【2月12日】リテールDX2021 〜どのようにデジタル活用して「事業変革を進める」べきか?〜

2021.01.21

更新:2021.02.15

このセミナーは終了いたしました。

O2Oに始まり、無人レジやウォークスルー決済、来店客の動線把握など、 DXの浸透が著しい小売・流通業界。
従前の店舗には売上データしかなく、好不調の要因は責任者の勘と経験でしか割り出せませんでしたが、 そうした状況も急速に変わりつつあります。
誰の目にも明らかな変革期を迎え、業界のリーダー達は今、どのような戦略を描いているのでしょうか。

今回は、先進的な考えを持つ業界屈指の経営者を招き、自社の取組事例を紹介いただきながら、近未来の小売・流通業界をうらなっていただきます。
本セミナーでは、企画・集客のパートナーに、買物情報サービス「トクバイ」で1,000社超の小売・流通企業を抱える株式会社ロコガイドの業界情報サイト「リテールガイド」を迎え、業界関係者にとって内容の濃い講演をお送りしていきます。

▼お申し込みはこちらから
https://news.mynavi.jp/itsearch/seminar/444

プログラム

開催概要

ご注意

▼詳細はこちらからご確認ください。
https://news.mynavi.jp/itsearch/seminar/444

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」

セミナー