【終了】リテールDXソリューションカンファレンス

2020.07.30

更新:2021.02.02

このセミナーは終了いたしました。

いま、世の中にはDX(デジタルトランスフォーメーション)の文字があふれています。
「小売・流通業はDXが遅れている」などと言われることもあります。

「それは当然のことである」とも考えます。数多ある商品群とお客さまのマッチングの場である小売業は、日々、極めて複雑なことをしています。しかも、物量も相当な量に上ります。これをデジタルに置き換えるのは、大変に難しいことなのではないでしょうか。
さらに「いまある店の形」、つまり業務内容が、本当に適切なのかも分からないのです。
その意味では、「小売・流通業のDXは、まさにこれからが本番」とも言えるでしょう。

すでに新型コロナ問題発生以前から、小売・流通業のDXにはさまざまな議論がありました。
そして、今、新型コロナによる大きな変化が小売・流通業界を包み込んでいます。

今回、株式会社ロコガイドは、DXを推進している小売企業さま、それを支援している企業さまとともに「小売・流通業に特化した」DXカンファレンスを開催します。新型コロナ時代の小売・流通業(リテール)DXの方向性と、そのソリューションについて、
複数のセッションを通じてご提示できればと思っています。
ぜひ、ご参加をお願い申し上げます。

株式会社ロコガイド『リテールガイド』編集長 竹下浩一郎

プログラム

13:05  基調講演① 
13:45  トークセッション① 
14:25  休憩(10分)
14:35  トークセッション②
15:15  トークセッション③ 
15:55  休憩(10分)
16:05  トークセッション④ 
16:45  基調講演② 

開催概要

基調講演①

無人決済店舗の実証実験が、リテール業界でも進んでいます。
その実証実験を進める中で、どんなことが分かってきたのか?
今まさに高輪GW駅の無人決済店舗「TOUCH TO GO」を推進される阿久津社長と
元イオン取締役の高橋社長ともに小売アップデートの可能性を探ります。

トークセッション① 

OMO(Online Merges with Offline)について多くの知見を持つ、オプトにてオムニチャネルイノベーションセンター本郷様と大手流通アプリ開発でも実績豊富なアイリッジOMOソリューション本部長石永様、さらに開発不要でネットスーパー立上げ可能な「Stailer」運営の10X矢本様を迎えて、明日からできる工夫を中心にセッションします。

トークセッション②

混沌とするリテールの店舗販促において、AI・データ活用によってどのように最適化ができるのか?をAIソリューション提案を推進するABEJA菊池様とフェズ豊木様、またメーカー視点からサントリー内藤様をお迎えして話をいたします。

トークセッション③ 

リテール現場には、雑多な業務や、販促や売上など様々なデータの点在など非常に業務効率の悪い環境が多く見られます。
店舗運営の効率化のために、いかに業務を省力化し簡単にするのか、また、いかにデータを有効活用するかなどが重要となってくるなかで、ソリューション提供する3社にてそのコツをお話します。

トークセッション④ 

様々な部署で、最適化できる箇所は多くリテール業界にはあります。その中でも、労務・経理・法務など重要なバックオフィス業務もDX推進することで業務推進に大きな変化を起こすことが可能です。各専門領域のスペシャリストとともにDX推進についてセッションします。

基調講演②

ビジネスプロセスを変革するRetail 2.0が注目を集めている。
実際のレジの自動化など、DX推進に取り組まれているカスミ山本社長とともに、
経営に生かすべき、ポイントや必要なるリソースについてお話をします。

ご注意

セミナー内容は予告なく変更になる場合がございます。
配信内容の録画、録音、撮影については禁止とさせていただきます。
本セミナーの無断での記事配信はお断り致します。
環境によっては映像や音声が乱れる場合もございます。予めご了承ください。
タイムスケジュールは目安となり、予定時刻が前後する可能性がございます。予めご了承ください。
ご登録いただいた情報から、個別でコンタクトさせていただく可能性がございます。予めご了承ください。

お役立ち資料データ

  • 顧客を知り尽くした究極の1to1マーケティングとは

    今の時代消費者は”個人”を中心に動いています。 コロナを経て、「ニューノーマル」といわれる現在、日常生活におけるオンライン時間は急激に増えています。多くの製品をインターネットで見つけることができ、購買に至るまでの検討期間が長くなっています。さらに簡単には店舗来店がなく、直接接客も難しくなっています。個人の行動をリアルタイムに把握しなければ、本当に顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉えることは難しいのではないでしょうか。 では、どうすれば企業は顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉え、コミュニケーションを図ることができるのでしょうか? 本資料では、どのようにお客様の行動を理解し、オンラインとオ…

  • 小売業が顧客体験戦略を進化させるための4つのテーマとは?

    新型コロナウイルスの拡大により、ブランドや小売業者が急ぎ導入した短期的なソリューションは、ショッピング体験に大きな影響をあたえています。結果として、消費者はこれまでにないほど多数のチャネルと選択肢を持ち、小売業者に対して高い期待を抱くようになりました。 Salesforceでは、高まる消費者の期待と小売業界の置かれた現状を分析。世界1,600人の消費者と、1,000人以上の小売業界幹部に調査を実施した結果、以下のことが明らかになりました。 ●顧客対応に関する消費者の期待は増々上がっている ●ブランドを差別化するための新たなポイントはロイヤルティ ●ブランドや小売業者は、顧客体験戦略を進化させつ…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …

セミナー