アマゾンジャパンがロッカーを羽田空港に設置、隔離措置の入国者が入国時に非接触で商品受け取り

2022.01.13

アマゾンジャパンは1月13日、日本空港ビルデングと東京国際空港ターミナルとのパートナーシップの下、羽田空港第3ターミナルに「Amazonロッカー」を3台設置し、サービスを開始した。

現在、海外から日本に入国する場合、日本政府が定める規定による予防措置として日本国の指定する国・地域からの入国者に対して、宿泊施設で待機するなどの隔離措置が講じられている。

そこで、海外からの入国後、宿泊施設での隔離を要請された人を対象に、ネットサイト「Amazon.co.jp」で注文した商品を入国時に受け取れるようにした。受け取りはあくまで検疫所が確保する施設に向かう前となるが、商品を非接触で受け取る拠点としてロッカーを活用した形だ。

アマゾンジャパンアマゾンロジスティクス事業本部長のアヴァニシュ・ナライン・シング氏は次のようにコメント。

「日本全国、数千カ所に、Amazonロッカーを設置し、お客さまに便利で安全かつシームレスな受け取り体験を提供しています。羽田空港にロッカーを3台設置することで、入国者は隔離期間前に注文した物資を便利に受け取ることができるようになります。今後も、 Amazonロッカーのネットワークを日本全国に拡大し、お客さまに迅速かつシンプルで安全な商品の受け取り方法を提供していく中で、より多くの企業と協働できることを楽しみにしています」

商品を受け取る際は、まず、「Amazonショッピングアプリ」のインストールが必要となる。その後、「Amazon.co.jp」で商品を注文した際の受取先を空港内のロッカーに設定。ロッカーの名前は、「Sun」「Mercury」「Mars」で、羽田空港内の同じ場所に設置されている。

ロッカーへの配達が完了するとお客に受け取り準備完了の通知メールが送信され、お客は空港到着後、メールの「ピックアップを開始」をクリックして進めるとロッカーが遠隔で開き、商品を受け取ることができる。

Amazonロッカーは、お客に究極の利便性を提供するために設計されたアマゾンの荷物受け取りネットワークの一部。目下、コンビニや駅、スーパーマーケットなど、お客が日常的に利用する場所への設置が進んでいる。

配送可能な商品は、Amazon.co.jpで販売されている数百万点に及び、通常配送の他、お急ぎ便にも対応している。

お役立ち資料データ

  • 無駄なアナログ業務をなくして販促活動の生産性を上げる方法とは?

    提供 : 株式会社SPinno 販促活動におけるデジタル施策やツールが充実する一方で、既存のアナログ業務が変わらず残り続けるために、以前にも増して業務負担が増えている販促担当者は多いのではないだろうか。 本資料では、販促活動における無駄なアナログ業務をなくし、販促担当者が本来やるべき販売促進、営業支援などに集中するための方法について解説していく。 ・現場からの依頼への対応に追われている ・企画の振り返りができていない ・本来やりたい業務に集中できていない こういった悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 販促業務におけるDX推進の現状と課題とは?

    提供 : 株式会社SPinno ビジネスにおける競争優位を築くため、AIやIoTなど最新のデジタル技術を活用してビジネスモデルや組織を変革する、DX (デジタルトランスフォーメーション)への対応は業界業種問わず必要不可欠のもになってきている。 本資料では、改めて、DXとは何か?DXの取り組み状況などをデータを元に解説し、特に販促業務におけるDXにフォーカスしていかにDXを推進していくかについて解説をしていく。 ・DXの概要や現状を基礎から知りたい ・DX推進のポイントが知りたい ・販促活動のDXに興味がある  上記のような悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。