オーケーが立川のSC「若葉ケヤキモール」に居抜き出店、550坪型でヤオコーと真っ向勝負

2022.04.12

2021.07.28

オーケーは7月15日、東京都立川市に立川若葉町店をオープンした。立川市内には2014年2月オープンの立川富士見町店と2店体制になる。

ネイバーフッドショッピングセンターの「若葉ケヤキモール」のマルエツ跡地に居抜き出店した。1階部分にワンフロアの1807.18㎡(546.67坪)の売場で出店。

居抜きではあるが、内装を含め新店のような売場となっている。ただし、バックヤードの位置も含め、基本的にマルエツ時代の配置を引き継いだという。

壁面を生鮮、日配が囲み、内側に加工食品を配置するオーソドックスなレイアウト。550坪近い売場のため、ゴンドラには中通路を設けている

東側に徒歩数分の300mほどのところにはヤオコー立川若葉町店がある。直接の競合店といえそうだ。店舗面積460坪の中型店で、11年9月のオープンから間もなく10年を迎える。また、ヤオコーに関しては、北方面に約2kmのところには13年6月オープンのヤオコーの旗艦店クラスの東大和店もある。

また、南側にはいなげや本社があり、bloomingbloomyららぽーと立川立飛店など大型店を含むいなげやの店も周辺には多い。

それらを含む有力スーパーマーケットがひしめく中にあって、オーケーは「高品質・Everyday Low Price」のディスカウントスーパーマーケットという独自路線で、低価格を武器に存在感を発揮している。競合店もある程度価格を合わせざるを得ない状況にある。

大型店を除いて、主通路沿いに平台や平ケースを配置していない。青果でも壁面での大量陳列でボリューム感を打ち出している
刺身盛り合わせはつまを入れず、別売している
冷凍を生かしたマーチャンダイジングに長年注力してきた。刺身なども品揃え
干物を冷凍で販売する企業が増えてきたが、オーケーでは長年冷凍での販売をしてきた。取れた魚を冷凍し、冷凍の状態のまま販売する「ワンフローズン」の「旨い塩さば」などの核商品が育っている
ゴンドラエンド部分を一部平ケースにし、デジタルサイネージなども設置して売り込み商品を販売している。鮮魚では7月15日のオープン日は土用の丑の日に向けうなぎを販売。うなぎも基本的には冷凍がメイン
牛肉は国産は、A4以上の和牛のみ販売することにこだわっている
ラムは売上げが伸びていることから売場もしっかり確保。ニュージーランド産がメインだが、店によっては実験的にオーストラリア産も取り扱いが始まっている
特に鶏では産地パックが増えている。ローコストオペレーションに寄与する他、品質維持の面でも注目
在宅時間が増えて需要が高まっている冷凍の焼き鳥を6月から導入。原料を委託の工場に持ち込むなど独自に開発
インストアベーカリーではカレーとナンといった商品も展開
インストアベーカリーでは、昨年小麦粉が品薄になった際、原料の小麦粉を小分けして販売したところ好評だった。現在でも品揃えされるようになっている
本体価格で400円代~500円代のピザも核商品。立川若葉町店にはインストアベーカリーがあるが、設置できない小型店でもピザは展開する。補充されるとすぐ売れるほどの人気となっている
トレンドの代替ミルクも品揃え。常温販売可能な商品はあくまで常温で販売
冷凍食品の売場は平ケースとリーチインを配置する広大なもの。平ケースでは非食品を関連販売
冷凍食品では日清医療食品の「食宅便」シリーズをコーナー展開している
グロサリーではケース売りも多用

昨年からのコロナ禍では、ワンストップショッピングの強みが発揮されたことでスーパーマーケットは全般的に好業績となったが、中でもオーケーは21年3月期決算の既存店売上高前年比112.5%と、頭一つ抜けた好業績となった。その背景には15.69%という低い総経費率の水準と、それに基づく低価格がある。

全社的には8月1日から売場面積1930坪の大型店である港北店(横浜市都筑区)の2階で処方せんに対応する調剤薬局事業を開始。今後、導入店には調剤だけでなく、大型店ではクリニックも併設する予定もあるなどワンストップショッピング機能の強化を図っている。

6月にオープンした登戸店(川崎市多摩区)も至近に競合店を抱える中、駐車台数20台と少ないながらも駅前立地の強みと自転車、徒歩客を中心とした集客によって好調な売上げだという。

その意味では、オーケーのフォーマットの独自性は、その低価格とワンストップショッピング機能の強化を図りながら、競合店との差別化を図る上での大きな強みとなっていることが分かる。至近の競合店だけでなく、ある程度距離のある競合店にも影響は必至だ。

オーケー立川若葉町店概要

所在地/東京都立川市若葉町1-7-1若葉ケヤキモール1階

オープン日/2021年7月15日

営業時間/8時30分~21時30分

駐車場/300台

売場面積/1807.18㎡

お役立ち資料データ

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。