カインズがDIY の構想から完成までをフルサポートするコーナーとして「DIY Square」を開発

2022.04.22

2021.07.20

カインズは、DIY(ドゥ・イット・ユアセルフ)に取り組む人が自分らしい「くらし」と出会い、毎日を明るく楽しいものにすることを目指す「DIYer100 万人プロジェクト」の一環として、7月21日にカインズ幕張店に「DIY Square」をオープンする。

翌7月22日には、同日グランドオープンするStyle Factoryららぽーと立川立飛店にStyle Factoryフォーマット版の「DIY Square」もオープンする予定。

「DIY Square」は、DIYの構想を練る段階から完成まで、お客が自由に使えるという新しい概念の工房。

特徴は、DIYの楽しさを伝え、DIYをする人をサポートする「カインズDIY」の体現者となる「DIYキャプテン」が常駐することで、DIYキャプテンがDIYにまつわる相談に乗り、悩みごとを解決し、お客のイメージを形にする手伝いをする。技術向上につながるワークショップなども開催し、DIY のスキルアップも可能。

また、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)発信を想定したフォトブースを設けているため、自分で作ったアイテムなどを気軽に投稿することもできる。「作る楽しさ」をシェアすることができることもDIY Squareの魅力として打ち出す。

DIYキャプテンはSNSで情報発信を行う他、開催される特別イベントにも登場するなど、「DIY仲間」を増やすことをミッションとして活動していく。

2019年11月にスタートした「DIYer100 万人プロジェクト」は、DIYを「ライフスタイル(生活文化)」にすることを目指す取り組み。カインズでは、「くらし」を良くするために自分でやってみることの全てが「DIY」であると考え、日曜大工といわれる、いわゆるものづくりはもちろん、調理や洗濯、掃除といった家事をはじめ、快眠やキャンプ、ガーデンなどをテーマに、「くらし」のさまざまな場面をより自分らしくしようとする人を「DIYer」と位置づけ、サポートする商品、サービスを展開していくとしている。

プロジェクトのパートナー企業には、ウォルト・ディズニー・ジャパン、スリーエム ジャパン、ダイドーハント、髙儀、ビームス、ニッペホームプロダクツ(50音順)が名を連ねる。

「きいて」「つくって」「つながって」「たのしむ」4つの柱で構成

「DIY Square」は「きいて」「つくって」「つながって」「たのしむ」という4つの柱で構成されている。

「きいて」は、常駐するDIYキャプテンが商品選びからDIYのアドバイスまで、相談がしやすい環境を用意していることが相当する。「つくって」は、ワークショップへ参加することによって、DIYの技術だけではなく、友達が増えるなど自身のDIY生活がより良くなっていくこと、さらに成長が目に見えて実感できて、新しいDIYに触れることができるといったことがその内容となる。

「つながって」は、SNSの配信に適した場所があることで、DIYの楽しさをお客自身が発信し、共有できること。また、カインズからも定期的にDIY情報の発信があることとなる。「たのしむ」は、手ぶらで来ても使える工作スペースと、手軽に使えるキットを取り扱うこと、さらに誰でも簡単にDIYを楽しめる空間であること。新しいイベントも定期的に実施していくとしている。

さらに、「DIYer100 万人プロジェクト」の取り組みに賛同するビームスの協力を得てDIY Square から「DIY エプロン」を導入する。DIY Squareのメンバーは、持っているスキルによって異なる色のDIYエプロンを着用。DIYキャプテンは「グレー」のエプロンを、キャプテン以外のメンバーは「ネイビー」のエプロンを着用する。お客には「ブラウン」のエプロンを用意する。

エプロンにはビームスがデザインした「DIY Square」のロゴを採用。使いやすいことはもちろん、カスタマイズすることにより自分らしさを表現することもできるカインズのDIY精神を体現したアイテムになっているという。

その他、「DIYerのDIYerによる、DIYerのためのマガジン」として「The DIY Square Mag」を発行。DIYを始めたい人、既に取り組んでいる人に向けてDIY がもたらす憧れの「くらし」「スタイル」「世界観」を紹介する。不定期発行の予定だが、DIY Squareで配布される他、既存店のカインズ工房にも設置される。

お役立ち資料データ

  • 顧客を知り尽くした究極の1to1マーケティングとは

    今の時代消費者は”個人”を中心に動いています。 コロナを経て、「ニューノーマル」といわれる現在、日常生活におけるオンライン時間は急激に増えています。多くの製品をインターネットで見つけることができ、購買に至るまでの検討期間が長くなっています。さらに簡単には店舗来店がなく、直接接客も難しくなっています。個人の行動をリアルタイムに把握しなければ、本当に顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉えることは難しいのではないでしょうか。 では、どうすれば企業は顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉え、コミュニケーションを図ることができるのでしょうか? 本資料では、どのようにお客様の行動を理解し、オンラインとオ…

  • 小売業が顧客体験戦略を進化させるための4つのテーマとは?

    新型コロナウイルスの拡大により、ブランドや小売業者が急ぎ導入した短期的なソリューションは、ショッピング体験に大きな影響をあたえています。結果として、消費者はこれまでにないほど多数のチャネルと選択肢を持ち、小売業者に対して高い期待を抱くようになりました。 Salesforceでは、高まる消費者の期待と小売業界の置かれた現状を分析。世界1,600人の消費者と、1,000人以上の小売業界幹部に調査を実施した結果、以下のことが明らかになりました。 ●顧客対応に関する消費者の期待は増々上がっている ●ブランドを差別化するための新たなポイントはロイヤルティ ●ブランドや小売業者は、顧客体験戦略を進化させつ…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …