カインズが、店舗とオンラインが融合した「場」として「Cainz DIY Square」をスタート

2022.04.22

2021.11.04

カインズは、店舗とオンラインが融合したコミュニティの「Cainz DIY Square」を本格的にスタートさせると発表した。

DIY(ドゥ・イット・ユアセルフ)に取り組む人が、自分らしい「くらし」と出会い、毎日を明るく楽しいものにすることを目指す「DIYer100万人プロジェクト」の一環として、DIYer同士の交流の促進を目指す。

カインズは、「DIYをライフスタイル(生活文化)にする」ことを目指す「DIYer100 万人プロジェクト」の新たな取り組みとして、DIYに取り組む人が持つ困りごとを解決し、自分らしい「くらし」と出会い、毎日を明るく楽しいものにできるように、「店舗とオンラインを融合させたDIYコミュニティづくり」を進めてきた。

今回の「Cainz DIY Square」はその総称となる。カインズのDIYが楽しめる空間やDIYを楽しむ仲間とのコミュニケーションの「場」として、カインズのDIYプラットフォームとなる。

今回、本格的にスタートする「オンライン」を担うコミュニティサイトは、「カインズの店舗が近くになくてワークショップへの参加が難しい」「DIYに関する質問がもっと気軽にできるとうれしい」などといったDIYにまつわるお客の悩みを、デジタルを活用した取り組みで解決できないかとの考えから始めたものだ。

「きいて」「つくって」「つながって」「たのしむ」という4つのコンセプトを取り入れたコンテンツを通じてDIYの楽しさを伝え、DIYer同士の交流を深めることを目指す。

コミュニティサイトで展開されるコンテンツとしては、例えば、「DIY トーク」ではDIYの疑問を、DIYerをサポートするカインズDIYの体現者「DIYキャプテン」やDIY仲間に質問して解決したり、DIYに関して気軽に会話することができる場。チャット感覚で楽しんでもらうことを想定する。

「作品投稿」は、カインズのワークショップに参加して作った作品や自宅で作成したオリジナルのDIY作品を自由に投稿できる場。DIYer仲間の作品投稿に「いいね!」をし合えるコンテンツ。

「DIYレシピ」は、オリジナル作品の作り方を共有できる場。オリジナル作品の制作過程などをシェアすることができる。DIYキャプテンをはじめとするカインズのメンバーも参加し、カインズオリジナル作品の作り方などの役立つ情報を定期的に配信する。

DIYにおけるリアルとオンラインの「新たな融合の姿」を目指す

カインズとしては現在、店舗で展開を進める「オフライン」の「工房」と今回、本格的にサービスを開始する「コミュニティサイト」のオフラインとオンラインを融合させた「場」として「Cainz DIY Square」を提供することでDIYer同士の交流を促進し、DIYで得られる新しい体験や価値観をさらに豊かなものとし、お客1人1人の自分らしい「くらし」の実現をサポートする。

DIYキャプテンからアドバイスを受けることができたり、ワークショップに参加して技術を磨いたり、オリジナル作品の作り方をシェアしてつながったりすることを想定する。

店舗でワークショップへの参加したり、「くらし」の中でのさまざまな体験をオンラインコミュニティで共有したりすることで新たなつながりを生み出すといった、DIYにおけるリアルとオンラインの「新たな融合の姿」を目指す。

店舗ワークショップへの参加、コミュニティでの活動によってDIYポイントが貯まるDIYポイント・ランク機能も設けた。累計ポイントに応じてランクアップし、ランクに合わせた特典を受けることができる。

新規登録キャンペーンとして11月1日~11月30日までにオンラインコミュニティ「Cainz DIY Square」に登録すると新規登録ポイントとして「1000DIYポイント」が付与される。7月1日~10月31日に登録した人にも「THANKSポイント」として「1000DIYポイント」が付与される。

また、期間中に登録した人の中から抽選で「kumimoku工具箱」を100人にプレゼントするキャンペーンも展開する。

お役立ち資料データ

  • 顧客を知り尽くした究極の1to1マーケティングとは

    今の時代消費者は”個人”を中心に動いています。 コロナを経て、「ニューノーマル」といわれる現在、日常生活におけるオンライン時間は急激に増えています。多くの製品をインターネットで見つけることができ、購買に至るまでの検討期間が長くなっています。さらに簡単には店舗来店がなく、直接接客も難しくなっています。個人の行動をリアルタイムに把握しなければ、本当に顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉えることは難しいのではないでしょうか。 では、どうすれば企業は顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉え、コミュニケーションを図ることができるのでしょうか? 本資料では、どのようにお客様の行動を理解し、オンラインとオ…

  • 小売業が顧客体験戦略を進化させるための4つのテーマとは?

    新型コロナウイルスの拡大により、ブランドや小売業者が急ぎ導入した短期的なソリューションは、ショッピング体験に大きな影響をあたえています。結果として、消費者はこれまでにないほど多数のチャネルと選択肢を持ち、小売業者に対して高い期待を抱くようになりました。 Salesforceでは、高まる消費者の期待と小売業界の置かれた現状を分析。世界1,600人の消費者と、1,000人以上の小売業界幹部に調査を実施した結果、以下のことが明らかになりました。 ●顧客対応に関する消費者の期待は増々上がっている ●ブランドを差別化するための新たなポイントはロイヤルティ ●ブランドや小売業者は、顧客体験戦略を進化させつ…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …