マックスバリュ平塚河内店がリフレッシュオープン、じもの商品を拡充し季 節感のある売場を展開

2022.06.09

マックスバリュ東海は、6月10日(金)AM 7 : 00 時、マックスバリュ平塚河内店をリフレッシュオープンする。

マックスバリュ平塚河内店は、2006年4月に開店。今回のリニューアルでは、”地域のお客さまから『買い物に行って良かった』と思って頂けるお店づくりをしよう”を店舗コンセプトに、売場、設備を刷新する。

リフレッシュオープンする、マックスバリュ平塚河内店では、じもの商品(地域商品)を拡充し、季節感のある売場展開。普段使いの商品からこだわりの商品まで、多様なニーズに応えていく。

また、健康的な食生活を提案する「ちゃんとごはん」による商品提案、メニュー提案に注力していく。

マックスバリュ平塚河内店の特徴

「じもの」商品を拡充

地場野菜や地域の銘産品などを集めた「じもの」コーナーを充実させ、生産者から直送の新鮮な野菜・果物のほか、日配品、加工品など、安全・安心、新鮮な
地元商品を多数品揃える。

地域で生産されたものを地域で消費する「地産地消」を推進し、神奈川県産品の「おいしさ」や「素晴らしさ」を再発見する機会を創出する。
いただく機会を創出いたします。

デリカ売場で出来立てをタイムリーに

デリカ売場では、昼食や夕食の時間帯に合わせて出来たての商品をタイムリーに提供。店内で焼き上げる焼き鳥、てづくりおむすび、鉄板焼き、サラダ、冷惣菜やお寿司などの品揃えを充実させる。

また、小容量など買いやすい量での品揃えの充実を図る。

多様なニーズに対応した商品

簡便・即食・時短などに対応する半調理品やレトルト商品、冷凍食品を拡充。

また、健康を意識した食材や商品の提案など、お客さまのニーズに
対応した商品の充実を図る。そのほか、欲しい量を欲しい分だけ購入できるよう、小容量や食べきりサイズの充実も図っていく。

キャッシュレスセルフレジの導入

キャッシュレスセルフレジを8台導入。レジの待ち時間軽減や接触時間の軽減に加え、現金に触れることなく会計ができるなど、新型コロナウイルスが蔓延する状況で求められる、非接触のニーズにも対応していく。

※上記画像は全てイメージ

店舗概要

■店舗名:マックスバリュ平塚河内(ひらつかこうち)店
■住 所 神奈川県平塚市河内128 -1
■電話番号:0463-36 -6860
■開店日:2022年6月10日(金)7時開店
■営業時間:24時間営業
■駐車台数:94台
■直営売場面積:2,123㎡

お役立ち資料データ

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。