店舗運営

  • 2021.05.18

    QRコード読み取りでオンラインでの土産購入が可能に、「JR西日本みやげショップ」オープン

    ジェイアール西日本デイリーサービスネットは、5月18日から「JR西日本みやげショップ」をオープン。店頭のQRコードを読み取り、「JR西日本みやげショップ」にアクセスすると、駅構内で展開されている土産店「アントレマルシェ」「おみやげ街道」の商品をオンライン上で購入可能になる。 「JR西日本みやげショップ」URL:https://jrwest-omiyage.com 人気京阪神みやげを約30アイテム取り扱い 店舗で購入する時間がない人や、購入に当たって混雑を回避したい人、旅行を楽しみたい人に向けてじっくりと商品を見て選ぶことができる。新型コロナウイルスの影響でなかなか旅行にも行けない状況が続いてい…

  • 2021.05.14

    セブン&アイ・フードシステムズ他がデニーズの空きスペースでマルチスペースをオープン

    「テイクアウト専門店」で飲食可能なマルチスペース 空きスペースの代行運営サービスを手がけるクルトンがセブン&アイグループのセブン&アイ・フードシステムズ、セブン&アイ・クリエイトリンクの2社から空きスペースの運営業務を受託。4月30日よりデニーズ幡ヶ谷店の空きスペースで「宅配・テイクアウト専門店」と「ワークスペース」を掛け合わせたマルチスペースをオープンした。 Activity Based Workingに適応した空間 Activity Based Workingとは、働き方の内容に合わせて時間と場所を自由に選択できる働き方を指す。新型コロナウイルスの影響によって多くの企業で導入が急務…

  • 2021.04.30

    オーガニック・自然食品スーパーマーケット8選|東京都内から関東近郊を中心に

    余分なものは含まない栽培や製造方法で作られ、環境や自然にもやさしい取り組みで作られているのがオーガニック(有機)食品や自然食品だ。 健康や環境を考慮した、オーガニック食品や自然食品を専門に取り扱うスーパーマーケット(SM)も増えた。オンラインショップを利用すれば全国からも取り寄せが可能だ。本記事では、オーガニック・自然食品SMを関東近隣や全国展開、都内限定店舗でそれぞれ紹介する。 関東近隣、全国展開をするオーガニック・自然食品スーパー6選 都内、関東近郊、全国に複数店舗展開をしているオーガニック・自然食品SMを紹介する。 ●こだわりや 「生産者や作り手とお客さまをつなぐ懸け橋になりたい。」をコ…

  • 2021.04.28

    スーパーマーケットで買える大豆ミートを紹介|2021年最新のまとめ

    「大豆ミート」は、健康志向の高まりと共に注目を集めている代替肉の1つだ。原料として主に大豆を使用していることが大きな特徴で、昨今はプラントベース(植物由来)の食品として、多くの注目を集めている。 商品特性からビーガンやベジタリアンからの関心を集めるのはもちろん、最近では、常にではなくある程度の比率で植物性の食品を取り入れる「フレキシタリアン」といった食生活も注目を集めていることから、客層に広がりが見られる。 食肉に比べて、生産における環境への負荷が少ないという環境問題の視点でも注目が集まっている。 そのため最近では、スーパーマーケット(SM)やコンビニのような身近な場所でも手軽に購入できるよう…

  • 2021.04.28

    米国アマゾン、手のひら認証の「アマゾン・ワン」をホールフーズにも導入、狙いは買物体験向上のための「選択肢の増加」にあり

    「ジャスト・ウオーク・アウト」(商品を手に取って出るだけ)の技術を用いたアマゾンゴーのオープンによって小売業の精算やレジの考え方に大きなインパクトをもたらした米国アマゾンは、アマゾンフレッシュのリアル店舗で導入した商品識別機能付きで、レーンを通るだけで「アマゾンダッシュカート」に続いて、手のひらをかざすだけで入店、識別、支払いができる「アマゾン・ワン」を昨年開発している。 昨年9月にアマゾンゴーに導入したのを皮切りに、アマゾンゴーグロサリー、アマゾンブックスなどへと導入を拡大してきたが、導入店での感触が良いこともあって、このほど子会社のホールフーズマーケットへの導入が始まった。4月21日にシア…

  • 2021.04.27

    西武鉄道とファミマが共同展開する駅ナカ・コンビニ「トモニー」が無人決済システムを導入

    西武鉄道とファミリーマートが共同展開している西武線の駅ナカ・コンビニ「トモニー」が、TOUCH TO GO(TTG)が開発した無人決済システムの導入に向けた取り組みを開始する。 「トモニー」は21年4月27日現在、59店(自動販売機による無人店舗6店を含む)を展開しているが、2021年夏ごろに西武新宿線中井駅に隣接するトモニー中井駅店(東京・新宿)への導入を予定している。 TTGの無人決済システムは、「ウォークスルーの次世代お買い物体験」 を可能にするもので、時間節約ニーズの高い朝の時間帯や移動の合間などの短時間に手軽に買物ができ、利便性の向上が期待できる。 また、店舗運営側では省力化が可能と…

  • 2021.04.27

    コストコで買えるオーガニック商品を紹介|2021年最新まとめ

    近年は、健康に対する意識の高い人だけではなく、多くの人によく知られた存在となってきているオーガニック(有機)商品。農薬や化学肥料に頼らず自然の恵みを生かして作られた、オーガニック商品を求める人は増加し、取り扱う店舗も増えてきている。 米国生まれのメンバーシップホールセールクラブ(MWC、会員制卸売店)のコストコホールセールジャパンでも多くのオーガニック商品を取り扱っている。今回は、コストコで購入できる人気の高いオーガニック商品を紹介したい。 なお、価格は消費税込みの総額。多く登場する「カークランドシグネチャー」はコストコのプライベートブランド商品である。 コストコで販売されているオーガニック商…

  • 2021.04.23

    【2021年】百貨店が展開する「母の日」の人気ギフトをまとめて紹介|三越伊勢丹、高島屋などの商品情報

    2021年5月9日は母の日。百貨店には、「ありがとう」の気持ちをカタチにして届ける母の日ギフトがそろう。また、コロナウィルス拡大の影響で母の日ギフトが充実したオンラインショップの需要が高まりそうだ。 三越伊勢丹の母の日ギフト商品 三越伊勢丹では、定番のフラワーギフトやエプロンをはじめ、スイーツから御膳弁当まで幅広いグルメギフトがそろう。 ●三越伊勢丹のスイーツ系の母の日ギフト商品 「shodai bio nature(ショウダイ ビオ ナチュール)母の日薔薇色ペタル (本体価格:4,001円 税込み 以下同)」 オーガニック素材や無添加にこだわったパウンドケーキやマカロン、チョコレート、sho…

  • 2021.04.19

    イオンリテール「レジゴー」とは?使い方から仕組み、導入店舗まで徹底解説

    イオンリテールは新たな買物の方法として、お客自身が商品のコードをスキャンしながら買物を進める仕組みである「レジゴー」の導入を進めている。2021年4月16日現在、イオンリテールの32店、イオン東北を含めると合わせて35店で展開中だ。 本記事では、イオンリテールのが導入を進める「レジゴー」とは何か、その使い方や仕組み、ニューノーマル への対応としてレジゴー精算機に「非接触パネル」をいち早く導入した「イオンスタイル千葉みなと」の事例などを解説していく。 イオンリテールの決済DX「レジゴー」とは? レジゴーは、2020年3月から本格展開されている、「レジに並ばない」「レジ待ち時間なし」の買物スタイル…

  • 2021.04.19

    「ニューノーマル」で変わるリアル店舗での新しい働き方とは?

    世界経済の根底を揺るがす新型コロナウイルス感染症のパンデミックによって、「ニューノーマル」という言葉が定着してきた。ここでは、リアル店舗におけるニューノーマルへの取り組みや対応、新しい働き方などを解説していく。 ニューノーマルの働き方とは? 新型コロナウイルスの感染拡大は深刻な事態となり、ビジネスも大きく変化した。人々はニューノーマルに向けて大きく舵を切ることを迫られている。それではいま、たびたびメディアにも取り上げられるニューノーマルとは何であろうか? 改めて考えてみたい。 ●ニューノーマルの概要 「ニューノーマル」という言葉自体は、いま初めて語られる言葉ではない。初めて語られたのは、本格的…

  • 2021.04.13

    ココカラファイン薬局中目黒店が「お薬受取ロッカー」を設置、4月1日から運用開始

    ココカラファインは、4月1日、患者が待ち時間なく非対面、非接触で処方薬を受け取ることができる「お薬受取ロッカー」をココカラファイン薬局中目黒店に設置し、運用を開始した。 今年3月に設置したココカラファイン薬局JR京都駅店(京都市下京区)に続く2店舗目の設置となる。ロッカーはいずれもアルファロッカーシステム社製。 お薬受取ロッカー使用の際は、まず薬局がオンラインや対面で患者に処方せんの薬の飲み方などを説明。その上で、お客がお薬受取ロッカーでの受け取りを希望する場合、QRコードを渡す。患者は好きなときにお薬受取ロッカーに立ち寄り、QRコードをかざして薬を受け取ることができるという仕組みだ。 ココカ…

  • 2021.04.06

    そごう・西武がRaaSモデル採用のデジタル基軸、メディア型OMOストアを西武渋谷店に9月オープン

    そごう・西武が今年9月からメディア型OMO(Online Merges with Offline、店頭とEC〈電子商取引〉で顧客、商品、在庫情報が統一されたストア形態)ストアの展開を開始する。 西武渋谷店パーキング館1Fを全面リニューアルし、CHOOSEBASE SHIBUYA(チューズベースシブヤ)をオープン。ミレニアル世代(1980年代後半~90年代前半生まれの世代)やZ世代(90年代後半~2000年代前半生まれの世代)の支持を集めるD2C (Direct to Consumer、お客への直接販売)ブランドと協業しながら展開していく。 同店ではお客が没入感のある空間の中で、オンラインとオフ…

  • 2021.03.31

    ファミリーマートがTOUCH TO GOの無人決済システムを採用した店舗の出店を開始

    ファミリーマートは無人決済システムの開発を進めるTOUCH TO GO(TTG)が開発した無人決済システムを活用した実用化店舗としてファミマ!!サピアタワー/S店(東京・千代田)を3月31日にオープン。 ファミリーマートとTTGの両社は2020年11月、ファミリーマートの既存店の省人化やマイクロマーケットへの事業領域拡大を実現することを目指し業務提携を発表、21年2月26日には資本業務提携契約を締結している。 TTGは20年3月にJR高輪ゲートウェイ駅の改札内部分の2階に第1号店を出店し、10月に外部導入の第1号店として東日本旅客鉄道(JR東日本)完全子会社の紀ノ國屋の「KINOKUNIYA …

  • 2021.03.23

    マルエツがワインの味が見えるアプリ「SEKALAVO Camera」を294店舗のワイン売場で利用可能に

    株式会社マルエツ(以下:マルエツ)は、2021年3月22日(月)よりマルエツ、マルエツ プチ全294店舗(リンコス屋号店舗を除く)にて、ワインの味が見えるアプリ「SEKALAVO Camera」の利用を開始した。 「SEKALAVO Camera」は、デジタルの力で「味わいの視える化」に取り組む株式会社SEKALAVO(以下:SEKALAVO)が展開する無料スマホアプリで、商品のJANコード(バーコード)を読み込むことで、味わいチャート、味わいマップを基に、味わいと商品の情報を簡単に見ることができる。 マルエツのワイン売場に設置されたQRコードなどから「SEKALAVO Camera」をダウ …

  • 2021.03.22

    低価格を武器に首都圏深耕。「オーケー平塚店」オープン。伊勢原に次ぐ西端への出店。

    オーケーは3月16日、神奈川県平塚市に平塚店をオープンした。ワンフロアで売場面積619.35坪の食品主体の店だが、同社では比較的大型の「ディスカウントセンター」フォーマットに位置づけられる。 国道16号の内側を主要な出店エリアとする同社からするとやや西側に位置し、伊勢原店(神奈川県伊勢原市)に次ぐ西端の店となる。 JR平塚駅から約500m、徒歩で6分程度歩いた、駅前商店街を抜けた場所に立地する2階建ての建物への出店で、楽器店やフィットネスなどと商業施設を形成。駐車場は79台で店の規模からするとやや少な目という印象だが、一方で、自転車での来店が多く見込める立地であるという。 ワンフロアで売場面積…

2 3 4 5 6 ・・・ 8
3 4 5