新着記事

  • 2021.06.22

    アスクルがLOHACO本店を新サイトとしてリニューアルオープン

    アスクルは運営する一般消費者向け(BtoC)インターネット通販サービス「LOHACO(ロハコ)」のサイトをリニューアルし、6月22日午前0時、新たな本店としてオープンする。 LOHACOは2012年10月、「家事や育児、仕事に多忙な女性の“くらしをかるくしたい”という想い」の下、開始された日用品ショッピングサイト。LOHACOの名称は、「Lots of Happy Communities」を由来とする。 20年5月期には売上高486億円を達成した他、19年11月には累計の客数600万人を達成。“くらしをかるくする”をコンセプトに飲料・食品、洗剤・キッチン用品、医薬品、コスメなどの日用品からペッ…

  • 2021.06.21

    イオンスタイル西風新都がリニューアル、必需品のワンストップ機能を強化

    イオンリテールは6月25日、イオンスタイル西風新都(広島市佐伯区)をリニューアルオープンする。同店は2018年4月、「THE OUTLETS HIROSHIMA」内にオープン、アウトレット隣接という立地であることもあって特に惣菜に注力、外食のようなバイオーダーのショップが広いイートインを囲み、物販についても酒などし好品を強化するなど強化ポイントを明確にした特殊な店づくりで話題となった。 今回、昨今のコロナ禍におけるライフスタイルの変化や多様化するお客のニーズに応えるため、日々の暮らしに便利な店にリニューアルする。 立地する広島市西風新都地区は、40代ファミリーが最も多く暮らす広島市のベッドタウ…

  • 2021.06.21

    イオンマーケットが、他社モールに出店する形で「ネットスーパー」を開設

    イオンマーケットは6月23日からピーコックストア石川台店(東京・大田)にて、ネットスーパーの配送サービスを開始する。 配送事業、システム事業を手がけるルーフィが運営するネットスーパーモール「御用聞きモール『マルクト』」の加盟店となる。 御用聞きモール「マルクト」は、 配送エリア内のさまざまな小売店が出店でき、複数店舗の商品をまとめて注文、決済、配送するネットスーパーサービス。今回、イオンマーケットとして、同社のピーコックストア石川台店を同サービスに出店する第1号店とした。大田区を中心に目黒区、世田谷区の一部地域を配送エリアとする。 お客は店舗で販売する商品をインターネットで注文し、自宅またはエ…

  • 2021.06.21

    IKEA新宿が量り売り惣菜「スウェーデンバイツ」を導入した理由

    スウェーデン発の世界的なホームファニシングショップ、イケアと言えば、「郊外にある大型店」というイメージが強かった。ところが、イケアは、大都市圏の攻略も積極化している。とりわけ、強化しているのが首都圏だ。 東京都心では原宿、渋谷に続き、2021年5月1日には、東京を代表する繁華街である新宿に、「シティショップ」(都市型店)と位置付けるIKEA新宿をオープン。 フォーエバー21新宿店跡地で、伊勢丹新宿店などが立ち並ぶ新宿三丁目交差点(追分交差点)、地下鉄新宿三丁目駅にも至近と利便性が高い。地下1階~地上3階の4フロアで、総面積は約3270㎡だ。 オープニングセレモニーでイケアの日本法人、イケア・ジ…

  • 2021.06.18

    【2021年最新】業務スーパーで買える調味料50選|ジャンル別にお薦め紹介

    業務スーパーでは、さまざまな国の調味料を取り扱っている。日本の定番の調味料をはじめ、韓国、タイ、イタリアなどの直輸入品で、手軽に海外の味が楽しめる。1ℓなど大容量のものもあるが、調理法も豊富なものばかり。中でも、万能調味料は料理ジャンル問わず利用できるものが多い。 本記事では、業務スーパーの調味料をアレンジ方法も併せて紹介しているので、気になるものはぜひチェックして欲しい。 ▼併せて読みたい▼ 業務スーパーで買える冷凍野菜25選紹介|2021年最新まとめ 【2021年最新】業務スーパーで買える輸入お菓子50選まとめ|おすすめポイントとは? 業務スーパーで買える「万能調味料」 姜葱醤(ジャンツォ…

  • 2021.06.15

    ベイシアが、ブリとヒラマサの長所を併せ持つ「ブリヒラ」を全店販売、産学連携による小売業界初の取り組み

    ベイシアは6月16日から、近畿大学(大阪府東大阪市)が開発したブリとヒラマサのハイブリッド種「ブリヒラ」を、小型店フォーマットのベイシアマートを除くベイシア全店で販売すると発表した。 ブリヒラは近畿大学がブリとヒラマサの交配によって開発したハイブリッド魚。関連会社であるアーマリン近大を介して種苗(養殖のための稚魚)として販売され、養殖業者が年月をかけて成魚まで育てた後、ベイシアが販売を担当する。ブリ類ハイブリッド種の産学連携による本格生産は世界でも初めての事例となる。 50年以上かけて産業化、ベイシアと近大など産学の連携があってこそ実現 ベイシアは近畿大学の関連会社である食縁と2017年に「持…

  • 2021.06.14

    ザ・トップマネジメント 「西友 大久保恒夫社長兼最高経営責任者(CEO)」:新生西友の経営戦略

    食品スーパーナンバーワンの規模を生かし、商品開発を強化し、売り込むことで日本の流通構造を変える ——3月1日から株主構成が変わり、大久保氏がCEOに就任することでマネジメントも変化した。変わること、あるいは変わらないことは。 大久保 もともと西友として大きく成長したが、その後ウォルマートの資本下になり、それで今回、また新たな資本構成に変わったということで、「軸がぶれているのではないか」という見方もあるかもしれない。しかし、私としては積み重ねられて非常に良くなっていると思っている。 もともと西友は革新的な企業だったし、日本で非常に成功していた。そのDNAの上に、マネジメントレベルなど世界最大の小…

  • 2021.06.12

    イオンタウン吉川美南が「癒し」と「食」の空間ゾーンの東街区を新たに開設、6月12日オープン

    イオングループの商業施設開発を手がけるイオンタウンが埼玉県吉川市美南にあるイオンタウン吉川美南(よしかわみなみ)」の増床区画として東街区をオープン。 同ショッピングセンターは2012年3月にJR武蔵野線の新駅として開業した吉川美南駅の駅前に位置している。東京駅への直通列車も通り、都心部へのアクセスに恵まれたエリアである。都心で働く人のベッドタウンとして、今後ますます人口の増加と街の発展が見込まれる。 今回開発を終えた3期では、「癒しと食の総合リゾート」としてウエルネスな生活を楽しくサポートする専門店などを中心に「地域の人々のくらしを特別にする、新たなライフスタイル」を提案する。東街区のコンセプ…

  • 2021.06.11

    ライフコーポレーションがEC事業1000億円に向けて配送・サービスレベルの向上を目指す新会社「ライフホームデリバリー」の事業を開始

    ライフコーポレーションは、同社と間口グループのスリーエスコーポレーション、間口ロジ関東の3社で共同で立ち上げた新会社のライフホームデリバリーが6月1日から事業を開始したと発表した。 ライフホームデリバリーは、ライフネットスーパーと来店宅配サービスにおける配送サービス業務や梱包作業支援を担う新会社。各社がこれまで培ってきたノウハウを生かして質の高い接客、サービスと安定した配送を実現することを目指す。 ライフコーポレーションがネットスーパー事業を開始したのは2011年だが、現在では店舗起点のネットスーパーの他、アマゾンジャパンのサイトへの出店によるサービスも提供。20 年には新型コロナウイルスの影…

  • 2021.06.11

    業務スーパーで買える冷凍野菜25選紹介|2021年最新まとめ

    冷凍野菜は、保存ができるうえに「使いたいときに使いたい分だけ使える」というメリットがある。仕入れコストの削減や、オリジナル商品の製造・販売によって、低価格を実現する業務スーパーでも、冷凍野菜は種類豊富に販売されている。  本記事では、業務スーパーで購入できる25種類の冷凍野菜を、どんな料理に活用できるかも併せて紹介していく。原産国は、中国だけでなく、ベルギーやベトナムなど他国の商品も。また、400gや500gと大容量で、自宅でのストックにも便利なものばかりだ。 揚げなす乱切り 内容量:500g原産国:中国 食べやすい大きさにカットしたナスを油で揚げたもの。マーボーナスはもちろん、煮びたしやラタ…

  • 2021.06.11

    Retail AIがスマートショッピングカートの次世代モデルを発表、店内UX向上と月額サブスクリプションプラン導入で国内外で拡大目指す

    トライアルホールディングスのグループ会社であるRetail AIは、スマートショッピングカートの次世代モデルを発表した。同モデルの主な新規性は「商品のスキャン漏れ時に発出する自動検知アラーム実装」「270億件のID-POSデータに基づく完全AI化したレコメンデーションアルゴリズム搭載」「導入のハードルを下げる月額サブリクションモデルでの提供」となる。 同社は、セルフレジ機能付きタブレットをショッピングカートに掲載したタイプのスマートショッピングカートを開発。 「テクノロジーによって新時代の買物体験を生み出し、流通の仕組みを改革することを目的」に開発されたもので、2018年2月から実店舗での正式…

  • 2021.06.10

    10Xと薬王堂がアプリで注文、ドライブスルーで受け取り可能な「P!ck and」を計画より早く325店に拡大

    薬王堂ホールディングス子会社の薬王堂とチェーンストアEC(電子商取引)の垂直立ち上げプラットフォーム「Stailer」を展開する10Xは、3月に開始した「P!ck and(ピックアンド)」の導入店をオープン直後の2店舗を除く全325店舗に拡大した。 ピックアンドは薬王堂の商品をスマートフォンで注文し、店頭または店舗駐車場で車上受け取り(ドライブスルー受け取り)できるアプリ。 医薬品、日用品や食品などをまとめて注文することができ、最短で注文の2時間後から受け取ることが可能。 注文から受け取りまでの工程を非接触で行えるため、感染対策になる他、お客の安心感にもつながる。 3月から岩手矢巾店、盛岡向中…

  • 2021.06.10

    キユーピーが原材料の大部分を植物由来で作ったスクランブルエッグ風商品を発売

    キユーピーは、プラントベース(植物由来)フードの開発に取り組み、第1弾として原材料の大部分を植物由来のものから作った「HOBOTAMA」(ほぼたま)を業務用市場に向けて新発売する。6月30日から全国に出荷。新たな食の価値観、多様性への対応の位置となる。 豆乳加工品をベースに、卵を使用せずに半熟状のスクランブルエッグのような見た目と食感を再現した。シェフが丁寧に手作りしたような半熟感を再現しているため、飲食店などで提供するメニューの付加価値を高めることができるとしている。 プレーンな味わいで、パンや野菜などと相性が良く、サンドイッチや朝食メニューなどに幅広く使用できるという。 キユーピーグループ…

  • 2021.06.10

    ビオセボンがオンラインストアをオープン、SNSとリアル店舗の組み合わせ戦略で、そのポテンシャルはすでに見えている?

    オーガニック(有機)の商品を主力とした小型スーパーマーケット(SM)のBio c’ Bon (ビオセボン)を日本で運営するビオセボン・ジャポンは、6月16日から同社の商品がインターネットで買えるEC(電子商取引)サイト「ビオセボンオンラインストア」のサービスを開始する。 同社は、「オーガニックを日常使いする社会を構築する」をミッションに掲げながら出店を重ね、6月8日現在、東京都と神奈川県内に24店を展開。 今回は、「利用してみたいが近隣に店舗がなく機会がない」というお客の声も受けての取り組みで、出店地域以外への商圏の拡大が見込める。商品の特性などによって一部販売する地域を制限する場合があるが、…

  • 2021.06.09

    【2021年】コンビニ各社の父の日ギフトまとめて紹介|セブン、ファミマの商品情報

    2021年6月20日日曜日は父の日だ。父へ日ごろの感謝を込めてプレゼントを検討している人も多いだろう。しかしながら、さまざまなギフトが溢れていて選ぶのも一苦労だ。 そこでおすすめしたいのが、コンビニ各社で取り扱う父の日ギフト。百貨店やギフト専門店に足を運ばなくても最寄りの店舗で注文できるのが、コンビニギフトの強みだろう。 この記事ではセブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップの各社が2021年の父の日に向けて取り扱っているギフトのなかから厳選して紹介する。なお、商品によってはすでに受付終了している可能性があるため、注文時に在庫の有無や注文可否を確認していただきたい。 ▼あわせて…

1 ・・・ 3 4 5 6 7 ・・・ 26
4 5 6