業界知識

  • 2022.08.04

    UI/UXとは?意味や違い、改善方法やデザイナーに必要なスキルや仕事内容などを解説

    製品・サービス利用者の興味関心を引き、コンバージョン率の向上や顧客満足度の改善などにつなげる際、理解しておきたいのがUI・UXという概念。サービスおよび消費者行動が多様化する中、昨今ではUI・UXが重要視されるようになっている。 しかし、UI・UXという用語自体は聞いたことがあるものの、詳細な意味まで把握しきれていない人も多いはず。本記事では、UI・UXの概要から違い、重要性、改善ポイント、仕事内容まで解説していく。 UIとは? UIとは、ユーザーインターフェイス(User Interface)の略称で、ユーザー(User)とサービスの接点(Interface)を表す用語である。とりわけ、UI…

  • 2022.07.29

    リテールの意味とは|具体的な業務内容や業界ごとの違いも解説

    リテールとは小売の意味である。顧客やクライアントは企業ではなく個人、つまりtoCに営業を行いサービスを提供する。リテールは小売業だけではなく金融業や不動産業などでも行われるセールスである。リテールの詳しい内容やそれぞれの業界の業務、またリテールが抱える課題について詳しく解説する。 リテールとは リテールとは個人に向けた小売、toCのことをいう。リテール業界は小売業とも呼ばれる。英語のretailは、再びを意味する「re」と切るを意味する「 tail」を組み合わせた言葉で、業者や問屋から仕入れたものを個人消費者に再び売る流れを表している。スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどは、小売の代表…

  • 2022.07.29

    ウォーターフォール開発とアジャイル開発の違い|メリット・デメリットと併せて解説

    システム開発の手法であるウォーターフォール開発とアジャイル開発は、それぞれ特徴が違う。近年ITでは、スピード感のあるアジャイル開発がよく使われるようになっている。ウォーターフォール開発とアジャイル開発の開発手順の違いやメリットデメリット、さらに適した業務やそれぞれを行うときのポイントについても解説する。 ウォーターフォール開発とアジャイル開発の違い 以前から使われているウォーターフォール開発と、最近普及が進んでいるアジャイル開発は開発の進め方に大きな違いがある。ウォーターフォール開発は、企画から設計、実装、テストの順にそれぞれの工程で技術者が担当して開発を進めていく。アジャイル開発は、機能ごと…

  • 2022.07.29

    サプライヤーとは?意味や仕事内容、メーカー・ベンダーとの違いを解説

    製造業を中心に、小売業や流通業、IT業界など、さまざまな業界において広く用いられているビジネス用語にサプライヤーという言葉がある。ビジネスシーンではサプライヤーのほかにも、メーカーやベンダー、バイヤーといった多数のカタカナ用語が飛び交っているが、正しい意味や使い方、類語、関連語を理解することで、より適切な取引やコミュニケーションが可能になるだろう。 この記事では、サプライヤーの意味と具体的な仕事内容、近しい言葉であるメーカーやベンダーとの違いを解説する。 サプライヤーとは?意味や業界ごとの定義を解説 ビジネス用語として用いられるサプライヤーの意味に近しく混同しやすい言葉に、「メーカー(make…

  • 2022.07.29

    OEMとODMの違いとは?概要やメリット・デメリットをわかりやすく解説

    OEMはOriginal Equipment Manufacturingを略した言葉である。他社ブランドの製品を製造する企業やそのビジネスモデルのことで、主にアパレルや化粧品業界で採用されている。 ODMはOriginal Design Manufacturingを略した言葉である。他社ブランドの製品を設計・製造する企業やビジネスモデルのことで、パソコンやスマートフォン業界などで採用されている。それぞれにメリットデメリットがあるが、受託業者が設計を担当するか否かや、委託業者と受託業者の関係などに違いがある。 OEMとはなにか OEMとはOriginal Equipment Manufactur…

  • 2022.07.29

    アウトレットの意味とは?商品や種類、日本のアウトレットモールについても紹介

    日本での「アウトレット」は、元々の英語「Outlet」が出口や電気の差込口を指すのとは異なり、余剰在庫や訳あり品を安く販売することを意味する。1970年代にアメリカの衣料品工場の一角で始まり、現在では日本各地にアウトレットモールがある。この記事ではアウトレットの意味と、アウトレットモールについてを詳しく解説する。 そもそも「アウトレット」の意味とは? 「アウトレット」の元々の語源は英語の「Outlet」で、出口や電気の差込口・コンセントを指す言葉である。だが今私たちが耳にする「アウトレット」はそれとは異なり、余剰在庫や訳あり品を安く販売することを意味する。 「アウトレットモール」は1980年代…

  • 2022.07.28

    ABC分析とは?概要や活用例、メリット、手順に沿った手法などを解説

    在庫管理のほか、重要顧客管理、経営戦略やマーケティング分野と、幅広い業務や管理で活用されている分析手法が「ABC分析」だ。ABC分析によってデータの管理や分析をすることで、各分野におけるさまざまな課題解決につなげられるだろう。この記事では、ABC分析の概要や活用例、メリット、流れに沿った手法を解説する。業務効率の向上や課題解決にぜひ役立ててほしい。 ABC分析の概要や活用例 ABC分析の概要や意味、用いられる目的について解説する。 ABC分析とは ABC分析とは、製品または商品を重視する項目や指標に沿って優先順位を付け、重要度によってA、B、Cの3グループ(またはランク)に分け、分析し、優先度…

  • 2022.07.28

    リベートとは?意味や似た言葉との違い、メリット・デメリット、会計処理の方法を解説

    おもに流通の商習慣に「リベート」がある。おもに自社の商品の販促のために行われる習慣だが、場合によっては違法となることもある。 また、会計上での処理方法や仕訳に悩む人も多いだろう。この記事では、リベートの概要や種類、似ている言葉との違いやメリット、デメリットとともに、リベートの会計処理方法について解説する。 リベートの概要と似ている言葉との比較 リベートの意味や概要 リベート(rebate)とは、手数料、謝礼、賄賂という意味の英語。おもにメーカー側が自社商品の販促を目的に、一定期間内の売上高や取引高に応じて販売奨励金として支払う(代金の一部を払い戻しする)商習慣のこと。 あらかじめ取引金額や商品…

  • 2022.07.28

    交差比率とは?概要や使い方、計算方法、改善方法などを解説

    おもにスーパーやアパレル、ホームセンターなどの小売業において適正な在庫管理のためにもちいられる指標が「交差比率」だ。交差比率を求めることで、適切な在庫数量だけでなく売れている商品、商品ごとの売れ方のパターン、売り方の改善方法も把握できるだろう。 小売業における在庫管理業務や利益向上につながる、交差比率の概要や使い方、計算方法、さらに交差比率の改善方法を解説する。欠品や過剰在庫などの商品管理の課題があるときや、売れる商品や売り方を把握したいときにぜひ役立ててほしい。 交差比率の概要と使い方 交差比率の意味と使い方を解説する。 交差比率とは 交差比率とは、在庫がどれだけの利益を上げているかを見るた…

  • 2022.07.28

    粗利とは?利益との違いや計算方法、粗利率を上げる方法を解説

    個人や企業の事業利益を計算する際に出てくる利益のなかでも、もっとも重視すべき利益が「粗利」だ。粗利および粗利率は、商品やサービスの魅力や企業としての競争力を測る指標にもなる。ほかの利益の指標も参考にしながら、企業や事業所としての安定的な経営につなげよう。 この記事では粗利の意味や概要、営業利益や経常利益などほかの利益や売上との違いや比較、計算方法、さらに粗利率を上げるための方法を解説する。利益の計算をするときから、利益を上げる戦略を練るときまで、ぜひ参考にしてほしい。 粗利の概要と計算方法 粗利の概要と計算方法、粗利の割合を示す粗利率について解説する。 粗利とは 粗利とは個人や企業の利益を表す…

  • 2022.07.21

    イニシャルコストとは?意味や概要をランニングコストとの違いを交えて解説

    新たに製品を購入する際や、設備・システム・サービスなどを契約する際に必要となるイニシャルコスト。事業展開・営業活動などを行う上では、必ず知っておきたい経営学用語の1つである。 本記事では、イニシャルコストの意味とランニングコストとの違いをまとめた後、イニシャルコストを抑えるメリット・デメリット、削減方法まで解説していく。 イニシャルコストとは? イニシャルコストとは、初期費用を表す用語である。イニシャルには「初めの・最初の・初期の」といった意味があり、そこに「費用」を表すコストを組み合わせ、「初期費用」として使われるようになった。 イニシャルコストの事例として、例えばシステムの導入を考えてみる…

  • 2022.07.15

    仕切り価格とは?小売価格や卸売り価格との違いなどと併せて解説

    一般に「価格」と言えば、消費者が商品を小売店から購入するときの代金を指す。しかし、流通業界では、「小売価格」「卸売り価格」「仕切り価格」というように、価格に関する専門用語が複数ある。 「価格だから、モノの値段であることはわかるけど、どこが、どう違うの?」と、混乱している人もいるだろう。とりわけ、「仕切り価格」には、馴染みがない人も多いだろう。そこで、流通業界における 価格 について、整理してみることにしよう。 商品の流通ルート 価格の名称は、流通の各段階で変わってくる。まず商品の流通ルートについて、確認しておこう。 商品は、一般に「生産者(メーカー)→ 卸売業者 →小売業者」という流通経路をた…

  • 2022.07.15

    製造小売業(SPA)とは?特徴やメリットなどを具体的な事例を交えて解説

    流通業界ではよく、SPAとか、製造小売業とかいった専門用語が飛び交っているのを、耳にする。「製造小売業だから、メーカー兼小売業かな?」と見当はつくのだが、「SPAや製造小売業とは何か」について、流通業界でなぜ、これほど注目されるようになったのかを含めて、確認してみよう。 SPAや製造小売業とは何か そもそもSPAは1986年、世界的なファッション専門店である米ギャップの会長が、自社の業態を指していった「Speciality store retailer of Private label Apparel」、すなわち、「PBを販売するアパレル(既製服)の小売り専門店」の頭文字に由来するという(野村…

  • 2022.07.15

    小売業と卸売業の違いとは?具体的な事例を交えて解説

    小売業についても、卸売業(問屋)についても、ほとんどの人は、名前を聞いたことがあるだろう。とはいえ、小売業と卸売業は、同じ販売業者だ。どこが、どう違うのだろうか? 小売業と卸売業の違い 小売業と卸売業の最も大きな違いは、「販売先がどこなのか」ということ。「誰が顧客なのか」と言うこともできる。小売業の販売先は一般の個人、つまり、消費者。それに対して、卸売業の販売先は、企業などの法人や団体といった大口需要者だ。 最近では、「B to C」「B to B」という表現も、よく目にするだろう。「B」とはビジネス、すなわち、企業で、「C」とはカスタマー、すなわち、消費者を指す。 つまり、B to Cは、企…

  • 2022.06.29

    バイヤーとは?仕事内容や必要なスキル、やりがいなどを解説

    バイヤーは、小売業界、アパレル業界をはじめ幅広く業種で活躍している職種だ。また、バイヤーの仕事は商品の買い付けを行うだけにとどまらない。取扱い商材に関わるさまざまな業務がバイヤーには求められるため、バイヤーには目利きをはじめ、多くのスキルが必要となる。この記事では、バイヤーとは何かに加えて仕事内容、必要なスキル、バイヤーの仕事のやりがいやバイヤーになるための方法を解説する。バイヤーという職種の理解にぜひ役立ててほしい。 バイヤーとは バイヤー(buyer)とは、おもに店舗で取り扱う商品の買い付け(バイイング)や管理を行う職種を指す。バイヤーといえば、百貨店やセレクトショップで取り扱う商品の買い…

1 2 3 4
1 2 3