恵方巻

  • 2022.01.21

    2022年『イトーヨーカドーの恵方巻』料理人監修や素材にこだわった贅沢な予約限定商品等を展開

    株式会社イトーヨーカ堂は、毎年の定番主力商品のほか、料理人監修の恵方巻や海鮮、素材にこだわった贅沢な予約限定商品など、バラエティ豊かな恵方巻メニューを展開する。 ■「焼き:銀だら」の海鮮恵方巻を監修した『鈴なり』村田明彦氏 『料理人こだわりの炙りのどぐろ雅巻』 について 「今回は冷凍ではなく生にこだわり、のどぐろを炙って巻いてみました。の どぐろは山口産を使用しているのですが、エビを入れたり、ナスを南蛮漬 けにしたものを入れ、食べていて口の中が楽しくなるような仕上げにして おります。炙っているので香ばしさもあり、いろいろな食感や味を楽しみ ながら食べ進んでいくような商品になっています…

  • 2021.12.12

    イオンリテール が贅沢素材を使用した「恵方巻」の予約開始

    イオンリテールは2021年12月10日から、「イオン」「イオンスタイル」とWEBサイトにて、2022年2月節分の恵方巻の予約を開始した。 旅行や買い物などへの消費マインドが高まりつつある中、当社は今年新たに、ずわいがにの棒肉やほぐし身、いくらをたっぷり使用した1万円の贅沢太巻や、ローストビーフで巻き、うに、いくらをトッピングした太巻など「節分の機会に、家族で贅沢な食事を楽しみたい」というニーズに応えた恵方巻3品目を予約限定で展開する。 また昨年好評だった、各地で漁師が選んだ本当においしい魚「プライドフィッシュ」を使用した恵方巻に「愛育フィッシュ愛鯛」と「茨城常磐のまさば」を使用した太巻2品目を…

  • 2021.01.25

    恵方巻の大量廃棄問題への対応はどうなる?各企業の施策を紹介

    店頭で繰り広げられる「恵方巻商戦」は、すっかり節分の恒例となった。だが、その風物詩に異変が起きているのをご存じだろうか? キーワードとなるのがう売れ残りによって発生する「大量廃棄問題」だ。 本記事では、恵方巻商戦が抱える課題やなぜ恵方巻の大量廃棄が発生するかについて解説。2021年の恵方巻の大量廃棄問題を振り返りつつ、2022年の恵方巻の大量廃棄問題がどうなるかについても言及する。 恵方巻の大量廃棄問題とは? 2月初めの節分の食べ物として、定着した感のある「恵方巻」。節分直前になると、百貨店やスーパーマーケット、コンビニエンスストアなどの売場に、大量の恵方巻が並べられる姿も、お馴染みになった。…

  • 2021.01.19

    【2022年】コンビニ各社の恵方巻はどうなる?|セブン、ローソン、ファミマなどの商品紹介

    セブン-イレブン、ローソン、ファミマ、ミニストップなど、コンビニが展開する2022年の節分で食べられる恵方巻や節分関連の商品を紹介していく。予約の締め切りが近い商品もあるため検討している方は早めに予約しておくと安心だ。※表示価格は全て税込み。 2022年の節分は「2月3日」、恵方は「北北西」 毎年の「節分」の風物詩といえば、「豆まき」がお馴染みだが、近年では、「恵方巻」を食べることも、年中行事として全国的に定着してきた。節分の時期には、総合スーパー(GMS)、スーパーマーケット(SM)やコンビニなどの店頭にさまざまな恵方巻が並ぶ光景を、ご存じの人も多いだろう。 恵方巻とは、節分に恵方を向いて食…