新着記事

  • 2024.03.01

    イオンタウン仙台泉大沢がリニューアル、東北初のダイソー3ブランド集結店など7店舗がオープン

    イオンタウンは、3月15日(金)に、宮城県仙台市泉区のショッピングセンター「イオンタウン仙台泉大沢」をリニューアルオープンする。 イオンタウン仙台泉大沢は、2008年3月の開店し、16年目を迎える。地域住民に一層寄り添ったショッピングセンターを目指し、2023年秋から一部店舗の入れ替え等を進めてきたが、今回、大規模なリニューアルとして、30万冊以上の書籍を開する蔦屋書店、東北初のダイソー3ブランド集結店などをはじめとした7店舗がオープンする。また、SCの美観を向上し、フラワーガーデンを改修する。 リニューアルコンセプト このまちに、新しいワクワク、つぎつぎと・・・~地域で暮らす人々の食・暮らし…

  • 2024.03.01

    イオンタウン浜松新橋が静岡県浜松市にグランドオープン、計12の専門店が出店

    イオンタウンは、3月29日(金)静岡県浜松市にショッピングセンター「イオンタウン浜松新橋」をグランドオープンする。 静岡県の西部に位置する浜松市は、人口約80万人、面積1,558.06㎢の静岡県最大の都市。イオンタウン浜松新橋は浜松市中央区に所在し、中心市街地から南西に約3.5km、周辺には国道1号線が通り、県道316号線に面している、幹線道路からのアクセスにも恵まれた、車での来店に便利な立地だ。 また南部には遠州海岸が広がる他、周辺には農耕地の中に社寺林が多く点在し、市街化が進む中でも在来種主体の植生が残存する、良好な自然環境を有するエリアだ。イオンタウン浜松新橋は、地域住民の日々の暮らしを…

  • 2024.03.01

    ファミマが「北陸旨いモン巡り」を実施、北陸3県美味しいメニューを集めたフェア

    ファミリーマートは、2024年3月北陸新幹線延伸(金沢~敦賀間開業)を記念し、北陸3県(福井県・石川県・富山県)の美味しいメニューを集めたフェア「北陸旨いモン巡り」を2024年3月1日(金)より、北陸・甲信・東海地区のファミリーマート約3,700店にて実施する。※商品によって発売地域が異なる。 また、「北陸旨いモン巡り 」の売上一部を、令和6年能登半島地震災害支援金として日本赤十字社へ寄付する。 ■北陸地方の有名店『チャンピオンカレー』『麺家いろは』と初コラボ商品も登場 「北陸旨いモン巡り 」では、北陸3県の名店監修商品や、北陸地方でなじみのあるオリジナルのメニュー9商品を発売する。 福井県か…

  • 2024.03.01

    ファミマが、「ファミチキ(トリプルペッパー)」を発売、辛味と香りの3種のペッパー使用

    ファミリーマートは、継続して取り組んでいる5つのキーワードの1つである「『あなた』のうれしい」の一環として、2024年3月5日(火)から、「ファミチキ(トリプルペッパー)」を全国のファミリーマート約16,300店で発売する。 ■パンチの効いた、刺激を楽しむチキン「ファミチキ(トリプルペッパー)」が登場ブラックペッパー、ホワイトペッパー、チリペッパーと特長が異なる3種のペッパーを使用した「ファミチキ(トリプルペッパー)」を発売する。ファミチキのジューシーな肉汁にスパイスがマッチする刺激的な味わいに仕立てた。食卓のおかずにはもちろん、炭酸飲料やお酒と一緒におつまみとしてお召し上がりいただくのもおす…

  • 2024.03.01

    マックスバリュ関東が蕨店を2月28日にリニューアルオープン、「買物体験型スーパーマーケット」に転換

    マックスバリュ関東は、マックスバリュ蕨店の大規模活性化を実施し、2月28日、リニューアルオープンした。同店は2003年12月のオープン。JR京浜東北線の西川口駅から徒歩約14分、蕨駅から徒歩約20分に立地する。 マックスバリュ関東が新たなフォーマットとして水平展開を進める「買物体験型スーパーマーケット」として再オープンしたもの。 同フォーマットは「新鮮な生鮮品・種類豊富な美味しいお惣菜・従業員との楽しい会話を通じて、地域のお客さまに新しいお買い物の楽しさを感じていただく」店をコンセプトとする。 その上で、①滞在時間を楽しむスーパーマーケット、②お客さまの五感を刺激するスーパーマーケット、③お客…

  • 2024.02.29

    前半は新生活のスタート、春野菜の訴求、後半は気温も上がり、ゴールデンウィークに向けた展開|「これは押さえたい」グロサリー編・2024年4月

    フロントオフィス企画代表 近藤 智 今年の4月の暮らしのたたずまいについては、昨年と違うことを再確認しておきたい。 昨年は新型コロナ感染対策の生活モードに入って丸3年が経過した時季であったが、2類から5類に緩和され、今年の春は心理的にも生活行動範囲が広がり、買物を含む外出の頻度が増えると予測される。 しかし、食料品の値上げが相次ぎ、節約志向がさらに強まるとも思われる。内閣府の昨秋の調査によると、「食品の値上げについて何割までならば許容できるか」では「1割まで」が38%、「1割から2割まで」が30%、「許容できない」が24%であった。値上げ対策での複数回答では「価格の安いものに切り替えた」が60…

  • 2024.02.29

    ヤオコー川崎枡形店がオープン、川崎市への出店は初、神奈川県12店舗目

    ヤオコーは、2024年3月5日(火)、神奈川県川崎市多摩区に「ヤオコー川崎枡形店」を開店する。この度の開店により、店舗数は神奈川県12店舗、埼玉県99店舗、千葉県33店舗、東京都14店舗、群馬県16店舗、茨城県7店舗、栃木県6店舗の計187店舗になる。 ヤオコー川崎枡形店ストアコンセプト 『美味しさ』『楽しさ』『提案』で初出店の地、川崎にヤオコーの『魅力』を伝えよう! ■生鮮:精肉は、週末はご馳走になるヤオコーこだわりの黒毛和牛厚切りステーキを、平日はおかずとして食べやすい輸入牛のスティックカットを品揃えし楽しい売場を実現いたする。また頻度品の大型パックを値頃で提供することで、食べ盛りの子供が…

  • 2024.02.29

    MEGAドン・キホーテ成増店が東京都板橋区にオープン、売場面積都内最大級

    ドン・キホーテは、2024年3月13日(水)、売場面積都内最大級のMEGA業態店舗「MEGAドン・キホーテ成増店」(東京都板橋区)をオープンする。 4フロアで構成される売り場は、東京23区内ながら8500㎡を超え、生鮮含む食品をはじめ、日用品、家庭用雑貨、トレンド商品など計約12万点のアイテムが並びる。通勤や通学途中に立ち寄る日常使いから休日のまとめ買い、学生や単身住まい、ファミリー層のほかご高齢のお客さままで、幅広い利用方法や客層の来店が見込まれる、「ド」注目店舗が誕生する。 ■各フロア概要4 階:家電、寝具、玩具、文具、自転車、スポーツ用品、アウトドア用品、インテリアなど3 階:キラキラコ…

  • 2024.02.28

    イオンが「トップバリュトキメクおやつ部」シリーズ37種類を発売、持ち運びしやすい大きさのお菓子

    イオンは3月19日(火)より順次、全国の「イオン」「イオンスタイル」「マックスバリュ」※1など約4,800店舗にて、グミや干し梅、チョコ、野菜チップスなど、持ち運びしやすい大きさのお菓子シリーズ「トップバリュトキメクおやつ部」シリーズ37種類を発売する。 ターゲットとする10代~30代前半を対象としてトップバリュが実施したモニターアンケートやグループインタビュー※2では、“おやつ”は空腹を満たすだけのモノではなく、勉強や仕事における活力の源やストレス解消、リラックス、栄養補給の側面もあるという意見があった。 一方、コミュニケーションツールとして、トレンドや目新しさを取り入れた“新感覚”おやつで…

  • 2024.02.28

    イオンがトップバリュ マイバッグ&保冷マイバッグを発売、本体部分にリサイクル原料を使用

    イオンは、「イオン」「イオンスタイル」「まいばすけっと」など、約2,100店舗※1にて、本体部分にリサイクル原料を使用した2024年仕様の「トップバリュマイバッグ」を3月5日(火)、「トップバリュ保冷マイバッグ」を4月2日(火)に発売する。 2019年6月から販売を開始した、毎日のお買物がワクワク楽しくなるデザインのリサイクル原料を使用したマイバッグシリーズの取り組みは、今年で6年目を迎える。 2024年のマイバッグは、初めて本体部分のリサイクル原料が100%※2になった。マイバッグは丈夫で軽く、汚れてもサッと拭くだけ、お手入れが簡単なレジャーシート素材を採用している。保冷マイバッグは、昨年か…

  • 2024.02.28

    イオンが「トップバリュ 元気をチャージ 粥」シリーズ新発売、世界5カ国のお粥メニューを展開

    イオンは3月6日(水)、全国の「イオン」「イオンスタイル」「マックスバリュ」など、約3,400店舗※1にて、“徒歩0分のレストラン”をコンセプトとしたチルドレディミール第3弾として、一日を元気にスタートする朝食にぴったりな「トップバリュ元気をチャージ粥」シリーズ5品目を新たに発売する。 お粥は一般的に、胃腸にやさしく水分と栄養がとれることから、体調不良時のメニューの定番だが、近年その即食性も着目され、普段の食事にもお粥を取り入れる方が増えている。 トップバリュはこうした喫食シーンの広まりにお応えし、お客に幅広い選択肢を提供するため、一日を元気にスタートする朝食にぴったりで、手間がかからず温めて…

  • 2024.02.28

    イオンPB「トップバリュ」50周年、M・Z世代特化の商品開発強化、次世代プライベートブランドへ

    イオンのプライベートブランド「トップバリュ」は2024年で発売から50周年※を迎える。次の50年に向けて「もっとワクワクする“次世代のプライベートブランド”」をテーマに掲げ、お客の期待に応える。 1974年、メーカーの値上げをきっかけにお客視点で考え、それまで当たり前だったプラスチックフォークを付属しない代わりに、価格を抑えることで低価格を実現したトップバリュの原点である、カップラーメンの「ジェーカップ」が誕生した。ブランドマークや呼び方は、時代に応じて変化してきましたが、1974年から変わらないこと、それは「お客さま視点」の商品づくりだ。 「お客さまの声を商品に生かす」「安全と環境に配慮した…

  • 2024.02.28

    セブン&アイが新コンセプト店舗「SIPストア」をオープン、グループシナジーを創出

    セブン&アイ・ホールディングスは、セブン&アイグループの新たなグループシナジー創出に向け、2月29日(木)、新コンセプト店舗「SIPストア」としてセブン‐イレブン松戸常盤平駅前店をリニューアルオープンする。 2022年8月、セブン‐イレブン・ジャパン(SEJ)とイトーヨーカ堂(IY)は「SEJ・IY・パートナーシップ(通称SIP)」を立ち上げ、商品やサービスにおける相互供給、アプリを通じた相互送客などの販売促進、店舗オペレーションといったテーマにおいてシナジーの最大化を進めてきgz。 セブン&アイグループの強みを集結した「SIPストア」は、急速な環境変化の中で大きく変化…

  • 2024.02.28

    ライフ石津店がリニューアル、生鮮食品の品ぞろえを強化、時短・簡便商品を充実させる

    ライフコーポレーションは、「ライフ石津店」を、2024年2月29日(木)に改装オープンする。 ライフ石津店が所在する「石津」エリアは、戸建を中心とした住宅と事業所が混在する地域だ。堺市内の主要道路である「泉北1号線」に面し、車でのアクセスが良好な店舗だ。 今回の改装では、水産売り場に対面調理場を設置し、畜産売り場に商品ケースを増設するなど、生鮮食品の品ぞろえを強化する。また、忙しい毎日の中でも簡単においしく出来上がる時短・簡便商品を充実させる。くらしの品売り場も内装を一新し、温かみのある売り場でお買い物を楽しめる。装いを新たに、生まれ変わった売り場と豊富な品ぞろえでお客を迎え、信頼される地域一…

  • 2024.02.28

    土用には菓子でも一工夫、トレンドの冷凍スイーツは注力ポイント|「これは押さえたい」菓子・スイーツ編・2024年4月

    トルティーノ代表 中村 徹 2023年4月は桜のシーズンということもあり、海外からの訪日客が181万人とコロナ前の約90%程度まで戻ってきた。国、地域別では韓国、台湾、アメリカ、香港で中国はまだ渡航を解禁しておらず7万人ほどであった。全国的に桜の開花がかなり早かったので、函館でも4月14日開花と異常な早さとなった。 曜日回りは土曜日5回、日曜日5回と週末の多い曜日回りであったが、昭和の日(29日)が土曜日のため、特に大きな連休とはならなかった。今年は土曜4回、日曜4回と昨年より週末の少ない曜日回りとなる。 今年は昭和の日を挟んで3連休となり、ゴールデンウィークの前半がスタートする。このような曜…

1 2 3 4 5 ・・・ 165
1 2 3