オーガニック・自然食品スーパーマーケット8選|東京都内から関東近郊を中心に

2021.04.30

余分なものは含まない栽培や製造方法で作られ、環境や自然にもやさしい取り組みで作られているのがオーガニック(有機)食品や自然食品だ。

健康や環境を考慮した、オーガニック食品や自然食品を専門に取り扱うスーパーマーケット(SM)も増えた。オンラインショップを利用すれば全国からも取り寄せが可能だ。本記事では、オーガニック・自然食品SMを関東近隣や全国展開、都内限定店舗でそれぞれ紹介する。

関東近隣、全国展開をするオーガニック・自然食品スーパー6選

都内、関東近郊、全国に複数店舗展開をしているオーガニック・自然食品SMを紹介する。

●こだわりや

「生産者や作り手とお客さまをつなぐ懸け橋になりたい。」をコンセプトに店舗を展開する。原料産地、製造方法(生産工程)、使用原料を明示している。

店舗は小さめだが、おもに東京都23区の新宿、池袋をはじめとした都内西エリアに店舗が集中しているのが特徴。神奈川県、埼玉県、千葉県でも店舗を展開している。米、野菜、常温品、ギフト、調味料、冷蔵品、冷凍品など、豊富な商品ラインアップが魅力だ。オンラインショップもある。

所在地/東京都内12店舗(西武池袋店、新宿店、三軒茶屋店、錦糸町店、田無店など)、神奈川県15店舗(溝口店、三ツ境店、辻堂店、蛯名店、小田急相模原店など)、埼玉県8店舗(東松山店、上尾店、所沢店、新所沢店、丸広川越店、大宮店、浦和店、草加店)、千葉県5店舗(市川店、流山おおたかの森店、稲毛店、千葉店、津田沼店)

●ナチュラルハウス

出所:https://www.naturalhouse.co.jp/

持続可能な循環型社会をつくるために、「自然と調和しながら生きる。」「地産地消で身近な地域をささえる。」「資源や環境を守りつづける。」の3つの基本姿勢を設けているSM。

全国からセレクトしたオーガニック・自然食品だけでなく、WHOLE(すべての)をテーマにしたオリジナル商品も開発している。野菜、果物、穀物などの原材料となる食品の他、ネットワーク生産者の作った原材料を無添加、低コストで無駄なく加工した加工品も販売。また美しく健全なライフスタイルを応援するための栄養補助食品、化粧品、エコ雑貨なども取り扱っている。

所在地/東京都内7店舗(青山店、下北沢店、北千住丸井店、パルコヤ上野店、有楽町イトシア店、アトレ目黒店、アトレ吉祥寺店)、千葉県1店舗(船橋東武店)、静岡県1店舗(静岡パルシェ店)、大阪府1店舗(グランフロント大阪店)、兵庫県1店舗(神戸店)

●自然食品F&F

国産原材料を主体に、海外産物(BIO、オーガニック)を取り扱うSM。

全国各地の約200の契約農家から産地直送で仕入れる有機野菜や米などの原料、調味料を取り扱う。さらにオーガニックや自然食材を使用した弁当、惣菜、パン、菓子、簡単に調理できるレトルトソース、冷凍食品なども販売。

精進弁当、精進惣菜、グルテンフリーの米粉パンなど、そのまま食べられる商品もオーガニックが取り入れられている。海外商品は、インドやイタリアなどの産地へ直接出向いて仕入れ、商社を通さず直接買い付けている。

所在地/東京都内15店舗(等々力店、玉川高島屋店、都立大学店、桜新町店、自由が丘店など)、神奈川県5店舗(横浜ジョイナス店、日吉店、ジョイナステラス二俣川店、グランツリー武蔵小杉店、アトレ川崎店)、埼玉県1店舗(グランエミオ所沢店)、千葉県1店舗(柏高島屋ステーションモール店)

●Bio c’ Bon(ビオセボン)

フランス・パリ生まれのSMをイオングループ子会社が展開している。輸入オーガニック食品、日本の有機食品や自然食品を取り扱う。ヨーロッパでは140店舗以上を展開。

「ビオセボン」とは「オーガニックっていいね」という意味を持つ。オーガニック商品をもっと身近に感じてもらうために、日常生活に取り入れやすいリーズナブルな価格のものをそろえている。酒を取り扱う店舗もある。

商品はフランスなどからのチーズやワインから、日本の納豆から豆腐まで、親しみやすいものがそろう。生産者が丁寧に作った、オーガニックはおいしい、ということを消費者に感じて欲しいとの気持ちを込めている。

所在地/東京都内15店舗(麻布十番店、赤坂店、アトレ竹芝店、四谷三丁目店中目黒店、池尻店、二子玉川東急フードショー店、外苑西通り店など)、神奈川県内8店舗(武蔵小杉店、横浜元町店、コレットマーレ店日吉店、たまプラーザ テラス店、新百合ヶ丘店、アトレ川崎店、小田急藤沢店)

●Biople(ビープル)

オーガニックコスメのセレクトショップであるCosmeKitchenのプロデュースで生まれたオーガニックショップ。

日常品を中心としたオーガニックや、自然派のアイテムがそろっている。スパイスやケーキミックス、調味料の他、スーパーフード、ドリンク、菓子などもラインアップ。メイク、スキンケア、ボディケア、ベビー&ママケア商品などもそろう。除菌スプレー、おこもり特集などニューノーマル向けのオーガニックアイテム特集も行っている。

所在地/東京都内7店舗(三軒茶屋店、グランエスタ丸の内店、ルミネエスト新宿店など)、神奈川県内4店舗(七里ヶ浜店、アトレ川崎店、横浜相鉄ジョイナス店、ラスカ小田原店)、埼玉県2店舗(ルミネ大宮1店、西武所沢S.C店)、静岡県1店舗(Cosme Kitchen VILLAGE)、愛知県1店舗(タカシマヤ ゲートタワーモール店)、石川県1店舗(金沢百番街Rinto店)

●クレヨンハウス

出所:https://www.crayonhouse.co.jp/shop/default.aspx

子供向け絵本とオーガニックレストランの「クレヨンハウス」が経営する、オーガニック食品専門店。東京と大阪に店舗がある。

東京店はオーガニックレストラン、オーガニックフーズの専門店、子どもの本の専門店、木のおもちゃの専門店、オーガニックコスメ&コットン&女性の本の専門店。大阪店はオーガニックデリカ、オーガニックフーズの専門店、オーガニックコスメ&コットンの専門店、子どもの本と・木のおもちゃの専門店になっている。

所在地/東京店、大阪店

東京都内にあるオーガニック・自然食品SM2選

東京都内でのみ展開しているオーガニック・自然食品SMを紹介する。オンラインショップがあるため、都民以外でも利用できる。

●日進ワールドデリカテッセン

出所:https://www.nissin-world-delicatessen.jp/

港区東麻布にある、インターナショナルSM。1階が駐車場、2階がワインを中心としたリカー専門店、3階が食品や日用品エリア。

肉やチーズ、ワインの品揃えが豊富で、オーガニック食品も多く取り扱っている。最短1時間以内で届けてくれる買物代行サービス「ミクマ」を展開。大規模な実店舗の他、オンラインショップも充実している。

所在地/東京都港区東麻布2-32-13

●オーサワジャパン

出所:http://www.lima.co.jp/shop-ikejiri.html

日本でのマクロビオティックの創始者、桜沢如一氏の創設したオーサワジャパングループのオーガニック食品店。

玄米菜食を中心に旬のものを食べるというマクロビオティックの思想を反映した自社製品を展開している。オーガニックの有機野菜、玄米、加工食品、惣菜も取り扱っている。

マクロビオティッククッキングスクールリマ本校やマクロビオティック資料館なども同じビルにある。マクロビオティックを学びたい人にも向いている店舗だ。

オーガニック・自然食品SMが身近に

オーガニック・自然食品は敷居の高い商品というイメージを持つ人も多いが、専門に取り扱うSMも東京を中心に増えてきた。オンラインショップを利用すれば、日本全国からオーガニック・自然食品を取り寄せられる。

ニューノーマル時代において自宅での食事の機会が増えたのをきっかけに、食事を見直す人も多いだろう。オーガニック・自然食品SMが利用しやすくなっているいま、利用する人も増えそうだ。

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」