【2月25日】<店舗業界向け>店舗ビジネスを『筋肉質経営』に変える秘訣とは?

2021.02.02

更新:2021.03.03

このセミナーは終了いたしました。

「店舗ビジネスを展開されている企業にとって、このコロナ禍の状況は変化が激しくより効率的な経営、つまり店舗運営におけるDXがより求められる状況になっています。
また、激しい変化が続いたことにより従業員・スタッフの業務負担を注視する企業も増えており、結果的により働き方改革が叫ばれるようになりました。
今回のセミナーでは『集客・販売促進』『人員配置・働き方改革』の2軸で店舗運営をDX化し、より筋肉質経営に変えていく方法をご紹介します。

プログラム

こんな方におすすめ

・小売外食業界で、収支責任を担っている方
・小売外食業界で、人件費に対して責任を負っている方
・小売外食業界で、DXに関心のある事業責任者の方

開催概要

開催日時:2月25日(木) 17:00-18:00

参加費用:無料

開始場所:Zoomによるオンラインセミナー形式

ご注意

セミナー内容は予告なく変更になる場合がございます。
配信内容の録画、録音、撮影については禁止とさせていただきます。
本セミナーの無断での記事配信はお断り致します。
環境によっては映像や音声が乱れる場合もございます。予めご了承ください。
タイムスケジュールは目安となり、予定時刻が前後する可能性がございます。予めご了承ください。
ご登録いただいた情報から、個別でコンタクトさせていただく可能性がございます。予めご了承ください。

*お申込みと同時に個人情報保護方針、プライバシーポリシーに合意したことになります。

株式会社ロコガイド 個人情報保護方針 https://locoguide.co.jp/privacy/
株式会社クロスビット 個人情報保護方針 https://rakushifu.jp/clause/rakushifu_privacy/

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」

セミナー