生などの可能性もあり、パックご飯などの即食系や電池など 防災避難用グッズとしての買い置きも提案訴求展開したい。 第2週 7月4日(月)から7月10日(日)の週。7月7日の小暑のこの時季、真夏本番へ突入。気温が上昇し日差しがさらに強くなり、UV対応やヘアケア対策、汗ばみ対策でボディケアグッズの需要が上がる。アイスクリーム…

  • 2022.05.23

    気温上昇に合わせたコーヒー飲料、ゼリー、水菓子、アイス、氷菓|「これは押さえたい」日配編・2022年6月

    城取フードサービス研究所 城取博幸 6月のイベントは1日の衣替え、第3週日曜日の「父の日」、6月21日の「夏至」。父の日のメニューはステーキ、焼肉、ハンバーグ、寿司(にぎり、ちらし、押し寿司)、うなぎかば焼き、パスタ、ピザなど。 おつまみは、板かまぼこ、魚介珍味、枝豆、ソラマメ、焼き鳥、揚げ出し豆腐、シューマイ、ギョーザ、卵焼き、ナチュラルチーズ、スモークチーズなど。 夏至の食べ物は地域によって違うが、トウガン、タコ、焼き餅、イチジク、うどん、ミョウガが食べられている。長雨が続く梅雨の時季は、ネット販売は売上げアップのチャンスである。 2021年6月に需要が伸びたカテゴリーは、中華麺、かまぼこ…

  • 2022.04.26

    気温上昇と梅雨時季に求められるもの|グロサリー編・2022年6月 「これは押さえたい」重点商品と売場展開

    フロントオフィス企画 近藤 智 まず、重点商品、売場展開の前に「これは押さえたい」6月の暮らしのたたずまい、販促の流れを週単位で確認しておきたい。 第1週 5月30日(月)から6月5日(日)の週は、6月4日の「歯と口の健康週間」でキシリトールのチューインガムやオーラルケアグッズ、デンタルヘルス系を関連訴求。さらに食の伝統行事として梅干しやラッキョウを漬ける時季で、男性シニア層にも作り方をPOPなどで提案して、伝統の食文化を伝えて拡販する。 第2週 6月6日(月)から6月12日(日)の週。北海道以外ではこのころ梅雨入りとなる。部屋干し対策の衣料洗剤など関連グッズの重要がさらに高まる。米の産地では…

  • 2022.03.07

    ゴールデンウィークや母の日等に向けた提案強化。涼味も取り入れる | グロサリー編・2022年5月 「これは押さえたい」重点商品と売場展開

    フロントオフィス企画 近藤 智 まず、重点商品、売場展開の前に「これは押さえたい」5月の暮らしのたたずまい、販促の流れを週単位で確認しておきたい。 5月のイベント 第1週 5月1日(日)から5月8日(日)の週は3日の「憲法記念日」、4日の「みどりの日」、5日の「こどもの日」と3日連続で国民の祝日や8日の「母の日」が続き、コロナ状況にもよるが、ウキウキ、ワクワクする週である。この週は「子どもが大好きなメニュー」のオンパレードで訴求展開したい 第2週 5月9日(月)から5月15日(日)の週は、早いところでは梅雨入り宣言する地域も出てくるころである。日用雑貨売場ではカビ発生防止グッズ、蚊やハエなど害…

  • 2022.03.01

    需要が伸びる豆腐、中華麺、納豆、パン、チーズ、ケーキ | 日配編・2022年5月 「これは押さえたい」重点商品と売場展開

    5月のイベントは、ゴールデンウィーク(休みを取れば4月29日~5月8日まで10連休)、メーデー(5月1日)、憲法記念日(5月3日)、みどりの日(5月4日)、こどもの日(5月5日)、母の日(5月8日)と月前半にイベントが集中するため、売り逃しがないようにしたい。月後半は節約ムードが高まるため基礎食品を中心に販売する。 5月に需要が伸びるカテゴリーは、生うどん、そば、中華麺、ちくわ、卵、豆腐、納豆、梅干し、他の漬物、パン、調理パン、チーズ、マーガリン、ケーキ、ゼリー、プリン、和洋生菓子、アイスクリーム、ギョーザ、コーヒー飲料、果物、野菜ジュース。 5月に需要が減るカテゴリーは、揚げかまぼこ、魚介つ…