AR

  • 2021.07.21

    玉川髙島屋S・Cが屋内もナビゲーションできるアプリ「PinnAR(ピナー)」を導入、商業施設で初

    髙島屋グループのデベロッパー企業である東神開発が運営する玉川髙島屋ショッピングセンター(玉川髙島屋S・C)が、モバイルサービス通信事業を手がけるテレコムスクエアが開発、提供するAR(拡張現実)ナビゲーションアプリの「PinnAR(ピナー)」を館内、外のルート案内に導入した。商業施設にピナーが導入されるのは全国で初めての試みとなる。 6月22日からメインの商業エリアである百貨店を含む本館、南館に導入。今後順次、西館、東館、マロニエコートなどの館内、周辺エリアにも対象を拡大していく予定だという。 ピナーは、世界で130万以上ダウンロードされ、利用されているナビゲーションアプリで、ARを導入している…