事例・データ

  • 2022.05.21

    ヤマダHDは、 見て触って、相談できるハウステックのショールーム「Lafiste(ラフィステ)」を 開設

    ヤマダホールディングスグループの総合住宅設備メーカーである株式会社ハウステックは、2022年5月27日に新宿ショールーム“Lafiste(ラフィステ)”を新宿NSビル(東京都新宿区)内にオープン。 “Lafiste(ラフィステ)”には、「生活(Life/ライフ)」+「洗練された(Sophisticated/ソフィスティケイティド)」の意味が込められている。Lafiste(ラフィステ)は「あなたの暮らしに。幸せへとつながるショールーム。」をコンセプトとして掲げ、専門アドバイザーがひとりひとりの暮らしづくりを支援する。  ■見て、触って、体験できるショールーム 新宿ショールームでは、当社が誇る多彩…

  • 2022.05.18

    東急百貨店、本店で「食品ロス防止サブスク」を初受付

    東急百貨店では、株式会社ロスゼロが提供する製菓材料を使用してつくるアップサイクルブランド『Re:You(りゆう)』を販売するほか、食品ロス防止サブスクリプションの申し込みを受け付けを行う。百貨店での受付は東急百貨店が初めてとなる。 ■ <ロスゼロ> 特別出店概要< 会期 >:5 月 19 日(木)~23 日(月) 10:30~18:30< 場所 >:東急百貨店 本店 地下1階 特設スペース ■取り組み経緯と目的東急株式会社が主催する東急アライアンスプラットフォーム2021 DemoDayにて、ロスゼロは東急株式会社 沿線開発事業部との取り…

  • 2022.05.17

    東急ストア、ポプラでRakuten Pashaの新機能「らくらく申請」が利用可能に

    楽天グループ株式会社が運営する、レシート画像を送付すると「楽天ポイント」を獲得できるサービス「Rakuten Pasha」は、株式会社東急ストア、株式会社ポプラで、共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」を提示することで「楽天ポイント」を獲得することができる新機能「らくらく申請」の提供開始をした。 本機能では「楽天ポイントカード」の提示で獲得できる「楽天ポイント」に加え、「Rakuten Pasha」による「楽天ポイント」を獲得することができる。 本機能では、会計前に対象商品のクーポン「トクダネ」を取得し、対象店舗で「楽天ポイントカード」または「楽天ポイントカード」機能が搭載されたアプリを提…

  • 2022.05.16

    メルカリと東京大学エコノミックコンサルティングがCtoCサービスにおける価格・流通量の変動を指数で可視化

    メルカリが運営するメルカリ総合研究所と東京大学エコノミックコンサルティング(UTEcon)は、月間利用者数2000万人超のフリマアプリ「メルカリ」で取引される商品カテゴリーごとの取引価格と流通量の変動を指数で可視化した「メルカリ物価・数量指数」を共同で開発し、情報の提供を開始すると発表した。「メルカリ」における商品カテゴリーごとに、月単位で提供する。 両者によると、個人間商取引(CtoCサービス)における消費者の需要を可視化する世界初の事例となるという。取引数量や価格の急速な変動という形で、そのときの流行を確認することが可能になるとする。 今回の情報提供の目的は、各種データを参照した消費トレン…

  • 2022.05.16

    老舗食堂発ベンチャー企業EBILABが「ゑびや商人館」を6月2日にオープン

    有限会社ゑびやは2022年6月2日に、観光地・伊勢に、複合施設「ゑびや商人館」をオープンする。 ゑびや商人館は、ゑびやのデジタル化の経験と実績に基づき、「IT/DX教育・研修」「セミナーハウスとしてのレンタル」「展示スペースのレンタル」「新商品等のテストマーケティング」「ゑびやオリジナルテイクアウトメニュー『松阪牛寿司』の販売」「オンラインによるコンテンツ配信」という6つのサービスを複合的に提供する施設となる。また、施設2階には、「Microsoft Base Ise」を備え、日本マイクロソフト株式会社の協力のもと、トレーニングやセミナーの実施、技術的なサポートなどを提供します。“DX体験”と…

  • 2022.05.13

    Uber Eatsが、サービスエリア内全てのコストコ倉庫店と提携へ

    Uber Eats では、2022年5 月に、会員制倉庫型店のコストコホールセールジャパン株式会社の京都八幡倉庫店(京都府八幡市)、和泉倉庫店(大阪府和泉市)で、順次デリバリーを開始する。 Uber Eats でのコストコ商品デリバリーは、2022年5月13日スタート予定の和泉倉庫店をもって、Uber Eats サービスエリア内全てのコストコ倉庫店との提携するこになる。 いずれも、コストコのプライベートブランドのカークランドシグネチャーの商品をはじめ、2,000 以上の厳選されたアイテムを取り揃えていくという。 <サービス開始予定日> 5 月 12 日(木)京都八幡倉庫店(京都府八幡市欽明台北…

  • 2022.05.12

    Amazon上の成城石井ネットスーパーが、配送エリアを拡大

    Amazon.co.jp上の成城石井ネットスーパーは、2022年5月11日より、神奈川県においても当サービスの提供を新たに開始した。 神奈川県 川崎市(麻生区、高津区、多摩区、宮前区)、横浜市(青葉区、旭区、港北区、都筑区、緑区)の2市が配送エリアに加わった。これにより、配送エリアは東京都10区2市、神奈川県2市となっている。 対象エリアのAmazonプライム会員に向けて、成城石井で取り扱っている高品質な生鮮食品や、自家製総菜、成城石井オリジナル商品など約4,000点の商品を注文から最短2時間でAmazonが届ける。 対象エリアのプライム会員は、成城石井が取り扱う新鮮な野菜や果物、精肉、鮮魚な…

  • 2022.05.10

    松屋フーズ、屋根置き太陽光を導入。省エネ化、脱炭素を推進

    株式会社松屋フーズは、中部・四国エリアにある5店舗に屋根置き太陽光発電設備を設置した。再生可能エネルギーを中心としたエネルギーサービス事業者の株式会社Looop「未来発電」の導入を進める。 松屋フーズは、国内外で事業を展開する食のグローバル企業で、これまでもリサイクルや省エネ化を積極的に推進し、工場や物流センター上に太陽光パネルを設置するなど、脱炭素に向けた取り組みを行ってきた。今回、脱炭素経営をさらに推し進めるべく「未来発電」の導入を決定し、Looopが愛知県、愛媛県の5店舗の屋根上に合計61.18kWの太陽光発電設備を設置。発電した電力は店舗内で使用され、松屋フーズは使った分の電気代をLo…

  • 2022.05.09

    土を使わない生きた観葉植物専門店「みどりの葉奏音(ハート)」が、ポップアップストアを開設

    株式会社ダイアン・サービスは、次世代の土「パフカル」を使用したインテリアグリーン専門店「みどりの葉奏音」を日本橋高島屋で運営しているが、今回、東京都吉祥寺駅前の商業施設「コピス吉祥寺」に期間限定のポップアップストアを開設した。 ポップアップストアでは、パフカルならではの壁掛けフレームや室内壁緑化のサンプル見本の展示等を行うほか、パフカルを使った寄せ植えのワークショップの開催を予定しているという。 ■みどりの葉奏音 コピス吉祥寺ポップアップストア 〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-5 コピス吉祥寺A館3階営業時間:10:00~21:00営業期間:2022年4月27日~8月31…

  • 2022.05.08

    老舗京菓子店、360度バーチャル体験しながらショッピングを楽しめる「京煎堂VR祇園本店」をオープン。

    祇園四条に本店を構える株式会社京煎堂はweb上で祇園本店を360度バーチャル体験しながらショッピングを楽しめる「京煎堂VR祇園本店」をオープンした。 ■「京煎堂VR祇園本店」開店の背景 新型コロナウイルス感染症の流行の影響があり、2022年2月現在で京都市の宿泊客は約7割減少。 従来のECサイトだけでは、京都でのお土産を買うといった体験や、併設カフェの魅力を伝える事は難しい面があったため、祇園本店の雰囲気を楽しめ、店頭での商品解説を受けながら商品を選ぶことを可能にするため「京煎堂VR祇園本店」を開店した。 ■「京煎堂VR祇園本店」の特徴 【ポイント1】360度空間で現地の雰囲気を楽しめる 36…

  • 2022.05.05

    電子ペーパー市場は年平均成長率(CAGR)31.1%を記録すると予測

    2021年の電子ペーパーディスプレイの世界市場規模は19億6,170万米ドルだったが、電子ペーパーの世界市場は、2022年から2030年の予測期間中に31.1%の複合年間成長率(CAGR)を記録し、2030年には215億1500万米ドルまで成長すると予測された。 詳しいレポートはこちら ■市場に影響を与える要因 電子ペーパーディスプレイは、発光ダイオード(LED)、デジタル光処理(DLP)、液晶ディスプレイ(LCD)など、他のディスプレイ技術に比べていくつかの利点がある。昼間でも読みやすい、眼精疲労が少ない、低消費電力、低コスト、カスタム製造など、その際立った特徴が市場全体の成長を後押ししてい…

  • 2022.05.04

    Snapchatが月間利用者数6億人を突破。新しいARツール「Lens Cloudやカメラ機能も登場

    Snap社はパートナーサミットにて、新機能の発表とともに、世界のSnapchatの月間利用者数が6億人以上、アクティブユーザー数が3億3,200万人以上に達したことを発表した。 またSnapは現在、50万人以上のパートナー、クリエーター、開発者と協力し、イノベーティブな製品やサービスをコミュニティに届けている。過去1年間で、Snapchatユーザーは、Spotifyの楽曲やTwitterのツイートなど、パートナー企業のアプリのコンテンツを60億回以上Snapchatで共有。そして、Snapchatは「最もハッピーなプラットフォーム」の第1位に選出された。 ■Lens Cloud機能      …

  • 2022.05.02

    モバイルアナリティクス市場は2030年に230億米ドルへ。年平均成長率は24.3%と予測

    2021年のモバイルアナリティクスの世界市場規模は37億米ドルだったが、2022年から2030年までの予測期間中に年平均成長率(CAGR)24.3%で成長し、2030年には230億米ドルに達すると予測された。 レポート詳細はこちら モバイルアナリティクスには、モバイルサイトやアプリなどのモバイルプラットフォームやプロパティで作成されたデータの評価と監視が含まれる。クラッシュ監視、バックエンドのパフォーマンス分析、アプリのバージョン採用傾向、トラブルシューティング、モバイルプラットフォームの利用データ、カスタムイベントとアラート、データとシステムの統合、企業のデータガバナンス、デジタル測定戦略、…

  • 2022.04.30

    佐賀市とオイシックス・ラ・大地が進出協定を締結。IT系人材の採用や育成を進める

    食品のサブスクリプションサービスを提供するオイシックス・ラ・大地は、2022年4月27日に佐賀市と進出協定を締結した。 オイシックス・ラ・大地は、進出協定により佐賀市と連携し、IT系人材の採用や育成を進めることで、佐賀市の新たな雇用の創出、地域経済の活性化を目指す。 佐賀市がEC企業と進出協定を結ぶのは初めてとなる。 この協定により、オイシックスは、初となる九州エリアの事業所を開設することとなり、九州エリアでのエンジニアなどIT系人材の採用や育成を実施し、サブスクリプションサービスに関するソフトウェア開発を推進する。 ■坂井佐賀市長「佐賀市の課題に、若者の市外、県外への流出があります。一方で、…

  • 2022.04.26

    イオンの電子マネー「WAON」が、年間利用金額2兆円、累計発行枚数9,000万枚を突破

    イオンの電子マネー「WAON」が、累計発行枚数9,000万枚、利用加盟店数全国94万カ所以上、年間利用金額2兆円を突破した。「WAON」は2007年に発行され、2022年4月で15周年を迎える。 地域経済の活性化を目的に発行している「ご当地WAON」も、発行以来、これまでに162種類発行、利用金額の一部をイオンが自治体などに寄付し、累計金額23億2,483万円になっている。 2021年には「WAON」のお支払い機能を搭載したイオンのトータルアプリ「iAEON」の配信を開始したほか、「WAON」アプリでモバイルでの「ご当地WAON」のサービスを開始するなど、イオンの電子マネー「WAON」は、様々…

1 2 3 4 5 ・・・ 13
1 2 3