ベイシアが新たなストアコンセプトの「マルシア」2号店として浜松都田テクノ店をリニューアル

2022.04.22

2021.07.25

ベイシアは7月22日、ベイシアフードセンター浜松都田テクノ店をリニューアルオープンした。同店は2004年7月オープン、今回、マルシェをイメージしたベイシアの新たなストアコンセプトである「MARsia(マルシア)」としてリニューアルした。

「マルシア」は店舗名の屋号ではなく、あくまでストアコンセプトで、昨年3⽉6⽇、カインズスーパーセンター内のベイシアフードセンター前橋吉岡店を改装する形で1号店が誕生した。「MARche+Beisia(マルシェ〈市場〉+ベイシア)」を語源とし、マーチャンダイジングとしては市場のように鮮度を重視し、品揃えの豊かさ、活気に満ちた演出などを特徴とする。

浜松市周辺の地元名産品を強化

「マルシェ」のイメージということで、売場では生鮮を中心に地元の商品を強化。

青果では、メロン、ブドウ、ナシ、ハウスミカン、バレイショなど地元で取れた野菜、果物を豊富に品揃えする。また、野菜摂取レベルを10秒で、無料で測定できる測定装置の「ベジメータ―」コーナーを設置。ベイシアとして初めての試みとして実証実験を行う。

また、青果では有機野菜コーナーも新規導入。カットフルーツを始め、パフェやフルーツゼリー、杏仁豆腐、イタリアの伝統的なスイーツであるマリトッツォを品揃えするなどデザートコーナーをさらに充実させた。

鮮魚では、地元浜名湖産のうなぎをはじめ、舞阪など近隣の漁港で水揚げされた新鮮な魚を品揃え。地元で人気の釜揚げしらすや舞阪加工の干物も拡充した。

惣菜では、「浜松餃子」の焼きギョーザを展開するなどギョーザ専用コーナーを設ける。惣菜では地元の強化に加え、世界各国の料理を堪能できる各コーナーも展開。フレンチを手軽に楽しめる「ボン・ルパ」や本格的なカレーが味わえる「マイルドスパイシーズ」、パスタをラインアップ豊富にそろえる「スペチャーレスパーゴ」を新規導入。

また同じく新規導入した韓国惣菜コーナーではヤンニョムチキンやチヂミ、ビビンバなどを品揃え。自宅で各国の料理を堪能でき、コロナ禍での旅行気分を味わってもらう。

人気となっているバーガーでは、メンチカツをはさんだバーガーや、えびカツバーガー、チキンバーガーなど食べ応えのある商品を各198円(本体価格、以下同)で、ワンハンドで食べられる手軽さを訴求しながら展開。

日配品でも、地元で人気のメーカーのコンニャクを新規導入。同じく地元メーカーの豆腐もコーナー化した。

冷凍食品については、今回のリニューアルに伴って同社最大規模のコーナー展開としている。地元有名店の「浜松餃子」も拡充した。

また、ギフトコーナーも、お客から人気が非常に高い地場銘菓やギフトを集めた銘店コーナーを新たに設置。

売場づくりでは、お客が買物を楽しめるように、ヨーロッパのマルシェにいるような装飾や陳列を意識し、活気があふれるような店内の環境づくりを心掛けた。

精肉コーナーや鮮魚コーナーでは普段の料理に役立つスパイスや調味料を提案。献立に悩むお客に向けて、スパイスによる味の変化を提案。

また、好評を得ているプライベートブランドの「別海のおいしい牛乳」シリーズをコーナー化し、開発商品を集積させた。夏の季節に向けて水平展開の商品開発として、「別海のおいしいミルクソフト」(本体価格108円)といった商品も開発している。

また、テナントとして100円均一ショップの「セリア」が新規出店した。

ベイシアフードセンター浜松都田店テクノ店概要

所在地/静岡県浜松市北区新都田3-1-1

営業時間/9時~20時

お役立ち資料データ

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。