原信安曇野店が5月28日オープン、長野県6店目、安曇野市へは初出店

2022.05.16

原信は5月28日、長野県安曇野市への初出店となる安曇野店をオープンする。長野県出店6店目、中信地域へは初めての出店となる。

なお、同店のオープンで原信は67店体制となる。長野県の他、新潟県は58店、富山県は3店。グループではナルス13店、フレッセイ51店と合わせ、アクシアル リテイリンググループのスーパーマーケットは131店体制となる。

南花見田開発(長野県安曇野市)がデベロッパーとなるショッピングセンター(SC)のあづみ野インターパークの核店としての出店。

SCテナントは順次オープンの形を採り、5月26日のドコモショップのオープンに続いて、28日に原信とコインランドリーがオープン、その後は飲食の牛角、三宝亭が7月中旬、ホームファッションのニトリが8月中旬にオープンを予定している他、家電専門店のケーズデンキ、ホームセンターのコメリは未定となっている。

SCとしてはネイバーフッドに位置づけられるといえるが、家電専門店やホームセンターなど比較的広域集客が見込めるSCとなる。

原信の売場面積は685.8坪と大型。他社が開発したSCのため、土地は賃借、建物自社所有となっている。

マーチャンダイジングでは、「日本海魚市場」として日本海から近海魚を豊富に品揃えするなど、海なし県の長野県ということもあってか鮮魚で強みを打ち出す。

また、「魚菜屋」として、入荷した新鮮な魚介をそのまま店内で調理した「お魚のお惣菜」を展開する他、「ミートデリ」として店内調理の肉惣菜も展開する。

惣菜では「てっぱん屋」として焼きそば、お好み焼き、鉄板卵焼きなどを店内の鉄板で製造し、出来たてを提供する。

インストアベーカリーでは専用窯で焼き上げた本格ナポリピザや柔らかく香ばしい店内製造の食パン、自家製濃厚とろけるプリン「とろぷり」を展開。

また、継続的に取り組んでいるサラダの集積売場の「365×3サラダライフ」を設け、「毎日が楽しくなるサラダライフ」を提案。

惣菜やベーカリーなど店内で購入した商品を飲食したり、友人などと語らいの場としても利用できたりするカフェコーナーを48席設ける。カフェコーナーはWi-FiSPOTとしている。

地元対応としては、地元菓子店の和洋菓子や地元のみそ漬け、豆腐など、地元の味の品揃えに努める。

その他、サービス面では他の店同様、レジでの袋詰めサービスを実施。お客のショッピングバックやマイバスケットにも対応する。

また、原信ナルスアプリとしてクーポンや買物情報の配信、ネットショッピングも利用可能。安曇野店限定の企画も実施するという。

原信安曇野店概要

所在地/長野県安曇野市豊科田沢6172

オープン日/2022年5月28日

営業時間/9時~22時

駐車台数/769台(SC全体)

敷地面積/6万4755㎡(SC全体)

建物面積/2万2244㎡(SC全体)

店舗面積/2267.4㎡(685.8坪、原信)

店長/高野 淳

お役立ち資料データ

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。