新着記事

  • 2021.11.29

    サミットストア王子店、年商40億円超の旗艦店が改装オープン、最新のマーチャンダイジングを導入

    サミットは11月20日、東京都北区のサミットストア王子店および衣料品のコルモピア王子店を改装オープンした。同店は1993年のオープン。この間、一度改装を実施したが、今回は売場だけでなく施設全体も一新、新たなテナントを導入したり、新規サービスを開始するなど大改装となった。 同店は、東京メトロ南北線王子神谷駅から徒歩約5分に立地、特にサミットストアは売場面積約700坪で2020年度年商約40億円という旗艦店クラスの大型店。 長年、サミットの代表的な繁盛店の1店として存在感を保ってきたが、2017年3月には王子神谷駅を挟んだ反対側、1km圏内に自社の王子桜田通り店、20年3月にはわずか300mほどの…

  • 2021.11.28

    ライフがセブン&アイグループの商業施設「セブンパーク天美」内に出店、近隣の旧店を閉店し、移設の形

    ライフコーポレーションは2021年11月17日、大阪府松原市に開業した大型ショッピングセンター(SC)の「セブンパーク天美」1階にライフセブンパーク天美店をオープンした。近隣にあった店歴43年の天美店を10月末で閉店し、移設リニューアルした形となる。 同社近畿圏159店目、全社では284店目となる。 セブンパーク天美は、セブン&アイ・ホールディングスが商業とエンターテイメントを融合した複合施設として開業したSCで、ライフは核店の位置づけ。大阪初、新フォーマットを含む約200店が出店している。 開発の事業者はセブン&アイ・クリエイトリンクで、同社が手掛ける商業施設にライフが出店す…

  • 2021.11.28

    ブルーボトルコーヒージャパンが初のロッカー式カフェをオープン、ポップアップストアと併せ期間限定展開

    ブルーボトルコーヒージャパンは12月1日から期間限定で、渋谷スクランブルスクエア3階のPOP UPスペースにて「BLUE BOTTLE COFFEE Pop Up Cafe – Shibuya -」、2階のSpace2にて「ブルーボトルコーヒーポップアップストア渋谷スクランブルスクエア」を期間限定でオープンする。今回は2フロアに渡ってカフェ、物販を展開する。3階はポップアップカフェとして、カフェ体験をすることができる。2階は物販中心のポップアップストアを展開。 3階の「BLUE BOTTLE COFFEE Pop Up Cafe – Shibuya -」では、「美味しい…

  • 2021.11.28

    「イオンモール共創プログラム」 採択企業が決定。新たなビジネス・サービスの創出に向け実証開始へ

    イオンモール株式会社は、多様な企業と連携し、革新的なビジネスやサービスを生み出す事を目的とした「イオンモール共創プログラム」の採択企業3社を決定した。 本プログラムは、地域社会の課題や消費環境の大きな変化を視野に、①イオンモールのリソースを活用した社会・地域課題の解決、②次世代ショッピングモールの創造、③新たな事業領域の創造というテーマから、共に事業創造するスタートアップ企業さまを募集したものだ。 2021年7月から開始し、123件の応募があったが、事業性やシナジーが高いと考えられる事業者を今回選定をした。 今後、選定3社とそれぞれ実証準備を行い、効果検証を見据えながら新事業の検討を進める予定…

  • 2021.11.28

    カスミが、買い物支援の取り組みとして「移動スーパー」の展開を拡大

    株式会社カスミは、日常のお買い物にご不便を感じている方々へのお買い物支援の取組みとして、2021年11月29日(月)より、鹿沼市内で「移動スーパー」の運行を開始する。 移動スーパーには、おにぎりやお弁当をはじめ、野菜やお魚・お肉などの生鮮食品、牛乳やパンなど購買頻度の高い生活必需品約650品目を搭載。 販売場所は、鹿沼市の協力のもと、41か所を選定し、1日7〜9か所を巡回して販売を行う。カスミの移動スーパーは、軽車両を利用し、購入者が車両に乗りこまずにお買い物を楽しむことができ、足腰の弱い方にもやさしい移動スーパーとしている。 カスミでは、2013年3月より茨城県つくば市で移動スーパーの運行を…

  • 2021.11.27

    おやつのサブスク「スナックミー」が西武渋谷店のCHOOSEBASE SHIBUYAに出店。限定商品も発売

    株式会社スナックミーは、2021年12月1日(水)より、株式会社そごう・西武が西武渋谷店にて新たに展開するメディア型OMOストアCHOOSEBASE SHIBUYA(チューズベース シブヤ)に出店する。 約20商品の販売を開始し、出店に伴いCHOOSEBASE SHIBUYA限定商品の販売や、数量限定のプレゼントキャンペーンも行う。 CHOOSEBASE SHIBUYAとは ミレニアル世代やZ世代の関心事である社会課題に寄り添った商品やブランドを取り揃える新業態のメディア型OMOストア。 「モノ」に込められた想いや意味をオンライン・オフラインの双方で発信し、お客さまとブランドのマッチングを目指…

  • 2021.11.26

    ドン・キホーテ アプリmajicaで「Pokémon GO」を絡めたキャンペーン実施

    パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)グループのオリジナル電子マネー『majica(マジカ)』は、2021 年 11 月 26 日(金)より、majica アプリ会員さまを対象とした『Pokémon GO』のゲーム内の“道具”が当たる キャンペーンを実施。 ■キャンペーン概要【名称】 『majica アプリで買うと“道具”がもらえる!キャンペーン』【開催期間】2021 年 11 月 26 日(金)10:00~2021 年 12 月 19 日(日)23:59【内容】期間中に majica アプリ内のキャンペーンページから「応募する」ボタンをタップいただいた後、対象店舗…

  • 2021.11.26

    ライフ豊洲店が、建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)の最高ランク獲得。「ZEB Ready」認証

    株式会社ライフコーポレーションは、2022年に出店を計画している豊洲店において、高効率ヒートポンプを採用した高性能空調設備、照明制御などの技術を導入することで建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)による5段階評価の最高ランクを獲得した。また、50%以上の省エネルギーを実現した「ZEB Ready」認証を取得。 さらに、同じく2022年出店計画の横浜花之木町物件においても、同様にBELSにおける最高ランクと「ZEB Ready」認証を取得する予定。 店舗運営におけるエネルギー使用量を抑制することで、地球温暖化の主たる原因とされるCO2(二酸化炭素)の排出削減を目指す。 ■BELSとは建築物に…

  • 2021.11.25

    OMO型ポップアップショップが、COREDO室町に限定オープン

    店舗DXを提供するbestat株式会社は、ロイヤルカスタマー獲得を構造化するためのOMO店舗(オフラインとオンラインを融合する)を期間限定で提供するポップアップショップ「PiCaZo Pop!」を2021年11月26日から12月9日の期間限定でCOREDO室町3(東京都中央区)3階にオープンする。 COREDO室町PiCaZo Pop!のコンセプト Covid19の影響もあり、日本のオンラインショッピング市場は昨年22%成長。「令和2年度 電子商取引に関する市場調査」(経済産業省)によれば、これは2014年に調査が開始されて以来最大の成長率である。 オンラインショッピングがますます日常的になる…

  • 2021.11.25

    デジタル庁が推進するガバメントクラウドとは?地方自治体の導入メリットなどを解説

    デジタル庁は、政府・地方自治体が共通に活用できるクラウド基盤として、ガバメントクラウドの運用を進めている。2021年10月には、基盤となるクラウドサービスも選定され、その動向に一層注目が集まっている。 また、政府は地方自治体の基幹業務システムを、国が定める標準準拠システムへ移行することを法律で義務付け、ガバメントクラウドの利用を推奨した。昨今の行政において、無視できない存在となっているガバメントクラウドの詳細を、本記事では解説していく。 ガバメントクラウドとは? ガバメントクラウド(Gov-Cloud)とは、利便性の高いサービスをいち早く提供し、改善していくことを目標に構築された、政府共通のク…

  • 2021.11.25

    アトレが越境ECサイト内に専用ページ開設。台湾マーケットへ新たなアプローチ模索

    株式会社アトレは、台湾在住の日本ファンの方向け越境ECサイト内にて、2021年12月にアトレ専用ページを開設する。 アトレは、2019年1月に台北市・信義區に「微風南山atre」をオープンし、台湾マーケットにおけるブランドの普及・浸透に向けた取組を展開していた。コロナ禍においても日本発ブランドの魅力発信と台湾進出を検討されているショップと共に、台湾マーケットへの新たなアプローチとして取り組む。 越境ECサイト「Wafooo.shop」内にアトレ専用エリアを新設 新型コロナウイルス感染流行により訪日旅行が困難となるなか、台湾では日本ロスが広がり、日本発ブランドに対するニーズが急伸している。そこで…

  • 2021.11.25

    コープさっぽろが、バリアフリー地図アプリケーション「Bmaps」に情報掲載。スーパーマーケットとしては初導入

    生活協同組合コープさっぽろ(以下、コープさっぽろ)は、バリアフリー地図アプリケーション「Bmaps」(提供:株式会社ミライロ)に情報掲載を開始。 スーパーマーケットとしては、初の店舗情報の掲載となる。 Bmapsのアプリおよびブラウザにて、多様な方々に求められる優先駐車場や車いす対応トイレの有無などの情報が、閲覧できるようになる。 ■「Bmaps」について 障がい者や高齢者、ベビーカー利用者、外国人など、多様なユーザーが外出時に求める情報を共有するサービス。全国の飲食店やショップだけでなく、役所や駅などの公共機関、病院や銀行など生活に必要な施設が登録されている。 ※Bmapsの詳細についてはH…

  • 2021.11.25

    カインズの会員制プロ向けショップ「C’z PRO 品川シーサイド店」が都内初出店

    株式会社カインズは、2021年11月30日に、建築プロに特化した会員制卸売店「C’z PRO」の 2 号店として、「C’z PRO 品川シーサイド店」(東京都品川区)をオープンする。 C’z PRO(シーズプロ)とは? カインズが展開する、建築プロのための会員制卸売店で、昨年 8 月に横浜市瀬谷区に「C’zPRO 東名横浜店」を初出店した。 今回、都内へは初出店となる。ブランド名の「C’z PRO」は、運営会社であカインズ(CAINZ)を意味する「C’z」と「Seeds(種)」を掛け合わせ、「カインズが、プロのより良いワークライフを実現するための『種」を蒔く」という意味がある。また、C には …

  • 2021.11.24

    東急ストアがJR品川駅構内「エキュート品川」に出店、惣菜を中心とした小型店「フードステーションミニ」タイプ

    東急ストアは12月1日、リニューアルオープンするJR東日本品川駅構内の商業施設「エキュート品川」に東急ストアフードステーションミニエキュート品川店を初出店する。 品川駅の利用客に向け、惣菜を中心とした商品構成の店を出店する。弁当、惣菜やつまみ、飲料、酒などを取りそろえる。品川駅の乗降客数は2020年度で1日約22万人に上る。 特に「エキュート品川」の利用客をターゲットに、日常的に駅を利用する就業者、出張者、来街者、旅行者などの利用を見込む。 現状、平日は就業者の利用が半数以上を占め、休日は来街者、旅行者の割合が高くなっているという。 朝食、軽食や職場でのランチ、出張、旅行時の新幹線内での食事、…

  • 2021.11.24

    ローソンが米国最大手のデリバリーサービス「DoorDash(ドアダッシュ)」の取り扱いを開始

    ローソンは、12月2日から米国最大手のデリバリー・プラットフォームのDoorDash(ドアダッシュ)日本法人のDoorDash Technologies Japanを通じてデリバリーサービスの「DoorDash」の取り扱いを開始する。 宮城県仙台市、名取市の15店のローソンで開始し、ローソンの商品約500品目をお客に届ける。ローソンのデリバリーサービスの取り扱いは、「Uber Eats」「foodpanda」「Wolt」「DiDi Food」「menu」と合わせて合計 6社、導入店数は41都道府県の2496店となる。 ドアダッシュは地方を中心に、飲食店や小売業などの加盟店の商品を配送するデリバ…

1 2 3 4 5 ・・・ 38
1 2 3