イズミ

  • 2024.01.23

    イズミがゆめタウン・ゆめシティの計15店舗で「フードドライブ」を開始、食品ロスの削減へ

    イズミは2024年2月1日(木)より、イズミが運営するゆめタウン・ゆめシティの計15店舗で「フードドライブ」を開始する。 「フードドライブ」とは、食品ロスの削減や食品の有効利用を目的とし、家庭で未利用の食べ物を持ち寄り、それらを地域の福祉団体や施設、フードバンクなどに寄付する活動だ。家庭の“もったいない”を地域の“ありがとう”に変え、持続可能な社会を目指す。 お客に家庭で未利用の食べ物を店舗内の回収ボックスまで持参してもらい、イズミではそれらを各地域のフードバンク団体へ寄贈する。その後、フードバンク団体を通して福祉団体や施設などへ寄付するという仕組みとなる。 回収可能な食べ物は①未開封で常温保…

  • 2024.01.17

    イズミが広島県広島市にて「ゆめモール五日市」起工式を実施、建設工事に本格着手

    イズミは、広島県広島市にて「ゆめモール五日市」の起工式を執り行い、2024年秋のオープンを目指して本格的な建設工事に着手する。 ■起工式について開催日時2024年1月30日(火)午前10時より場所「ゆめモール五日市」新築起工式特設会場施主株式会社イズミ施工前田建設工業株式会社 ■ゆめモール五日市について「ゆめモール」は、イズミが運営する食品スーパー「ゆめマート」を中心にアパレル、レストラン、生活雑貨など食品スーパーと多彩な専門店を一か所に集約したオープンモール形式の商業施設だ。広島県内では2店舗目のゆめモール、「近隣型ショッピングセンター(NSC)」となる。専門店が駐車場を取り囲むように並び、…

  • 2024.01.17

    イズミがゆめモール合志を熊本県合志市にオープン、熊本県初のゆめモール

    イズミは 2024 年春、熊本県合志市に「ゆめモール合志」をオープンする。合志市は、熊本県の中北部に位置し、熊本市に隣接しているため、ベッドタウンとして開発も進み、熊本県内の他の市区町村が人口減少にある中、合志市では人口増加が続いている。 市内をほぼ南北に通る国道 387 号線(日田街道)沿いは、住宅団地が造成され、商業地としての開発も進行。高速道路や空港へのアクセスも良く、熊本電鉄経由で熊本市内への交通の利便性にも優れており、住宅地として人気の高い地域だ。また、今後は半導体工場の建設予定等もあり、さらなる成長が見込まれる地域。 熊本初の「ゆめモール」となるゆめモール合志は、イズミグループのゆ…

  • 2024.01.10

    イズミが2024年「ゆめタウン・ ゆめマートのバレンタインチョコレート」を販売

    イズミは、ゆめタウン・ゆめマート・LECT計99店舗にて、「ゆめタウン・ゆめマートのバレンタインチョコレート」を1月11日(木)から順次販売する。 近年のバレンタインは、友人や家族などへの感謝の気持ちを伝える贈り物や自分へのご褒美として、従来の形にとらわれず自由にバレンタインを楽しむスタイルが定着しつつある。 イズミの今年の品揃えは、多彩なチョコレートを展開するジェイ・ワークスの見た目も華やかなフリュイショコラ「セバスチャン・ブイエ」、ナッツやドライフルーツなどの素材を楽しむタブレットチョコを詰め合わせた「ジェイズチョコレート」など、様々なシーンで選べる心ときめくチョコレートを多数用意する。 …

  • 2024.01.10

    イズミが長崎県大村市「ゆめマート新大村」をオープン、サクラミライ新大村の核テナント

    イズミは2024年3月7日(木)、長崎県大村市に「ゆめマート新大村」をオープンする。ゆめマート新大村は、「SAKURAMIRAISHIN-OMURA(サクラミライ新大村)」の核テナントとして、「まいにち、おいしい。まいにち、うれしい。」をキーワードに、日々の便利で快適なくらしを応援する食品スーパーとして“毎日通う楽しみ”を提供する。 また、安全・品質・鮮度にこだわった自社製造ブランド「zehi」の展開やミレニアル世代に人気のスイーツコーナーの拡充など、地域の皆さまに新しい“食”の価値を提案する。地域のお客により便利で快適なショッピング環境を提供するとともに、サステナブルな取り組みも進めていく。…

  • 2023.12.08

    イズミが2024年「ゆめタウン・ゆめマートの恵方巻」の予約受付を開始する

    イズミは、ゆめタウン・ゆめマートなど計100店舗およびゆめオンラインにて、「ゆめタウン・ゆめマートの恵方巻」の予約受付を2023年12月11日(月)から開始する。 恵方を向いて食すると吉がもたらされると云われる縁起物の「恵方巻」。今年の恵方巻は、毎年好評の「海鮮うず潮太巻」に11種類の具材を使用し、味も見た目も大迫力の1本に仕上げた。 また、昨年は1種類だった自社製造ブランド「zehi」の恵方巻を今年は2種類用意する。“zehi premium”に認定された「国産焼穴子の恵方巻」は活穴子の鮮度そのままに焼き上げた豊かな風味、「国産牛すき焼き巻」は自社製“熟成匠だし”で炊き上げた旨味たっぷりの牛…

  • 2023.11.24

    イズミが「ゆめモール山陽」をオープン、「ゆめタウン山陽」を建て替え、売りつくしセールも実施

    イズミが運営する「ゆめタウン山陽」は、1998年10月1日に「イズミ山陽店」として誕生以来、「ゆめタウン山陽」に名称を変えながら営業を続けてきた。今回、建物の老朽化や多様化するお客のニーズへのさらなる対応を図るため、店舗の建て替え工事を行う。 ゆめタウン山陽は 2024年1月14日(日)で一旦営業を終了する。差し当たって2023年12月8日(金)から 2024年1月14日(日)の期間、長年の感謝の気持ちを込めて売りつくしセールを開催する。 また、現在工事を進めている第3駐車場には、別棟を先行して新設する。女性専用フィットネス「カーブス」、携帯ショップ「ソフトバンク」が移転して、2024 年1月…

  • 2023.09.14

    イズミが『ゆめテラス祇園』を11月1日にグランドオープンすると発表

    イズミは、2023年11月1日(水)に、『ゆめテラス祇園』をグランドオープンする。1973年3月に、中国地方初、全国的にも珍しい郊外型大規模店『いづみ祇園ショッピングセンター』として誕生。『イズミ祇園店』、『ゆめタウン祇園』等に名称を変えながら営業を続けてきた。 2020年11月、お客と従業員の安全に考慮し建て替えを発表。2021年12月から同敷地内の仮設店舗にて食品スーパーを運営していたが、こちらの仮設店舗も2023年5月21日(日)をもって営業を終了。同年6月1日(木)には、新店舗にて2階食品館を先行オープンしている。 新しく生まれ変わった『ゆめテラス祇園』は、「日々の豊かさ、憩い、集い」…

  • 2023.07.19

    イズミがゆめタウン飯塚を福岡県飯塚市にオープン、飯塚市初のシネマコンプレックスを導入

    イズミは、2023年7月29日(土)、福岡県飯塚市に新たな商業施設『ゆめタウン飯塚』をグランドオープンする。 『ゆめタウン飯塚』は、穂波川に接する自然豊かな場所で、JR 飯塚駅から徒歩5分という駅前に位置し、主要幹線道路が交差する車でのアクセスにも恵まれ、筑豊エリアを含めた広域からの集客も期待できる立地。 今回、「待ち遠しい MIRAI を創ろう」をコンセプトに、地域の住民が集い、交流する開放的で明るい吹き抜けをはじめ、各フロアの特性に合わせたユニバーサルデザインを導入。 その他にも、飯塚市初のシネマコンプレックスや最新のデジタル技術を取り入れた次世代型テーマパークを導入し、新たな出会いと体験…

  • 2023.05.26

    イズミがゆめテラス祇園の2階食品館を先行オープン、3階フロアは2023年秋オープン予定

    イズミは、2023年6月1日(木)に、建て替えにより生まれ変わった『ゆめテラス祇園』の2階食品館を先行オープンする。無印良品やフードコートなどを展開する3階フロアは2023年秋オープンの予定だ。 ゆめテラス祇園は1973年3月に、中国地方初、全国的にも珍しい郊外型大規模店『いづみ祇園ショッピングセンター』として誕生以来、『イズミ祇園店』、『ゆめタウン祇園』等に名称を変えながら、営業を続けてきた。2020年11月、お客と従業員の安全に考慮し、建て替えを発表。 2021年12月から同敷地内の仮設店舗にて、食品スーパーを運営していたが、こちらの仮設店舗も2023年5月21日(日)をもって営業を終了し…

  • 2023.04.27

    イズミが『ゆめタウン 飯塚』を福岡県飯塚市にオープン、地域のMIRAIが生まれる交流拠点

    イズミは、2023年7月29日(土)、福岡県飯塚市に新たな商業施設『ゆめタウン 飯塚』をグランドオープンする。 福岡県の中央に位置する飯塚市は、「人が輝き、まちが飛躍する 住みたいまち 住みつづけたいまち」をまちづくりの基本目標に設定し、人口減少、少子高齢化、環境問題、高度情報社会などの諸課題に対応した、福岡県を牽引するリーダーの一つとなる都市を目指している。 『ゆめタウン飯塚』は穂波川に接する自然豊かな場所で、JR 飯塚駅から徒歩5分という駅前立地にあり、主要幹線道路が交差する車でのアクセスも非常に便利なロケーションに位置している。 また国道バイパスに近接しており、筑豊エリアを含めた広域から…

  • 2023.01.13

    イズミが「ゆめタウンのバレンタインチョコレート」販売開始、新登場の商品も種類豊富に揃える

    イズミは、ゆめタウン・ゆめマート・LECT 計 98 店舗にて、バレンタインチョコレートの販売を 1 月 13 日(金)から順次開始する。 イズミの今年の品揃えは、人気キャラクター「ちいかわ」チョコレートや、お世話になった方への感謝を伝える『ありがとうチョコ』として、一箱で 3 種のチョコが食べ比べできる「イッセキ、サンチョコ」など気軽に楽しめるチョコレートも用意。 また、百貨店で人気のゴンチャロフの「ソポ」など有名ブランドチョコレートがゆめタウンでも購入できる。その他にも自分への『ご褒美チョコ』として、ゴディバのメリーゴーランドをモチーフにしたパッケージのチョコレートアソートなど種類豊富に用…

  • 2022.12.08

    イズミが「ゆめタウン・ゆめマートの恵方巻」の予約を開始、「zehi」認定の恵方巻が初登場

    株式会社イズミは、ゆめタウン・ゆめマート・LECT 99 店舗およびゆめオンラインにて、「ゆめタウン・ゆめマートの恵方巻」の予約を12月12日(月)より開始する。 今年の恵方巻は、美味しさにさらに磨きをかけた商品をラインアップする。今年初登場の自社製造ブランド「zehi」に認定された「牛肉しぐれ巻き」は、自社製の熟成匠だしで国産の牛肉を柔らかく仕上げており、ナムルとの相性も抜群。 また昨年登場した「ローストビーフの恵方巻」はお肉の量を 1.4倍に増やし、食べ応えも美味しさもパワーアップしている。その他にも国産豚を使用したひれかつ万福巻や、毎年ご好評をいただいている贅を極めた天然本まぐろや北海道…

  • 2022.10.18

    イズミが「ゆめモール西条」をオープン、ゆめマート西条と中国地方初出店を含む22の専門店が揃う

    株式会社イズミは10月27日(木)、東広島市西条町に『ゆめモール西条』をグランドオープンする。広島県初の「ゆめモール型ショッピングセンター」で、広島県内で53店舗目(ユアーズ23店舗含む)、東広島市で5店舗目となる商業施設。 『ゆめモール西条』は、国道375号線沿いに位置し、近くには JR 西条駅や山陽自動車道の西条インターチェンジがあり、交通アクセスに便利な場所に位置。 食品スーパー「ゆめマート西条」を中心に、29の専門店が駐車場を取り囲むように並び、お客が目的とする店舗の近くに駐車できるオープンモール形式をとっているため、安全安心な環境、ショートタイムショッピングが可能。 10月27日(木…

  • 2022.09.07

    イズミがゆめモール西条を東広島市西条町にオープン、中国地方初出店を含む22の専門店を展開

    イズミは 2022年10月27日(木)、東広島市西条町に『ゆめモール西条』をグランドオープンする。 イズミグループにおいて広島県では53店舗目、東広島市では5店舗目となる予定。10月27日(木)のオープンでは、「ゆめマート西条」と中国地方初出店を含む22の専門店がオープン。2022年秋以降も段階的に7店舗がオープンし、2023年秋には合計29の専門店がオープンする。 「通う場所」×「出会う場所」×「憩う場所」をキーワードに、地域の生活拠点として、環境にやさしく、快適、便利、健康な暮らしを提供する地域密着型モールを目指す。 ①「通う場所」 :新鮮な生鮮食品やバラエティ豊かな惣菜を揃え“毎日通う楽…

1 2
1 2