竹下浩一郎

リテール総合研究所所長『リテールガイド』編集長。1975年長野県上田市出身。中央大学文学部文学科英米文学専攻卒業後、小売業経営専門出版社の商業界に入社。スーパーマーケット経営専門誌『食品商業』編集部、チェーンストア経営専門誌『販売革新』編集部を経て2014年『食品商業』編集長就任。この間、世界最大級の食品見本市SIALパリの新商品国際審査員などを務める。20年5月ロコガイド入社、『リテールガイド』の創刊編集長就任。同10月にロコガイドがリテール総合研究所を設立、代表取締役に就任。23年1月組織改編に伴いリテール総合研究所所長に就任。一般社団法人日本惣菜協会『中食2030』(ダイヤモンド社)「スーパーマーケットにおける中食の未来」執筆の他、コーネル大学リテール・マネジメント・プログラム・オブ・ジャパン講師、スーパーマーケットGood Action Initiatives推薦委員なども務める。ファイナンス修士(専門職)(中央大学)。モットーは「正直であること」。

  • 2024.03.01

    マックスバリュ関東が蕨店を2月28日にリニューアルオープン、「買物体験型スーパーマーケット」に転換

    マックスバリュ関東は、マックスバリュ蕨店の大規模活性化を実施し、2月28日、リニューアルオープンした。同店は2003年12月のオープン。JR京浜東北線の西川口駅から徒歩約14分、蕨駅から徒歩約20分に立地する。 マックスバリュ関東が新たなフォーマットとして水平展開を進める「買物体験型スーパーマーケット」として再オープンしたもの。 同フォーマットは「新鮮な生鮮品・種類豊富な美味しいお惣菜・従業員との楽しい会話を通じて、地域のお客さまに新しいお買い物の楽しさを感じていただく」店をコンセプトとする。 その上で、①滞在時間を楽しむスーパーマーケット、②お客さまの五感を刺激するスーパーマーケット、③お客…

  • 2024.02.26

    ヨークベニマルいわき平店がオープン、品揃えの幅広げた旗艦店でいわき市ドミナント強化

    ヨークベニマルは2月22日、福島県いわき市にいわき平店をオープンした。イトーヨーカドー平店跡地に建て替えオープンした複合商業施設「PaixPaix(ペッペ)」内への核店としての出店となる。 旧イトーヨーカドー平店は1971年オープンで、2021年に閉店するまで約50年間、この地を支えてきた。オープン当初はイトーヨーカ堂としても大規模商業施設、さらに本格的な東北への足がかりとして重要な位置づけを担っていた。 さらに当初はヨークベニマルが食品売場を担う形でスタートしたこともあり、ヨークベニマルとしてもなじみのある物件。店づくりについては米国を含め当時の最新のトレンドを踏まえたものとなり、大髙善興会…

  • 2024.02.19

    ザ・トップマネジメント サミット 服部哲也社長

    実績積み重ねてきた生鮮総菜が強みに、ネットスーパーは店の1つの「部門」、実店舗のプラスの要素と捉える ――中期経営計画の「頂2025」のアクションプランにはMD(マーチャンダイジング)強化、コストコントロール、プロセスセンター&物流改革、DX(デジタルトランスフォーメーション)の取り組み推進などの項目があった。うまくいったところ、逆に課題について。 服部 まだまだ全然、方針どおりの状態になっていないのが、MDの強化。そんなに簡単に結果が出るものでもないと思っているので、改装店などでチャレンジしたり、コンサルタントにも入っていただいたりしながらやっている。 特に加工食品などは、まず「整理…

  • 2024.02.15

    ヤオコー横浜天神橋店が2月20日オープン、450坪タイプの小型店ながら「地域一番の冷惣菜売場」目指す

    ヤオコーは2月20日、神奈川県横浜市南区に横浜天神橋店をオープンする。今回のオープンで神奈川県は11店体制となる。他、埼玉県99店、千葉県33店、東京都14店、群馬県16店、茨城県7店、栃木県6店の計186店体制となる。 横浜市営地下鉄ブルーライン吉野町駅から南に1km、徒歩約15分、横浜市営地下鉄ブルーライン蒔田駅から南東1.3km、同約20分に位置している。首都圏と横浜市をつなぐ主要道路である国道16号線に面している交通量が多いエリアに立地する。 店舗西側は住宅地で細かい坂道が多く、店舗東側は緩やかな丘陵地の上に旧米軍根岸基地跡がある他、横浜市中心部と近接性を活かした街づくりが計画されてい…

  • 2024.02.13

    ヨークベニマルいわき平店が2月22日オープン、ヨーカドー跡地の商業施設の核店、「常磐もの」を強化

    ヨークベニマルは2月22日、福島県いわき市にいわき平店をオープンする。イトーヨーカドー平店跡地に建設される複合商業施設「PaixPaix(ペッペ)」内への核店としての出店となる。 福島県80店体制、全社では248店体制となり、いわき市平へは、2015年2月オープンの上荒川店以来、3店目の出店。 PaixPaixには同店、バラエティストア、ドラッグストアが出店する商業棟の他、コミュニティスペースや飲食店などが出店するサービス棟で構成される。 JRいわき駅から500m弱の駅近で、1km圏の人口は約1万人ほどあるが、周囲は1、2人世帯の構成が78%、中でも1人世帯が54%と非常に高く、年齢では60歳…

  • 2024.02.09

    イトーヨーカ堂が北海道、東北、信越エリアの一部店舗を事業承継、ロピア、ヨークベニマル、ダイイチに

    イトーヨーカ堂は、北海道、東北、信越エリアの一部店舗について、ヨークベニマル、ダイイチ、また、スーパーロピアを運営するOICグループと事業承継等に関する契約を締結したと発表した。 同社は、2023年3月9日にセブン&アイ・ホールディングスが公表した「中期経営計画のアップデートならびにグループ戦略再評価の結果について」を踏まえ、事業構造にまで踏み込んだ抜本的変革の1つとして店舗を「首都圏へのフォーカス加速」を掲げてきた。 その過程で、同社としては北海道、東北、信越エリアにおける地域経済への影響もかんがみつつ、継続した買物場所の確保や雇用の維持を目的として事業承継などの後継先についてグルー…

  • 2024.02.09

    ヤオコー東大和清原店が2月14日オープン、団地建て替え再開発の商業施設内出店、旗艦店東大和店から2km強

    ヤオコーは2月14日、東京都東大和市に今春グランドオープン予定のショッピングセンター「東大和リビングテラス」内に東大和清原店をオープンした。今回のオープンで東京都14店体制となる。他、埼玉県99店、千葉県33店、群馬県16店、神奈川県10店、茨城県7店、栃木県6店で185店体制となる。 立地は西武国分寺線、西武拝島線小川駅から西に直線で1.3km、西口から徒歩で約1.8km、約25分、西武拝島線東大和市駅から北東1.6km、徒歩で約1.7km、約23分の距離に位置。店舗北側に新青梅街道、北西に西武多摩湖線、東から南に延びる西武拝島線と幹線道路と線路に囲まれた地域で、店舗周辺は平坦であることから…

  • 2024.01.05

    ザ・トップマネジメント ヤオコー 川野澄人社長

    「1品単価が既存店売上げを押し上げ、高い伸びが実現、落ち着いてくる今後は会社の力が試される」 ――2023年の振り返りと24年の方針について。24年からは新中期経営計画が始まるが、その大方針を含めて。 川野 お陰さまでこの(2023年)11月までの数値では売上げ、利益共に非常に当初想定を上回るような状況で来ている。予想外に1品単価の上昇が業績を引っ張ったなという1年になったと思っている。 来期(24年度)以降、第11次の中期経営計画がスタートするわけだが、対外的な発表を5月以降に行う予定で、まだまとまっていないところもあるが、大きな方向性等についてお話をさせていただきたい。 今期(23年度)で…

  • 2024.01.04

    ザ・トップマネジメント 日本スーパーマーケット協会 岩崎高治会長

    「業績堅調傾向続き、インフレ期待の一方で、深刻化する人手不足、物流問題、環境対応急ぐ」 ――2023年の振り返りと24年の展望は。 岩崎 2023年は、原材料高やエネルギー価格の高騰、円安もあって輸入に頼るわが国経済は大きな影響を受けた。そのような中にあって、5月にコロナ感染症が5類に移行をした。その結果、行動制限もすべて解除されたということで、人の動きが非常に活発になった。加えてインバウンドも非常に増えているということがあって、国内の社会経済活動を正常化してきているかと。 いま、国内の小売りは総じて(業績が)良いだろうと捉えている。ちょっと特殊な事情があって、内的な要因で少し厳しい企業もある…

  • 2023.11.14

    日本でも広がりを見せる「ブラックフライデー」企画、その意味と意義を考えてみた

    日本でも「ブラックフライデー」の商戦が年々存在感を増している。もともと11月第4木曜の北米の祝日、「感謝祭」の翌日の金曜日から始まる商戦で、実質的な年末商戦のスタートとして米国ではなじみのある大型商戦だ。 米国では各社が早朝からさまざまなセールを仕掛け、お客もそれに期待して大きな売上げが上がることから店が黒字になるということで、「ブラックフライデー」と呼ばれるとされる。今年は11月24日の金曜日からスタートする。 北米の祝日に基づく商戦のため日本ではなじみがなかったが、例えばイオンは2016年からブラックフライデーの商戦を仕掛け始めるなど、少しずつ日本でも見られるようになってきた。 オンライン…

  • 2023.11.07

    フードスクエアカスミつくばスタイル店が新たな旗艦店としてリニューアル、マルチフォーマットの再構築目指す

    カスミは10月27日、茨城県つくば市の大型複合商業施設「イーアスつくば」の1階に出店しているフードスクエアカスミつくばスタイル店をリニューアルオープンした。約1カ月の改装期間を経てのリニューアルとなった。 同店はもともと2008年10月にオープン、つくばエクスプレスの研究学園駅から徒歩約5分、圏央道のつくば中央インターチェンジから車で約5分というアクセスの良い商業施設の集客力もあって、地域の旗艦店の機能を担うフードスクエアフォーマットとして存在感を発揮してきた。 一方で、昨年22年2月には直線距離で約1kmの至近に同社の新フォーマットである「BRΛNDE(ブランデ)」の2号店として研究学園店が…

  • 2023.10.30

    ベイシアが新フォーマット都市型対応1号店「Foods Park津田沼ビート店」をオープン、その狙いと全貌

    ベイシアが10月25日、JR津田沼駅前の商業施設「Viit(ビート)」にテナントとして出店、「Foods Park津田沼ビート店」としてオープンした。首都圏の乗降客の多い駅前商業施設への初出店ということで、ベイシアとしては新たな成長エンジン構築への挑戦として大きな位置づけを担う。 Foods Park(フーズパーク)はベイシアが昨年11月から大田原店(栃木県大田原市)を改装する形で展開する新フォーマットで、コンセプトは「“毎日のおいしい”が揃うお店」。食品の新鮮さとおいしさにこだわり抜いた食品強化の店となった。目指したのはその名前のとおり、「食のテーマパーク」。 その上で、品揃えを広げるという…

  • 2023.10.24

    オーケー銀座店が10月17日オープン、都心部に640坪以上の売場を確保し、ディスカウント&ワンストップで攻める

    10月17日、オーケーが銀座に出店した。 ファーストリテイリングがユニクロのグローバル旗艦店「UNIQLO TOKYO」をはじめ、ジーユー、PLST(プラステ)、Theoryなどグループブランドを展開する商業施設「マロニエゲート銀座2」の地下1階、地下2階の2フロアに647.47坪の売場を確保。都心部としては異例となる広さのスーパーマーケット(SM)が誕生したことになる。オーケーとしても東京都中央区初出店となる。 昨年7月、施設を管理しているファーストリテイリングからオーケー側に出店の打診があり、受けた形だ。もともとは飲食店などのテナントが出店していた場所となる。「B1、B2に食で生活者に密着…

  • 2023.10.23

    マルエツ プチ品川橋店オープン、建物建て替えによる再オープン、都市型小型店フォーマット最新店

    マルエツは10月20日、東京都品川区にマルエツ プチ品川橋店をオープンした。実際は入居ビルの建て替え工事による旧店の閉店から約3年をへて、再度、都市型小型店フォーマットのマルエツ プチとしてオープンしたものだ。 京浜急行本線新馬場駅から東側約300m、徒歩約6分に位置し、店舗前には旧東海道が南北に走り、人の往来が多い住民の生活道路となっている。店舗周辺には低・中層マンション、戸建てが立ち並ぶ住宅地となっている。 主要な商圏となる300m圏内の人口は7147人、世帯数は4037世帯。世帯伸長率は22年対比23年段階で103%と伸長傾向にある。世帯当たり平均人員は1.77人だが、単身世帯が58.3…

  • 2023.09.12

    第2回全国スーパーマーケット「おいしいもの総選挙」金賞商品の開発秘話 野川食肉食品センター「ガリスパ!(ガーリックスパイス)」

    くふうカンパニーグループにおいて、チラシ・買い物情報サービス「トクバイ」を運営するロコガイドは第2回全国スーパーマーケット「おいしいもの総選挙」を実施しました。2023年5月1日(月)〜24日(水)の期間で集まった一般生活者からの投票件数は、昨年の約3倍となる12万6313票。今回、リテールガイドでは4部門の「金賞」に輝いた商品の開発物語を取材しました。今後の商品開発の参考に、ぜひ、ご覧ください! ⇒第2回全国スーパーマーケット「おいしいもの総選挙」結果はこちら グロサリー部門 週末びっくり市 ガリスパ!(ガーリックスパイス) 430円(税込み) サガリの販売促進のための調味料を開発、しょうゆ…

1 2 3 4 5 ・・・ 15
1 2 3