ヨークベニマル仙台東照宮店がオープン、仙台市青葉区へ6店舗目の出店

2022.07.22

店舗外観イメージ

2022年7月29日(金)午前9時、宮城県仙台市青葉区に「ヨークベニマル仙台東照宮店」がオープンする。通常午前9時30分開店のところを、7月29日(金)は午前9時に開店する。

国指定重要文化財「仙台東照宮」のほど近く、仙台市街地から車で15分程度の場所に立地。JR 仙山線「東照宮駅」から店舗までは車で5分、東照宮駅から仙台
駅までは4分ほどで、市街地に向かうバス路線網も充実しており、交通の利便性がよい地域となっている。

ショッピングセンター「Frespo(フレスポ)仙台東照宮」への出店となり、店舗数は、福島県78店舗、宮城県63店舗、山形県22店舗、栃木県34店舗、茨城県44店舗の合計241店舗となり、仙台市青葉区へは、仙台小松島店(2021年12月開店)以来、6店舗目の出店。

ショッピングセンター「フレスポ仙台東照宮」は、「①どんぐり整骨院」、「②HAIR SALON Agu lucir(美容室)」「③東照宮さくらファミリー歯科」「④ぐるぐるランド(コインランドリー)」「⑤pino(クリーニング)」「⑥ANYTIME FITNESS(フィットネスクラブ)」などで構成される。

①~⑤は7月29日(金)オープン、⑥は8月8日(月)オープンの予定。

商品について

■お野菜果物売場
新鮮なお野菜・果物はもちろん、カットフルーツやカットサラダなど、「簡便、
即食」をテーマとした品揃えの充実を図る。

■お魚売場
新鮮なお魚をお手頃価格で提供。お1人様でもちょうど良い量目のお刺身や生切身なども取り揃え、お客の要望に応えていく。

■お肉売場
ハレの日のごちそうはもちろんのこと、普段使いのお肉にもこだわりながら、「おいしく、お安く」をモットーに品揃える。

また、環境保護活動の取組みから、使い切りサイズ商品を提案。植物由来の原料を使用したトレーでの商品や、トレーを使用しないノントレーパッケージでの商品を提供し、家庭ごみの減量につなげる。

■お惣菜売場
お弁当などの昼食メニューの充実、旬の天ぷらや普段の食卓を彩るおかずを提案する。

■お寿司売場・ベーカリーコーナー
生寿司、巻物、海鮮丼などの品揃えの幅を広げ、選べる売場を提供する。ベーカリーコーナーでは毎日の朝食などに欠かせない食事パンの充実やピザの品揃えで、おいしくて便利なメニューの提案をする。

店舗概要と商圏について

所在地:宮城県仙台市青葉区高松 1 丁目 18 番 1 号
電話・FAX 番号 TEL:022-301-8330 FAX:022-301-8331
売場面積 971 ㎡(ヨークベニマル)
駐車台数 110 台
営業時間 午前 9 時 30 分~午後 9 時 30 分(年中無休)
年商見込み 12 億円(初年度)
銀行 ATM 1 台(セブン銀行)
商圏 1 ㎞圏内:人口約 33,000 人 世帯数:約 17,000 世帯
1人世帯は5割を超え、20~30 代の単身者と50 代以上が増加傾向にあるという。

お役立ち資料データ

  • 最悪の年末調整を最高にする方法

    【PR】株式会社エフアンドエム 「紙での年末調整は時間も手間もかかりすぎる……」 「でも電子化は上司の理解が得られない……」「 従業員の反発も大きそう……」 と悩みを抱える人事・労務担当者の方も多いはずです。 このeBookでは、年末調整を電子化すると、具体的にどれほどの時間や工数が削減されるのか、 従業員や人事・労務担当者の双方の負担が少ない状態で導入するには何が必要なのかを、 「オフィスステーション 年末調整」を例にマンガでわかりやすく解説しています。

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …