AR

  • 2022.04.06

    ZOZOCOSMEで「ARメイク」をサービス開始。ワンタップでコスメアイテムのお試しが可能

    株式会社ZOZOは、AIおよびAR技術を活用したソリューションサービスを提供するパーフェクト株式会社の技術を活用した、バーチャルにメイクアップアイテムを試せる新機能「ARメイク」を2022年4月5日よりZOZOTOWN上のコスメ専門モール「ZOZOCOSME」でサービス開始した。 「ARメイク」に対応するのは、パーフェクト株式会社がサービスを提供する国内ECサイトの中で最多となる21ブランドのコスメアイテムとなる。 ARメイクは、高度なARとAI技術によりまるで鏡を見ながら商品を試すような感覚で、ZOZOCOSMEの様々なコスメアイテムをZOZOTOWNアプリ上で試すことがきる機能だ。商品詳細…

  • 2022.03.22

    東京駅一番街で、AR活用した春キャンペーンを開催

    東京ステーション開発株式会社が運営する東京駅八重洲側の商業施設「東京駅一番街」では、春のキャンペーンを実施。「桜舞う 東京駅一番街」をテーマに、春を感じられる桜の装飾で館内を華やかにラッピングし、桜装飾と連動したARを活用したキャンペーンを展開する。 ■ARを起動して、桜舞う東京駅一番街を楽しめる 東京駅一番街では、館内の対象スポットにあるARのQRコードを読み込むと桜が舞い、今までにない新しい東京駅一番街を体験できる。対象飲食店内では、テーブル上にある専用POPのQRコードをかざすと満開の桜の木が出現する。 東京駅一番街 のぞみ広場 東京駅一番街 館内AR 東京駅一番街 飲食店内AR 【装飾…

  • 2022.02.17

    ARを使った飛び出すレゴを提案。「レゴ®ストア 」が三井アウトレットパーク多磨南大沢にオープン

    レゴジャパン株式会社は2022年3月5日にレゴ®ブランドストア「レゴ®ストア多摩南大沢店」(運営会社:株式会社シナテック)をオープンする。 レゴ®ストア 多摩南大沢店は、AR(拡張現実)を使った「デジタルボックス」で、飛び出すレゴ®モデルを楽しむことができる。そのほかにも、自分だけのオリジナルミニフィギュアを作成できる「Build a Mnifigure(ビルド・ア・ミニフィギュア)」や、自分の好きな色や形のレゴ®ブロックを詰め合わせることができる「Pick a Brick(ピック・ア・ブリック)」などの人気コーナーも設置。 ■世界に一つだけのブロック作品登場東京の代表的な行楽地、高尾山をモチ…

  • 2022.02.10

    AR(拡張現実)とは? 最新のARグラスや活用事例を交えてを解説

    現実世界にデジタル情報を融合し、拡張現実を体験できるとして、各業界で導入が進んでいるAR。業務効率の大幅な改善に寄与するtoB向けのAR技術や、スマホアプリ向けに開発されたtoC向けのAR技術など、さまざまである。 本記事では、ARの概要と、混同されがちなVR、MRとの違いをまとめた後、AR技術の活用事例を紹介していく。 AR(拡張現実)とは? ARとは、「Augmented Reality」の略称で、日本語では「拡張現実」を意味する。スマホやARグラス越しに、3Dデータ、動画などのデジタルコンテンツを、現実世界に重ねて表示できる。 ARの技術は、建設業界、観光業界、美容業界、エンターテインメ…

  • 2022.01.25

    AR(拡張現実)とVR(仮想現実)の違いを最新の活用事例を交えて解説

    近年、様々な業界で「AR (拡張現実)」もしくは「VR (仮想現実)」の技術を活用した取り組みを行う企業が増えている。 今後もAR・VRは、様々なビジネスシーンで活用され、さらに大きく広がっていくだろう。しかしその一方で、「AR」「VR」という言葉こそ聞いたことはあるものの、それぞれの違いについて、正しく理解できている人は少ないのではないだろうか。 本記事ではでは、ARとVRの違いについて、それぞれの意味や概要を踏まえながら詳しく解説する。併せて、AR・VR技術の活用に積極的な姿勢を見せている企業の最新事例も紹介していく。 AR(拡張現実)とVR (仮想現実)の違いとは? ARとVRは意味が混…

  • 2021.12.20

    AR技術使い、小田急百貨店で伝統工芸文化を楽しめるものづくり展「TSUKUMO-KAMI: soul of folk toys」開催

    株式会社小田急百貨店、株式会社NTTデータNJK、株式会社CinemaLeapと小田急電鉄株式会社は2022年1月12日から1月20日まで、小田急百貨店新宿店本館1階中央口前特設会場にて、AR技術を用いて日本の伝統工芸文化を楽しめるものづくり展「TSUKUMO-KAMI: soul of folk toys」を開催する。 本展示会は、伝統的なものづくり文化継承への貢献や新たなデジタル技術等を活用したイベント産業の高度化推進を目的に、経済産業省の委託事業として取り組みだ。また、同期間には小田急百貨店新宿店本館11階催物場にて「日本のものづくり」も開催し、伝統的なものづくり文化を盛り上げる。 特設…

  • 2021.11.18

    AR技術を使った次世代キッズパークが、グランツリー武蔵小杉にオープン。

    「イトーヨーカドー グランツリー武蔵小杉店」(神奈川県川崎市)の4階に、リトルプラネットがコンテンツ提供を行うデジタルキッズパーク「TOYLO PARK powered by リトルプラネット グランツリー武蔵小杉」がオープンした。 「TOYLO PARK powered by リトルプラネット」とは? イトーヨーカドーが2021年より展開するおもちゃ・子ども用品のコンセプトフロア「TOYLO PARK(トイロパーク)」の一角に設置された、ファミリー向けの屋内遊び場です。リトルプラネットによるコンテンツ提供のもと、イトーヨーカドーが運営。 光と音が弾けるボールプールや、AR技術を使った砂遊び、…

  • 2021.07.21

    玉川髙島屋S・Cが屋内もナビゲーションできるアプリ「PinnAR(ピナー)」を導入、商業施設で初

    髙島屋グループのデベロッパー企業である東神開発が運営する玉川髙島屋ショッピングセンター(玉川髙島屋S・C)が、モバイルサービス通信事業を手がけるテレコムスクエアが開発、提供するAR(拡張現実)ナビゲーションアプリの「PinnAR(ピナー)」を館内、外のルート案内に導入した。商業施設にピナーが導入されるのは全国で初めての試みとなる。 6月22日からメインの商業エリアである百貨店を含む本館、南館に導入。今後順次、西館、東館、マロニエコートなどの館内、周辺エリアにも対象を拡大していく予定だという。 ピナーは、世界で130万以上ダウンロードされ、利用されているナビゲーションアプリで、ARを導入している…