そごう・西武がネットで注文による宅配サービス「e.デパチカ西武池袋本店」を開始

2022.04.21

2021.02.26

そごう・西武は2月26日から、百貨店のデパ地下惣菜・弁当の配達を実施、実証実験を開始した(https://www.sogo-seibu.jp/ikebukuro/topics/page/1507709.html)。セブン&アイグループが先行して取り組む「ラストワンマイル」の宅配網を利用することでサービスの飛躍的な拡充を図るとしている。

今回は第一歩として、既存の宅配サービス注文システムに出店する形で実施。西武池袋本店に出店する約80ブランドから一度に複数のカテゴリー、ブランド、メニューから選んだ形で注文ができ、西武池袋本店から2km圏内の場合、最短45分で即日配送、日時指定予約配送で届ける(西武池袋本店から半径2km以上、もしくは大口注文時や複数ブランドまとめての購入時、商品欠品時などの場合には最長で90分以内での配達を目指す)。

対象地域は西武池袋本店から半径3km圏+アルファの豊島区全域と文京区、板橋区、練馬区の一部。今回の取り組みを皮切りに、「新たなデパチカ宅配ビジネスモデル」に取り組む。

新型コロナウイルスの影響を受け、昨今さらに高まる食のラストワンマイル需要に対して、百貨店としてデパ地下惣菜や弁当の宅配ニーズに応えると共に、利便性の向上によって、 商圏の拡大と深耕を目指すことで新規客の獲得を目指す。

セブン&アイのプラットフォーム活用した構築目指す

今回は受注部分を宅配サービス出前館への出店によって対応するが、今後はセブン&アイグループのラストワンマイルのプラットフォームを活用した独自の受注宅配サービスシステムを構築する予定。さらに宅配までのオペレーションを整備し、届けるまでの時間短縮やより利便性の高いサービスの拡充を目指す。

利用に当たっては、送料を除いて税込み1500円からの対応となり、送料として税込500円がかかる。支払い方法はクレジット決済(VISA、Master、JCB、AMEX、Diners)。注文受付時間は9時45分~18時30分、宅配時間は11時~20時となる。

西武池袋本店の「e.デパチカ事務所」が受注し、注文確定と同時に自動的に7&iオペレーターに連動。配送時間までに配達担当者を手配する。

売場では受注担当が注文票を確認し、集荷担当者が西武池袋本店の食品売場から各ブランドと連携し、商品をピックアップ。その後、配達担当者(外部委託)に商品を引き渡し、注文者に届けるという流れになる。

注文できる商品は食品売場の和・洋・中華惣菜、弁当、スイーツ、チーズ、ワインなど約80ブランド、250種類(随時追加予定)。サービス開始記念特典として3月31日まで、出前館で初めて注文の場合、先着3000人限定で税込2000円以上の注文で1500円値引きする。また、同じく3月31日までは税込み1500円以上の注文でもれなく送料無料とする。

展開商品例(画像はイメージ)

柿安ダイニング/KINGガーリックシュリンプ200g(1874円、総額、以下同)
RF1/RF1の30品目のサラダセット(1788円)
人形町今半/黒毛和牛盛り弁当(2332円)
聘珍樓/惣菜三点盛合せ(1296円)
ガヤ/カ・マルカンダ・プロミス750mm(6600円)
ムッシュムーセレクション/パーティーチーズセット(1944円)
セバスチャン・ブイエ/マカロン 6個入(1684円)
ブールミッシュ/バスク風チーズケーキ(518円)

お役立ち資料データ

  • 顧客を知り尽くした究極の1to1マーケティングとは

    今の時代消費者は”個人”を中心に動いています。 コロナを経て、「ニューノーマル」といわれる現在、日常生活におけるオンライン時間は急激に増えています。多くの製品をインターネットで見つけることができ、購買に至るまでの検討期間が長くなっています。さらに簡単には店舗来店がなく、直接接客も難しくなっています。個人の行動をリアルタイムに把握しなければ、本当に顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉えることは難しいのではないでしょうか。 では、どうすれば企業は顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉え、コミュニケーションを図ることができるのでしょうか? 本資料では、どのようにお客様の行動を理解し、オンラインとオ…

  • 小売業が顧客体験戦略を進化させるための4つのテーマとは?

    新型コロナウイルスの拡大により、ブランドや小売業者が急ぎ導入した短期的なソリューションは、ショッピング体験に大きな影響をあたえています。結果として、消費者はこれまでにないほど多数のチャネルと選択肢を持ち、小売業者に対して高い期待を抱くようになりました。 Salesforceでは、高まる消費者の期待と小売業界の置かれた現状を分析。世界1,600人の消費者と、1,000人以上の小売業界幹部に調査を実施した結果、以下のことが明らかになりました。 ●顧客対応に関する消費者の期待は増々上がっている ●ブランドを差別化するための新たなポイントはロイヤルティ ●ブランドや小売業者は、顧客体験戦略を進化させつ…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …