米国コカ・コーラとアマゾン・ウェブ・サービスが非接触の飲料ディスペンサーを開発

2020.10.28

画像はアマゾン・ブログより

米国のコカ・コーラとアマゾンのクラウドプロバイダーであるアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)は、お客のスマホを用いることで、機械自体には触ることなく飲料を買える飲料ディスペンサーを開発した。

2009年から世界17カ国で展開されているコカ・コーラの飲料ディスペンサーの「コカ・コーラ・フリースタイル」は商品選択などにタッチスクリーンが用いられていて、味を組み合わせるなど200以上のコカ・コーラ飲料の選択肢を提供することが可能だ。

今回、タッチスクリーンにすら触らないような「完全な非接触」を実現するためにコカ・コーラはAWSと組み、お客自身のスマホでマシンを動かす技術的ソリューションを開発した。新型コロナウイルスのパンデミックの中、コカ・コーラ・フリースタイルのチームは初期のコンセプトが完成後からわずか100日間、しかもほとんど自宅での作業でマシンのコードを開発、テスト、展開まで持っていったという。

コカ・コーラ・フリースタイルの「モバイル端末で注ぐ」ソリューションは、コカ・コーラ・フリースタイルのマシンのインターフェースをスマホにそのまま移植したようなものになっている。しかも、アプリのダウンロードやアカウントへのサインインも必要なく、お客は単にマシンに掲示してあるQRコードをスキャンするだけで、マシンのインターフェースがスマホに映し出される。

それぞれのスマホが適切なマシンにつながっている、在庫があるフレーバーだけが選択画面に表示される、スマホのボタンを押すと注がれ、離すと止まるといったことは全てクラウド上で行われている。これについては、リアルタイムに近づくことが必要で、結果としてお客がスマホの「注ぐ」ボタンから手を離すと即座にマシンが注ぐことを止めることで、あふれ出ることがないようにしているという。

すでに3万以上のマシンが非接触に対応可能であり、2020年末までにアメリカの全フリースタイルのマシンが非接触対応する予定。続いて、今回の技術の世界展開も視野に入れているという。

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」