【1月26日】顧客に寄り添うデジタル活用・富士薬品に聞くオムニチャネル戦略

2021.01.07

更新:2021.01.26

このセミナーは終了いたしました。

2020年は小売業にとっては激動の年でした。
キャッシュレス還元終了、レジ袋有料化、そして新型コロナウイルスの猛威・・
消費者行動は大きく変化し、店舗運営や販促も変化への対応が求められております。
上記の変化に合わせて「DX(デジタルトランスフォーメーション)」のキーワードが注目されていますが、
漠然とDXというキーワードを聞いても、具体的にどのような取り組みをしたらいいのか、
なにから手を付ければいいのか、悩まれるご担当者様は多いかと思います。

そこで今回のセミナーでは、ケーススタディとして、富士薬品の岩瀬様をゲストに迎えて、
自社のデジタル戦略や今後の課題について、お話をお伺いいたします。

聞き手として、店頭プロモーションやCRM支援のパルディア、
国内最大級の買い物情報メディア「トクバイ」を運営のロコガイドの2社で、
富士薬品との取り組みを深堀しつつ、お話いたします。

プログラム

こんな方におすすめ

・小売業のデジタル販促ご担当者様
・小売業のDX推進ご担当者様
・小売業に関わるメーカーご担当者様

開催概要

開催日時:1月26日(火) 16:00-17:00

参加費用:無料

開始場所:Zoomによるオンラインセミナー形式

ご注意

セミナー内容は予告なく変更になる場合がございます。
配信内容の録画、録音、撮影については禁止とさせていただきます。
本セミナーの無断での記事配信はお断り致します。
環境によっては映像や音声が乱れる場合もございます。予めご了承ください。
タイムスケジュールは目安となり、予定時刻が前後する可能性がございます。予めご了承ください。
ご登録いただいた情報から、個別でコンタクトさせていただく可能性がございます。予めご了承ください。

*お申込みと同時に個人情報保護方針、プライバシーポリシーに合意したことになります。

株式会社富士薬品 個人情報保護方針 https://www.fujiyakuhin.co.jp/policy/
株式会社パルディア 個人情報保護方針 https://www.paldia.co.jp/privacy
株式会社ロコガイド 個人情報保護方針 https://locoguide.co.jp/privacy/

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」

セミナー