トライアル初の他企業導入スマートショッピングカート運用実証実験で「利用率20%」の目標達成

2020.11.25

リテールパートナーズは、傘下の丸久が運営するスーパーマーケット(SM)の「アルク到津店」(福岡県北九州市)を通じてトライアルホールディングス傘下のRetail AIが自社開発したスマートショッピングカートを導入(丸久におけるスマートショッピングカートの呼称は「レジカート」)、2020年7月9日から運用の実証実験を行ってきたが、このたび、当初目標の20%の利用率を達成した。

セルフレジ機能を搭載したショッピングカートである「スマートショッピングカート」は、専用のプリペイドカードをカートに登録の上、付属するタブレット端末を操作することで、レジを通ることなく、キャッシュレスで会計を済ませることができる。

また、売場でスキャンした商品に応じたレコメンド機能やその場で使えるクーポンを表示するなど、 新たな買物の仕方を提案。レジ待ちの時間を大幅に短縮すると共に店舗オペレーションにおける省力化を実現に寄与する。

好結果を踏まえ、スマートショッピングカートの外販を加速

このたびの利用率20%達成によって、有人レジ1台分の決済をスマートショッピングカートで代替できる計算になり、リテールパートナーズが設定したスマートショッピングカート導入の費用対効果の基準をクリアした。

また、スマートショッピングカート利用者の月間買上額は導入前後で7.0%増加、有人レジと比べた生産性(有人レジ1時間当たりの客数に対する、スマートショッピングカート1時間当たりの客数を比較)も14.9%高いという結果が出ている。

リテールパートナーズとしては、実証実験におけるこれらの好結果と若干の課題を踏まえ、さらなる生産性の向上を目指す。1号店のアルク到津店でのスマートショッピングカート運用継続に加え、福岡県の別店舗への導入(21年4月予定)も計画している。

スマートショッピングカートは、トライアルグループが運営する店舗では既に23 店舗で合計約2500 台が稼働している。トライアルグループ外では初めての導入店舗となった今回のアルク到津店においても、スマートショッピングカートが生産性向上に寄与したことから、Retail AIでは今後もさらに外販を推進していく意向。

お役立ち資料データ

  • 無駄なアナログ業務をなくして販促活動の生産性を上げる方法とは?

    提供 : 株式会社SPinno 販促活動におけるデジタル施策やツールが充実する一方で、既存のアナログ業務が変わらず残り続けるために、以前にも増して業務負担が増えている販促担当者は多いのではないだろうか。 本資料では、販促活動における無駄なアナログ業務をなくし、販促担当者が本来やるべき販売促進、営業支援などに集中するための方法について解説していく。 ・現場からの依頼への対応に追われている ・企画の振り返りができていない ・本来やりたい業務に集中できていない こういった悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 販促業務におけるDX推進の現状と課題とは?

    提供 : 株式会社SPinno ビジネスにおける競争優位を築くため、AIやIoTなど最新のデジタル技術を活用してビジネスモデルや組織を変革する、DX (デジタルトランスフォーメーション)への対応は業界業種問わず必要不可欠のもになってきている。 本資料では、改めて、DXとは何か?DXの取り組み状況などをデータを元に解説し、特に販促業務におけるDXにフォーカスしていかにDXを推進していくかについて解説をしていく。 ・DXの概要や現状を基礎から知りたい ・DX推進のポイントが知りたい ・販促活動のDXに興味がある  上記のような悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。