紀ノ國屋が、店内で育てられるInfarm(インファーム)のハーブ・野菜を日本第1号として販売開始、アジアでも初展開に

2021.01.20

2021.03.12

世界で急成長しているベルリン発の都市型農場野菜のプラットフォーム「 Infarm(インファーム)」が1月19日、アジア初の展開として紀ノ国屋インターナショナル(青山店)での販売を開始した。今後順次、Daily Table KINOKUNIYA西荻窪駅店(東京・杉並)、サミットストア五反野店(東京・足立)での販売を開始していく。3店舗に加え、4月までに首都圏での複数店舗の展開も予定している。

東京都内3店舗のスーパーマーケットを皮切りに、アジア初の出店地として日本での展開を開始。紀ノ国屋インターナショナル(青山店)では1月19日から店内に設置された「ファーム(畑)」で栽培されたハーブの販売を開始した。紀ノ國屋では1月23日からDaily Table KINOKUNIYA西荻窪駅店での販売も開始する。

紀ノ国屋インターナショナル(青山店)では、イタリアンパセリ、イタリアンバジル、ミント、パクチーのハーブ4種を取りそろえる。

Daily Table KINOKUNIYA西荻窪駅店では、葉物野菜をミックスした「サラダブースター」3種を展開する予定。「ニュートリショナルサラダブースター」は、ゴールデンスベリヒユ、スカーレットケール、トスカーナケール、「スプリングサラダブースター」は、レッドソレル、赤水菜、赤からし菜、「スパイシーサラダブースター」は、ワサビルッコラ、クレソン、赤からし菜を組み合わせている。

なお、26日から販売を開始するサミットストア五反野店では、イタリアンバジルとパクチーに加え、パリッとした食感とクリーミーな味わいが特徴のクリスタルレタスを販売する予定。

インファームのハーブ、野菜は、普段の料理に活用するだけでなく、生のまま料理の仕上げに加えたり、さまざまな用途で利用することができる。

各店舗にはインファームの担当者が定期的に訪れ、店内で育った野菜を根が付いたまま収穫し、次のサイクルのために新しい苗を植える。生産地から消費地までの輸送距離を最短にすることで、栄養素と風味に満ちた最も新鮮な状態での購入が可能となる。購入後は2cm 程度の水を入れた容器に根を浸し、高温多湿を避けて保存すれば生き生きした状態を保つことができる。

土壌ベース農業と比較して土地、水、輸送距離を9割以上削減

インファームは13 年、最先端のR&D(研究開発)、特許技術、先進的な学際的チームによって、都市の自給自足を支えると共に、食料の安全性、品質、環境フットプリントを大幅に改善するというミッションに基づいてオスナット・ミカエリとエレズ・ガロンスカ、ガイ・ガロンスカの兄弟によって設立された。

店内および近隣地域で農作物を栽培・収穫することによって日本および他のすべての市場における食品廃棄物の削減に向けて、積極的な貢献を目指している。また、同社は水耕栽培事業として最初のグローバルGAP認証を取得。

農業技術としては屋内垂直農法を採用し、高効率の垂直農法ユニットと最新のIoT(モノのインターネット)技術および機械学習を組み合わせ、最適な量の光、空気、栄養素を備えるエコシステムを形成。各ファームはクラウドベースのプラットフォームに接続され、遠隔的にコントロールされている。プラットフォームではそれぞれのハーブ、野菜が常に最良な状態で成長するように、継続的に学習、調整、改善を繰り返す。

世界10カ国および30の都市で事業を展開し、土壌ベースの農業に比べて土地を99.5%、水を95%、輸送距離を90%、それぞれ減らすことができ、化学農薬を使用せずに毎月50万本以上のハーブ・野菜を収穫している。農業の新しいスタンダードを構築することで、これまで4000万ℓ以上の水、5万㎡の土地を節減することに成功しているという。

お役立ち資料データ

  • 無駄なアナログ業務をなくして販促活動の生産性を上げる方法とは?

    提供 : 株式会社SPinno 販促活動におけるデジタル施策やツールが充実する一方で、既存のアナログ業務が変わらず残り続けるために、以前にも増して業務負担が増えている販促担当者は多いのではないだろうか。 本資料では、販促活動における無駄なアナログ業務をなくし、販促担当者が本来やるべき販売促進、営業支援などに集中するための方法について解説していく。 ・現場からの依頼への対応に追われている ・企画の振り返りができていない ・本来やりたい業務に集中できていない こういった悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 販促業務におけるDX推進の現状と課題とは?

    提供 : 株式会社SPinno ビジネスにおける競争優位を築くため、AIやIoTなど最新のデジタル技術を活用してビジネスモデルや組織を変革する、DX (デジタルトランスフォーメーション)への対応は業界業種問わず必要不可欠のもになってきている。 本資料では、改めて、DXとは何か?DXの取り組み状況などをデータを元に解説し、特に販促業務におけるDXにフォーカスしていかにDXを推進していくかについて解説をしていく。 ・DXの概要や現状を基礎から知りたい ・DX推進のポイントが知りたい ・販促活動のDXに興味がある  上記のような悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。