低価格を武器に首都圏深耕。「オーケー平塚店」オープン。伊勢原に次ぐ西端への出店。

2022.04.12

2021.03.22

オーケーは3月16日、神奈川県平塚市に平塚店をオープンした。ワンフロアで売場面積619.35坪の食品主体の店だが、同社では比較的大型の「ディスカウントセンター」フォーマットに位置づけられる。

国道16号の内側を主要な出店エリアとする同社からするとやや西側に位置し、伊勢原店(神奈川県伊勢原市)に次ぐ西端の店となる。

JR平塚駅から約500m、徒歩で6分程度歩いた、駅前商店街を抜けた場所に立地する2階建ての建物への出店で、楽器店やフィットネスなどと商業施設を形成。駐車場は79台で店の規模からするとやや少な目という印象だが、一方で、自転車での来店が多く見込める立地であるという。

ワンフロアで売場面積をしっかり確保

「高品質・Everyday Low Price」を経営方針とするオーケーらしく、低価格商品が並ぶが、平塚店では特にポイント、ポイントで地域の商品を差し込んでいることが特徴。

青果では、ホウレンソウ、レタスなど地元神奈川県産の商品を展開する他、トマトでは地元平塚市で海洋深層水を使用して栽培している清水農園の「湘南のきらめきトマト」、かんきつ類では神奈川県が開発した品種のである「湘南ゴールド」などを品揃えしている。

湘南ゴールドは、ゴールデンオレンジ(黄金柑)と温州みかんを交配した品種
平塚市の清水農園で生産される「湘南のきらめきトマト」。海洋深層水を使用して栽培している

鮮魚でも佐島漁港の魚、神奈川県産の海藻などを単店、あるいは近辺の店限定で差し込んでいる。

売場は四角形の一角に突き出たスペースがある「L字型」のような形となっていて、その突き出たスペースを活用して広い冷凍食品売場を確保している。

突き出た部分を活用して平ケースをリーチインケースが両側から囲むような広大な冷凍食品売場を設置。平ケースの上では関連販売で非食品を売り込む

もともと同社では、極力ワンフロアの中での売場を広げることを重視しているといい、平塚店でも生鮮や惣菜のバックヤードは全て2階に設けその分売場を確保。約620坪の売場を生かしたダイナミックなフェーシングによる売り込みが多数みられる。

グロサリーでは特にケース売りが目立つ。ゴンドラの下段の他、スペースを活用して売り込む

昨今の特徴としては、非食品の売場をしっかり確保していることが挙げられる。一時期、非食品の売場を狭くしたこともあったが、改めて広くしている。特に新型コロナウイルスの影響もあり、買い回りを控えることでワンストップショッピングの重要性が高まっていることから、これは集客にも影響しそうだ。

平塚店でもスーパーマーケットとしての非食品の品揃えをしっかり確保している他、第2類、第3類の医薬品売場も設けている。

第2類、第3類医薬品を販売する医薬品コーナー
青果ではカット野菜なども販売。下段はケース陳列としている。最近のオーケーでは青果は平台を用いず、壁面の冷蔵ケースを主体とするスタイルが定着している。一部根菜類などは壁面で常温販売している
青果のミールキットはセットにせずに、パーツをばらで販売。単価の安さと買いやすさの向上で差別化している
京野菜はしっかりコーナー化。認知も上がってきている。在宅時間が増えていることもあってか、ぬか床がよく売れているという
同様に有機野菜もコーナー化
オーケーではずっと干物については冷凍を売り続けてきた
うなぎかば焼きも冷凍商品を品揃え
精肉の国産牛肉は黒毛和牛のA4等級以上を主力に販売。A5等級が買い付けできた場合は、A5を販売する
精肉では深絞りの産地パックやノントレーを積極的に展開。ひき肉でもノントレーの商品を用意している
ローストビーフもシンプルな透明のフードパックで販売
惣菜の圧倒的な売れ筋ナンバーワンはカナダ産三元豚を用いた「ロースかつ重」(本体価格199円、会員現金払価格〈100分の3割引後〉は191円)の1日1店舗の平均95パックまで増えてきており、1日1店舗100パックも間近
トレンドのエスニック系の商品として「ルーローハン」や「ガパオライス」も展開。惣菜では最近の新店では陳列の高さが65㎝の木目の什器を採用、温かみが出た他、見やすさも向上した。惣菜のインストア製造比率は8割ほどに達する
惣菜に続いてインストアベーカリーを設置。使用している小麦粉も販売している。インストアベーカリーは大型店には設けるが、ベーカリーを設けられない店には支持の大きいピザだけを展開している
卵や牛乳の陳列はケースごと冷蔵スペースに収納される形式になっている。ヨーロッパのハードディスカウントなどではよく見られる形式で、ローコストオペレーションに寄与する
高品質の冷凍ピザやマーガリンなどを使用せず、100%バターを使用した「ノルレェイクガーリックバタースティック」などを品揃えし、提案。冷凍には注力
日配でも要冷蔵でないコンニャクなどは常温で販売。ローコスト販売に努める
同様に、ペットボトル飲料や缶飲料なども基本的に常温販売。ケース売りとばら売りを組み合わせたダイナミックな展開
直輸入で低価格を実現した「フィオリータ ホールトマト 400g(固形量:240g)」。会員現金払価格(100分の3割引後)の本体価格69円。イタリアン提案の一角で大量陳列

オーケー平塚店概要

所在地/神奈川県平塚市錦町4-22

オープン日/2021年3月16日

営業時間/8時30分~21時30分

駐車場/79台(共用)

売場面積/2047.45㎡(619.35坪)

区分/賃借

お役立ち資料データ

  • 顧客を知り尽くした究極の1to1マーケティングとは

    今の時代消費者は”個人”を中心に動いています。 コロナを経て、「ニューノーマル」といわれる現在、日常生活におけるオンライン時間は急激に増えています。多くの製品をインターネットで見つけることができ、購買に至るまでの検討期間が長くなっています。さらに簡単には店舗来店がなく、直接接客も難しくなっています。個人の行動をリアルタイムに把握しなければ、本当に顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉えることは難しいのではないでしょうか。 では、どうすれば企業は顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉え、コミュニケーションを図ることができるのでしょうか? 本資料では、どのようにお客様の行動を理解し、オンラインとオ…

  • 小売業が顧客体験戦略を進化させるための4つのテーマとは?

    新型コロナウイルスの拡大により、ブランドや小売業者が急ぎ導入した短期的なソリューションは、ショッピング体験に大きな影響をあたえています。結果として、消費者はこれまでにないほど多数のチャネルと選択肢を持ち、小売業者に対して高い期待を抱くようになりました。 Salesforceでは、高まる消費者の期待と小売業界の置かれた現状を分析。世界1,600人の消費者と、1,000人以上の小売業界幹部に調査を実施した結果、以下のことが明らかになりました。 ●顧客対応に関する消費者の期待は増々上がっている ●ブランドを差別化するための新たなポイントはロイヤルティ ●ブランドや小売業者は、顧客体験戦略を進化させつ…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …