店舗運営

  • 2024.04.12

    マックスバリュ鳴子店がリフレッシュオープン、地域商品を拡充し、季節感 のある売場を展開

    マックスバリュ東海は、4月19日(金)午前7時に、マックスバリュ鳴子店をリフレッシュオープンする。 今回、「近所のいつものお店としてお客さまの毎日の生活に「幸せ」と「喜び」をプラスできるお店」としてコンセプトに、売場、設備を刷新し、お客により一層愛される店舗を目指す。 生まれ変わったマックスバリュ鳴子店では、地域商品を拡充し、季節感のある売場展開はもちろん、普段使いの商品からこだわりの商品まで、お客の多様なニーズに応じた商品を提供する。 さらに健康的な食生活を提案する「ちゃんとごはん」による商品提案、メニュー提案に注力し、お客の普段の生活をより豊かにする、地域になくてはならない店舗を目指す。 …

  • 2024.04.11

    ダイソーがスタンダードプロダクツを青森県初出店、青森市アンドラビナにスリーピーと同時出店

    大創産業は、2024年4月26日(金)、「StandardProducts by DAISO(スタンダードプロダクツ バイ ダイソー」を、青森県青森市の「&LOVINA(アンドラビナ)」へ、「DAISO(ダイソー)」、「THREEPPY(スリーピー)」と同時に出店する。Standard Productsの青森県への出店は初めてとなる。 Standard Productsは2021年3月に東京・渋谷へ1号店をオープンして以降、国内37都道府県と海外(シンガポール・台湾)に出店している。2024年4月にシンガポールと国内13県に計17店舗を出店し、120店舗に拡大する予定だ。大創産業では、…

  • 2024.04.11

    イオン北郷店が5月31日、札幌市、マックスバリュ北郷店跡地にオープン

    イオン北海道は、「イオン北郷店」を、2024年5月31日(金)、旧「マックスバリュ北郷店」跡地に新しくオープンする。 「マックスバリュ北郷店」は、1994年5月に「JOY白石店」としてオープンし、2013年7月に「マックスバリュ北郷店」に改称し、開店以来約28年にわたり営業を続けていたが、建物の老朽化や多様化するお客のニーズへのさらなる対応を図るため、2022年8月末で一旦営業を終了していた。 今回、「イオン北郷店」として装いを新たにオープンし、食品スーパー「マックスバリュ」では品揃えしていなかったくらしの品を取り扱うとともに、食料品においてもこだわりの商品を種類豊富に取り揃える。 【店舗概要…

  • 2024.04.11

    N+ ゆめタウン広島店がオープン、広島県初出店、オープンセールも実施

    Nプラスは、広島県広島市に「N+ ゆめタウン広島店」をオープンする。Nプラスの店舗としては、2019年3月から展開し41店舗目(広島県1店舗目)の出店である。 Nプラスは、求めやすく、着心地もよく、気軽にカラーコーディネートが楽しめる「大人の女性」のためのアパレルブランド「N+」を展開している。年齢を重ねながらも若々しさや感性を失わない「大人の女性」が、様々なシーンに合わせて毎日着たいと思うファッションをカラーコーディネートで提案している。 Nプラスは、ニトリグループの一員として、衣類の分野においても、お客の立場に立ち、より多くのお客に豊かな暮らしを提供するため、アパレルブランド「N+」の展開…

  • 2024.04.10

    ローソン青森中央高校前店がオープン、青森県で初の店内の壁や、天井・軒天に木材を使用

    ローソンは、2024年4月11日(木)に、店舗の壁や、天井・軒天に青森県産木材を使用した「ローソン青森中央高校前店」をオープンする。 今回オープンする店舗には、店舗内装の仕上げ材、店内の一部天井部分、店外の軒天部分に、青森県産の「ヒバ(※1)」を使用している。 また、青森県の魅力を発信することを目的に、店外の壁面を、第7代ねぶた名人(※2)の竹浪比呂央氏(※3)制作のねぶたをイメージしたイラストで装飾している。ローソンが、店内の壁や天井・軒天部分に木材を使用した店舗を青森県内にオープンするのは、今回が初となる。 ローソンでは、脱炭素社会の実現に向けて、環境ビジョン「Lawson Blue Ch…

  • 2024.04.09

    ドン・キホーテ鹿児島中央一番街店がオープン、ドンペンとぐりぶーの限定コラボグッズ展開

    ドン・キホーテは、2024年4月23日(火)、鹿児島県鹿児島市に「ドン・キホーテ鹿児島中央一番街店」をオープンする。鹿児島県内で6店舗目となる同店は、平均乗降客約3万人の鹿児島中央駅より徒歩3分。 高校や専門学校が30校以上集まり、単身世帯が6割以上を占める地域のニーズに応える、幅広い年齢層の方々の日常使いに最適な品ぞろえの店舗となっている。 ■最小だけど「今、欲しい!」が揃う!便利と流行が詰まったザ・「ドン・キホーテ」鹿児島の玄関口・鹿児島中央駅から最も近い商店街の一番街商店街の中に位置する同店は、鹿児島県内のドン・キホーテ系列店舗でも最小クラスの200坪の売り場面積である。駅近の立地や近隣…

  • 2024.04.05

    タチヤ楠店が同社21店目として名古屋市北区に4月12日オープン、直接仕入れ、毎日売り切りのスタイルはもちろん踏襲

    バローホールディングスは、タチヤ楠店を名古屋市北区にオープンすると発表した。タチヤとして21店目、名古屋市内では8店目となる。 タチヤは生鮮食品をメインに当日完売する販売スタイルが特徴。同店もそれを踏襲し、「昔ながらの商い」を行っていくとしている。 タチヤでは、各店舗の売場担当責任者が「市場での仕入れ」「店舗への配送」「商品の陳列」「売価の決定と販売」を一貫して行っている。一般的なスーパーマーケット(SM)とは異なる独自の営業スタイルを同社では「仕入れ担当責任制」と呼ぶ。 タチヤはバローグループにはM&A(合併・買収)で2005年にグループ入りしたが、店舗運営のスタイルは従前のまま残し…

  • 2024.04.05

    イオン九州が「九州ご当地企業コラボTシャツ」を限定発売、九州の有名企業・メーカーとコラボ

    イオン九州は、4月10日(水)より九州内の「イオン」「イオンスタイル」56店舗において、九州でおなじみの誰でも知っている企業・メーカーとコラボレーションした「九州ご当地企業コラボTシャツ」を順次販売する。 また店頭販売にあわせて、公式オンラインストア「イオン九州オンライン」においても、4月10日(水)より販売する。 イオンのカジュアルファッションブランド「Doublefocus」では、2016年より食品や文房具等の各種メーカーや外食企業等とコラボレーションした「企業コラボTシャツ」を販売している。これまでにコラボレーションした企業は100社以上にのぼり、「面白い」「好きなアイテムがTシャツにな…

  • 2024.04.05

    イオンリテールがAI活用による店舗DXをさらに進化、「働き方改革」として店舗業務を一貫サポート

    イオンリテールは今春、AI(人工知能)による「ワークスケジュール自動作成機能」と「新・販売計画支援システム」を「イオン」「イオンスタイル」など約360店に実装する。この2つのシステムが加わることで店舗業務を一貫してサポートする仕組みが完成するという。 実装するワークスケジュール自動作成機能は4月21日から店舗の全部門で実装予定。22年に実装した「AIワーク」の機能拡張として、AI学習によって各従業員の時間帯ごとの作業割り当てを自動化する。従業員の勤務シフトやスキル、時間帯ごとに必要とされる業務内容などに基づいて、瞬時に自動で、抜け漏れなく作業割り当てを行うことができる。 2023年8月から食品…

  • 2024.04.04

    イズミがゆめモール合志を4月25日に一部先行オープン、熊本県初のNSC 型オープンモール

    イズミは4月25日(木)、熊本県初となるNSC型オープンモール「ゆめモール合志」を一部先行オープン、2024年初夏にグランドオープンする。 合志市は、熊本県の中北部に位置し、熊本市に隣接しているため、ベッドタウンとして開発も進み、熊本県内の他の市区町村が人口減少にある中、合志市では人口増加が続いている。また、高速道路や空港へのアクセスも良く、熊本電鉄を経由した熊本市内への交通の利便性にも優れており、住宅地として人気の高い地域だ。 また、今後は半導体工場の建設予定等もあり、さらなる成長が見込まれるエリアだ。熊本県初の「ゆめモール」となる当施設は、イズミグループの㈱ゆめマート熊本が運営する食品スー…

  • 2024.04.03

    ベイシアいすみ大原店がリニューアルオープン、セリアがテナントで出店

    ベイシアは、2024年4月5日(金)、ベイシアFoodsParkいすみ大原店(以下、ベイシアいすみ大原店)をリニューアルオープンする。 ベイシアいすみ大原店は、2010年7月のオープン以来、約14年にわたり地域の皆に親しまれてきた。今回の改装では、FoodsParkと新たに屋号を変え、“より良いものをより安くより新鮮でより楽しく”をテーマに“食のテーマパーク”として地域のお客の憩いの空間づくりに取り組み、これまで以上に快適にお買い物できるようになった。今後もお客の生活に寄り添い、新たな「価値」を提供することでより一層地域の皆に愛されるお店を目指していく。 ■いすみ市周辺の産品が揃ういすみ市は千…

  • 2024.04.02

    ライフがビオラル国立駅前店をオープン、国立ならではの地元のおすすめ商品を多数展開

    ライフコーポレーションは、3月27日(水)にJR中央線「国立」駅南口に新しく建設された商業ビル「nonowa国立SOUTH」のキーテナントとして、「ビオラル国立駅前店」をオープンした。 ライフがプロデュースする「ビオラル」は、“素敵なナチュラルライフスタイルを通じて、心も体も健康で美しく豊かな毎日を過ごしてほしい”と願うナチュラルスーパーマーケットだ。「オーガニック・ローカル・ヘルシー・サステナビリティ」のコンセプトに合った商品を豊富に品ぞろえしている。 「ビオラル国立駅前店」は国立らしい地元のおすすめ商品を多数展開するほか、駅前店舗という立地から即食需要が高いと予測し惣菜の対面量り売りコーナ…

  • 2024.04.02

    キラキラドンキ横浜ワールドポーターズ店がオープン、Z世代向けの商品を扱う専門店型業態

    ドン・キホーテは、2024年4月23日(火)に、「キラキラドンキ横浜ワールドポーターズ店」をオープンする。 主にZ世代向けの商品を扱う専門店型業態「キラキラドンキ」は全国で4店舗目の出店だ。同店は、横浜の観光地として有名な横浜みなとみらい21新港地区に位置し、ショッピングやデートなど一日中遊べるショッピングモールとして人気の商業施設「横浜ワールドポーターズ」内に出店する。 施設は今夏、全館リニューアルオープンを予定しており、施設のグランドオープンに先立ち、「キラキラドンキ横浜ワールドポーターズ」が先行オープンする。一足先に施設へ新たなアミューズメント空間をもたらし、訪れるお客へ「ワクワク・ドキ…

  • 2024.04.02

    スーパーマーケット バロー大和ストアーが岐阜県郡上市にオープン、岐阜県内のバロー店舗71店舗目

    「スーパーマーケット(SM)バロー大和ストアー」を岐阜県郡上市にオープンする。 SMバロー大和ストアーは弊社SM店舗としては242店舗目となり、今回の出店により岐阜県内のバロー店舗は71店舗、グループSMでは77店舗となる。 SMバロー大和ストアーは「旧大和ストアーPio店」として23年間営業してきた実績を基に、新しくSMバロー直営の「新大和ストアー」として生まれ変わった 今までお客に支持されてきた「当店自慢の鮮魚」「飛騨高山からの産地直送野菜・果物」「地域の皆様に愛されてきた地元商品」を大切に引き継ぎ、今まで以上に旬や鮮度、美味しさにこだわる。 デリカについては「出来立て」「美味しさ」にこだ…

  • 2024.04.02

    ダイソー、ホームセンターコーナンへの出店が100店に、代理店契約から24年

    大創産業は、コーナン商事が運営する「ホームセンターコーナン」への出店が、4月3日にオープンするコーナン名張店(三重県名張市)で100店舗目となると発表した。 生活必需品からコスメ、ホビーなどを広く取り扱うDAISO(ダイソー)と、DIY(ドゥ・イット・ユアセルフ)、家庭用品からカー&レジャーまで幅広く取りそろえるホームセンターコーナンは、それぞれの専門性を生かし多様化するお客のニーズに対応する目的で2000年に販売代理店契約を締結。 コーナンの売場にダイソーの商品を加えたことで、女性客の増加が見られた他、導入店舗平均で客数が15%増加するなど顧客層、売上額拡大の成果につながっているとい…

1 2 3 4 5 ・・・ 50
1 2 3