物流

  • 2021.09.17

    イオングローバルSCMなど5社がAIを搭載した自動運転フォークリフトを活用した共同実証事業を開始

    大和ハウス工業とイオングローバルSCM、花王、日立物流、豊田自動織機の5社は、サプライチェーンの結節点であるトラックの積卸しを自動化するために、AI(人工知能)を搭載した自動運転フォークリフトの実用化を目指すと共に、荷主間の計画的かつ効率的なトラック運行を実現することでサプライチェーン全体の効率化・省エネ化に取り組む実証事業を9月から行うと発表した。 経済産業省資源エネルギー庁公募事業である令和3年(21年)度「AI・IoT等を活用した更なる輸送効率化推進事業」において、物流施設でのAIを搭載した自動運転フォークリフトなどを活用しトラック運行と連携させることで荷役効率化、物流効率化、省エネ化に…