ダイソーの大創産業が3ブランドのグローバル旗艦店を海外初出店、シンガポールに5月25日オープン

2022.05.16

大創産業は5月25日、シンガポールの中心地のジュロンポイントモールに大創産業の主要3ブランドのグローバル旗艦店として100円均一ショップの「DAISO」、300円均一ショップの「Standard Products by DAISO(スタンダードプロダクツ・バイ・ダイソー)」「THREEPPY(スリーピー)」をワンフロアに同時出店すると発表した。

シンガポールのジュロンポイント店は、銀座(東京・中央)にオープンしたマロニエゲート銀座店に続く3ブランドの同時出店の2号店、3ブランド同時出店は海外初となる。

シンガポールにはDAISOが 2002年、THREEPPYは 19年に出店を果たしている。現在、シンガポール国内には37店展開するまでになっている。

今回、3ブランド同時出店することで、最旬の品揃えで世界中のお客のあらゆるニーズに応えることを目指すという。

シンガポールを皮切りとして、今後、さらなる海外市場拡大を進めていくとしている

店舗イメージ(写真は東京・中央のマロニエゲート銀座店の様子)

「Standard Products」は今回、海外初出店となる。「ちょっといいのが、 ずっといい。」をコンセプトとしてベーシックで洗練されたデザインを大切にした生活雑貨のブランドとなる。リビング用品、食器などのテーブルウエア、トートバッグなどの服飾雑貨の他、日本の国内産業とコラボレーションした包丁や和洋折衷で使用できる食器など、日本と同じ製品をジュロンポイント店でも取り扱う。

品揃えする商品数は約2000で、ほとんどがオリジナル商品。カテゴリーを超えて質感を統一すると共にカラー展開も絞り込むことでコーディネートのしやすさ、そろえやすさを特徴としている。

環境に配慮した素材、サステナビリティと環境問題を意識した製品開発や店造りを目指すとしている。

価格帯は約6割の商品を5.8シンガポールドル(税込み6.21シンガポールドル)とし、その他を2~15.8シンガポールドル(税込み2.14~16.91シンガポールドル)と価格帯を広げている。

Standard Products商品イメージ

「THREEPPY」は「300円ではじまるハッピーな生活」をテーマに18年に展開を開始したブランドとなる。22年4月にはお客のさらなるニーズに応えることを目指して「あいらしい。そして私らしい。」をコンセプトにリブランディング。今回はリブランド後の海外初出店となる。

トレンドのグレーやピンク、ミントなどのくすみトレンドカラーを取り入れ、良質で心地よいデザインのアクセサリー、インテリア、食器、ファッション雑貨などを取り扱う。

現在、約2400品の約9割をオリジナル商品で占めるが、今後全商品のオリジナル化を目指している。価格帯は約7割の商品を5.8シンガポールドル(税込み6.21シンガポールドル)、 その他2~23.8シンガポールドル(税込み2.14~25.47シンガポールドル)と幅広く取りそろえる。

THREEPPY商品イメージ

ジュロンポイント店概要

所在地/Jurong Point Shopping Mall, 1 Jurong West Central, #03-37 JP1, Singapore 648886

グランドオープン日/2022年5月25日(現地時間、3店同時オープン)

営業時間/10時~22時(現地時間)

売場面積/DAISOジュロンポイント店(約935㎡)、Standard Productsジュロンポイント店(約251㎡)、THREEPPYジュロンポイント店(約209㎡)

お役立ち資料データ

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。