【3月23日】本部・店舗・社外・顧客をつなげる!リテール×デジタル活用セミナー

2021.02.15

更新:2021.03.26

このセミナーは終了いたしました。

本セミナーでは、「ノーコード」ツールで実現する現場業務デジタル化に関するコンテンツや「連携で実現できること」のご紹介を予定しています。

働き方や消費者の生活が大きく変化している今、新たな課題が生まれています。リモートワークや臨店の制限に伴い、従来のメールやExcelでの情報共有が非効率に感じたり、消費者の求める情報を紙媒体であるチラシで発信することの限界を感じていないでしょうか。
従来のやり方で店舗運営を効率的に行うことは困難です。DX(デジタルトランスフォーメーション)に代表されるような、デジタル活用によってニューノーマルな多店舗運営のための変革を起こす必要があります。

今回は、多店舗運営など大組織の業務デジタル化を実現する「SmartDB」、店舗のオペレーションを変革する「店舗matic/Shopらん」、電子広告で小売店と生活者をつなぐ「トクバイ」という3つのソリューションを通して、今の時代に合った多店舗運営のあり方についてご紹介させて頂きます。

これからの多店舗運営を見つめ直すきっかけとなる、濃密な1時間です!ぜひご視聴ください。

▼お申し込みはこちらから
https://hibiki.dreamarts.co.jp/smartdb/event/se210323/

 

プログラム

Chapter.1
2021年、顧客に必要とされる店舗販促・情報発信手法とは

コロナという大きな変化を経て、2021年、消費者から求められている情報はどのようなものか、店舗販促をしていく上で何が重要なのか、をアンケートデータなどを交えながらお話させていただきます。

Chapter.2
150社のチェーンストアを支える仕組み”店舗matic/shopらん”

スーパーマーケットのイトーヨーカドー様からアダストリア様のようなアパレル企業まで、業種を超えてチェーンストアの業務を支える仕組みをご紹介。

Chapter.3
今こそ、店舗を支える本社/本部業務のデジタル化・効率化を実現

業務デジタル化プラットフォーム『SmartDB』は、本部内や店舗からの各種申請業務をはじめ、店舗開発や商品管理・お客様の声管理(VOC)の業務まで、幅広い業務のデジタル化をご支援しています。紙・Excelによる業務負荷から脱却されたお客様の事例を交えご紹介いたします。

開催概要

開催日時:2021年3月23日(火)16:00~17:00(受付開始15:55)

開催場所:Zoom(オンライン形式)にて開催いたします

【費用】参加無料
【定員】500名
【主催】株式会社ドリーム・アーツ/株式会社ネクスウェイ/株式会社ロコガイド

▼お申し込みはこちらから
https://hibiki.dreamarts.co.jp/smartdb/event/se210323/

ご注意

▼詳しくはこちらからご確認ください。
https://hibiki.dreamarts.co.jp/smartdb/event/se210323/

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」

セミナー