新着記事

  • 2021.10.05

    イオングループのトップバリュコレクションとDearOneが「TOPVALU COLLECTION」の公式アプリを共同開発

    NTTドコモのマーケティング分野における新規事業型子会社であるDearOneは、イオングループが展開するファッションブランド「TOPVALU COLLECTION」を手がけるトップバリュコレクションとDearOneが提供する伴走型アプリ開発サービスModuleApps(モジュールアップス)を活用して「TOPVALU COLLECTION」公式アプリを共同開発したと発表した。 アプリではトップバリュコレクションの最新情報やキャンペーン情報などが確認できる他、欲しい商品を見つけたらカートに追加し、そのまま購入できる。 その他、アプリ機能としては、①商品や店舗などを簡単に検索できる、②店舗で利用でき…

  • 2021.10.05

    丸井グループが植物肉「ミラクルミート」のDAIZと資本業務提携、リアル店舗などのリソースを活用

    丸井グループが、発芽大豆由来の植物肉「ミラクルミート」を開発・生産するスタートアップのDAIZと資本業務提携契約を締結した。 未来投資における「食」領域の取り組み拡大やスタートアップ企業の成長の支援によって本業とのシナジーをさらに加速していくとしている。 丸井グループは2050年に向けたビジョンとして「ビジネスを通じてあらゆる二項対立を乗り越える世界を創る」を掲げ、小売り、フィンテックに未来投資(スタートアップや新規事業への投資)を加えた、共創を基盤とした三位一体のビジネスモデルでさらなる企業価値の拡大を目指していく。 また、中期経営計画では利益とインパクトの両立を目指している。今後の経営に収…

  • 2021.10.05

    ロピアとコストコ、尼崎の共存に「多くのお客でにぎわう店」の理由を探る

    城取フードサービス研究所代表 城取博幸 ロピア、コストコは「低価格+オリジナル商品」が基本 尼崎にはコストコとカルフールを引き継いだイオンの総合スーパー(GMS)、昨年10月にオープンしたロピアが隣接して出店している。 ロピアのオープンから9カ月ほど経過した同エリアに訪れてみた。ロピアは肉が強いだけでなく価格も安い。常に安い価格で販売している印象だ。 売場で注目した商品に子会社である利恵産業の冷凍レディミールがある。冷凍平ケース2本を使い、ファミリー向け冷凍レディミールを約10種類販売していた。2、3人前の容量で価格は980円~と安く設定している。包装形態は耐熱トレーに料理を盛り付け冷凍、その…

  • 2021.10.04

    ローソンで利用できるキャッシュレス決済とは?|利用できる種類をまとめて紹介

    スーパーマーケットや量販店、小売店などでキャッシュレス決済ができる店が増えている。店頭で現金のやり取りをせず商品を購入できるため、レジの混雑が緩和されるメリットもあり、利用している客も多い。各コンビニでもキャッシュレス決済サービスを導入している。ローソンで利用できるキャッシュレス決済の種類を紹介する。 ローソンのレジで使えるキャッシュレスはクレジットカードだけではない スーパーマーケットやドラッグストア、ファストフードやファミリーレストラン、駅の売店などさまざまな場所でキャッシュレス決済ができるようになってきたが、コンビニでもクレジットカードをはじめ、電子マネーやバーコード決済などが利用できる…

  • 2021.10.04

    日本惣菜協会が10月1日から2021年度第2回「デリカアドバイザー養成研修」受講受付をスタート

    一般社団法人日本惣菜協会が、2021年度第2回となる「デリカアドバイザー養成研修」の受講受け付けを10月1日から開始する。申し込みは11 月末まで受け付ける。 デリカアドバイザー養成研修は、惣菜売場の従業員が惣菜を調理・販売する際の注意点、原料原産地やアレルゲン、栄養成分など食品表示に関わる法令関係、食品衛生や労働安全などを通信教育で学ぶ研修。日本惣菜協会が小売業からの人材育成に対する要望を受けた形で、2013年11月からスタートした。 惣菜・中食産業は、少子高齢化、単身者増加、女性の社会進出増加など、社会環境の変化を背景に、市場規模約10兆円の大きな産業へと成長し、惣菜は国民の食生活には欠か…

  • 2021.10.01

    著しく進化している世界の腸活

    イノーバ・マーケット・インサイツ  田中良介 腸内環境とは無限に広がる不思議な空間だ。多種多様な菌が複雑に絡まり合って共存しており、世界の食品業界においても近年大きな関心事となっている。 特にコロナの影響で、免疫力に対する意識が高まった結果、腸内環境を整えることを、今まで以上に重要視する人が増えた。「腸活」という言葉を聞いたことがあると思うが、これをさらに体系立てて発展しているのがグローバルの最新動向である。 各国で食品トレンドをリサーチ・分析しているINNOVAが、その注目すべき世界のいまをお伝えする。 4つの「~バイオティック」 世界の商品を見て回っていると、腸内環境のための表現が多様化し…

  • 2021.10.01

    【2021年最新】コンビニのおすすめ弁当40選|セブン、ローソン、ファミマの商品紹介

    「コンビニ弁当」というと、健康に良くない、ハイカロリーといったイメージを持つ方もいるかもしれない。しかし、昨今のコンビニのお弁当は、玄米やもち麦などを使用したものもあり、ヘルシーに食べられる商品も販売されている。もちろん揚げ物など、がっつり食べられる商品も。 本記事では、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンで購入できるお弁当を、新商品を中心に紹介していく。今日のお昼や夕食のコンビニ弁当選びに活用してほしい。 セブンイレブンで買えるお弁当 一膳ごはん 鶏と生姜香る炊き込み(もち麦) 価格:345.60円(税込、以下同)販売地域:北海道、福島県、関東、新潟県、北陸、島根県、広島県、山口県、九…

  • 2021.10.01

    ヤオコーが自社工場製造商品の新ブランド「eat!YAOKO」をリリース、10月1日から順次展開

    ヤオコーは、看板商品として支持の高い自社工場製造商品について、「自信をもってお勧めする商品として、より明確にお客様へお伝えするため」リブランディングを実施し、新ブランド名となる「eat!YAOKO」として、10月1日から順次展開を開始した。 ブランドメッセージを「自社製造のお弁当・麺・お惣菜を通じて、美味しくて楽しい食生活のお手伝いをします」とし、コンセプトは「①自社製造だからこそ、美味しくするためには労を惜しまず、②優れた食材、たゆまぬ研究を重ねた調理方法、③家族にも安心して提供できる安全な製造環境」の3点。 「企画」「製造」「販売」の全工程を自社工場が担うことで、バイヤーの「是非食べていた…

  • 2021.10.01

    セブン-イレブンがシフト作成の作業量を約4割削減する新システムを10月11日から全国のセブン‐イレブンに拡大

    セブン-イレブン・ジャパンは、「加盟店様への支援策」として店舗運営の効率化をサポートするための「シフト作成支援システム」を10月11日から全国のセブン-イレブン2万1210店舗(2021年9月現在)に拡大すると発表した。19年4月に策定した「行動計画」の重点政策の一環。採用したシステムは、システム企画、開発、販売のHRソリューションズが提供するシステムで、19年12月から一部地域でテスト導入され、検証を進めてきた。テスト導入した店舗でシフト作成業務の大幅な効率化を実現できたことから全国拡大に踏み切る。今回の「シフト作成支援システム」は、従業員名や勤務時間などの必要項目を入力することで簡便にシフ…

  • 2021.09.30

    ローソンがデリバリー&テイクアウトアプリmenu(メニュー)に加盟

    2021年9月30日(木)より、コンビニエンスストア「ローソン」がデリバリー&テイクアウトアプリmenu(メニュー)の加盟店に加わる。 menuは、スマホで食べたいメニューを事前注文・決済を行い、その後に店舗でテイクアウト、もしくはデリバリーしてもらう機能を利用できるアプリ。デリバリー機能は2020年4月より本格開始している。 国内大手チェーン店から個人経営の店舗まで幅広く加盟しており、国内デリバリー・テイクアウトプラットフォームでは加盟店増加数No.1※1 となっている。 menuが利用できるローソンの店舗は、東京都内と大阪府内のみで、店舗数は東京都56店舗・大阪府32店舗と計88店舗となる…

  • 2021.09.29

    今さら聞けないDX、単なるデジタル化との違いとは? 事例を交えて基礎から解説

    日進月歩で進むデジタルテクノロジーの発展は、ビジネスシーンにおけるデジタル活用を加速させており、もはや企業の生産性や競争力の向上において、デジタルの活用は欠かせないものになってきている。 その流れで、近年声高に叫ばれているのが「DX(デジタルトランスフォーメーション)」という言葉である。本記事では、混同しがちな「DX」と「単なるデジタル化」の違いを解説していく。 改めてDXとは何か? DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、元々は、スウェーデンのウメオ大学教授であるエリック・ストルターマンが、「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という仮説のもとに、2004年…

  • 2021.09.29

    ライフコーポ―レーションが文京区に初出店となる2層約150坪のコンパクトタイプの本郷三丁目駅前店をオープン

    ライフコーポレーションは9月25日、ライフ本郷三丁目駅前店をオープンした。同社としては東京都文京区への初出店となった。 都営大江戸線、東京メトロ丸ノ内線の本郷三丁目駅から約200m、徒歩約3分と駅至近に立地する13階建てマンションの1、2階への出店。売場は2層で約150坪のコンパクトな売場となっている。 周辺には東京大学やオフィスがあるため、通勤、通学前の利用も見込み、平日は8時から開店する。店舗から半径1㎞圏内は単身世帯比率が60.6%と高く、18.9%の2人世帯比率と合わせて全体の約8割が少人数世帯となっている。 年齢別人口構成は30代が17.5%と最も高く、次いで40代が16.3%となっ…

  • 2021.09.28

    メルカリステーションが、神戸マルイ、丸井吉祥寺店、博多マルイ等で期間限定出店

    株式会社丸井が、神戸マルイ、丸井吉祥寺店、博多マルイ、イコットニコット(岡山)にて、フリマアプリ「メルカリ」の体験ストア「メルカリステーション」を期間限定でオープンする。 メルカリステーションとは、“もっと、みんなのフリマアプリへ”をコンセプトに「メルカリ」を“体験しながら学べる”店舗で、「メルカリ」の使い方が学べる「メルカリ教室」や、出品したい商品が撮影できる「撮影・梱包ブース」、「メルカリ」で売れた商品を投函するだけで発送できる「メルカリポスト」を設置した「かんたん発送ブース」などが展開されている。 「メルカリステーション」は昨年にオープンし、新宿、武蔵小杉の常設型ステーションが大好評だっ…

  • 2021.09.24

    セブン-イレブンでアプリを使った印刷のやり方とは?ネットプリントの方法などを解説

    スマホに保存されている写真をはじめ、パソコンのワード・エクセル・PDFファイルなど、多様なデータを印刷できるセブン-イレブンのネットプリント。プリンターを所有せずとも、外出先で高品質な印刷が可能であるとして、個人・法人問わず利用されているサービスだ。 ネットプリントはファイルの事前登録が必須だが、セブン-イレブンのネットプリントではWEB上だけでなく、専用アプリやLINEからファイルをアップロードすることも可能。高い操作性で簡単に印刷できるよう設計されているが、初めての利用で使い方を把握しておきたい人も多いはず。 本記事では、セブン-イレブンのネットプリントの基本情報や使い方、法人向けサービス…

  • 2021.09.23

    【2021年最新】コンビニのおでん40選まとめ|セブン、ファミマ、ローソンの新作等

    秋、冬のコンビニの定番の顔ぶれである「おでん」。一から作ると時間のかかるおでんが、コンビニで食べたい分だけ購入できるのはとても便利だ。昨今のコンビニのおでんは、大根や玉子といった定番の具材だけでなく、少し変わった具材も置かれている。  本記事では、セブンーイレブン、ファミリーマート、ローソンのコンビニ各社で購入できるおでんの具材を紹介していく。「今日はどこのコンビニのおでんを食べようか」と悩んだときにぜひ参考にしてほしい。 セブンーイレブンで買えるおでん あら挽きウインナー巻 価格:95.04円販売地域:北海道、関東、山梨県、北陸、東海、近畿、中国、四国、九州 パキっとした食感が楽し…

1 2 3 4 ・・・ 33
1 2 3