三越伊勢丹が「伊勢丹新宿店」にてロボットを活用した新しい顧客体験の提供を開始

2021.03.11

出所:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001662.000008372.html
※画像はイメージ

IGP ROBOTICSと三越伊勢丹の協業第2弾

ロボットを活用したソリューションの企画・開発などを行うIGP ROBOTICSと三越伊勢丹が協業。3月10日(水)から4月6日(火)、 伊勢丹新宿店本館6階 玩具売場にて、 ロボットを活用した新しい顧客体験創出のトライアルを開始した。

IGP ROBOTICSと三越伊勢丹は、ロボットを活用したBtoB領域のソリューション開発において共同で開発・展開を行っており、今回の協業ソリューション展開は第2弾になる。

第1弾のソリューションとしては、 2020年12月1日(火)~25日(金)の期間に、 三越伊勢丹プロパティ・デザインが運営する「FOOD & TIME ISETAN YOKOHAMA」にて、検温・案内機能を持つAI(人工知能)コミュニケーションロボット「Cruzr Anti-Epidemicモデル(UBTECH社製)」を設置し、コロナ禍における安心・安全な環境提供をロボットにて行った。

第2弾の取り組みでは、21年3月10日(水)~4月6日(火)の期間、伊勢丹新宿店本館6階 玩具に、おすすめ知育玩具売場を用意。そこでロボットが子どもの対象年齢に合わせて、知育玩具を中心に動画やコメントで紹介するものだった。

出所:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001662.000008372.html
※画像はイメージ

今回玩具売場に置かれるAIコミュニケーションロボットは、 UBTECH社製の「Cruzr Standardモデル」で、日本語での会話に加え、 ダンス、 動画、 音声などのエンタメ機能を搭載しており、海外では小売店、ホテル、空港、博物館などで、多くの活用実績があるロボットとなる。

出所:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001662.000008372.html

IGP ROBOTICSと三越伊勢丹は、この「Cruzr Standardモデル」のAIコミュニケーションロボットを活用して新しいエンターテインメントを創出を目指す。

【期間】3月10日(水)~4月6日(火)平日:13~15時、 土日:11~16時 ※時間帯は、 多少前後する可能性もある

【場所】伊勢丹新宿店 本館6階 玩具
【ロボットの機能】簡単な会話やダンスでコミュニケーションを取る他、 子どもの対象年齢ごとに、 知育玩具を中心に動画やコメントで紹介
【紹介コンテンツ】0~1歳:3点、1~2歳:4点、2~3歳:4点、3~4歳:4点、 子どもから大人まで:8点、オススメ知育玩具:9点

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」