ライフのナチュラルスーパーマーケット、首都圏1号店「ビオラル丸井吉祥寺店」がオープン

2022.04.12

2020.12.23

入口には農産と惣菜を配置

ライフコーポレーションは12月19日、JR線、京王線吉祥寺駅至近にある丸井吉祥寺店(東京都武蔵野市)の1階に、近畿圏で実験を重ねてきた新フォーマットの「ビオラル丸井吉祥寺店」をオープンした。

同フォーマット1号店の靭店(大阪市西区)は2016年6月にオープン。同年3月、至近に大型の阿波座店がオープンしたことに伴い、新フォーマットへの改装という形で、「素敵なナチュラルライフスタイルを通じて、心も体も健康で美しく豊かな毎日を過ごしてもらいたい」と願うスーパーマーケット(SM)として誕生した。フォーマット名の「ビオラル」はドイツ語の「BIOLOGISCH(有機の)」と英語「NATURAL(自然)」を組み合わせた造語だ。

「オーガニック・ローカル・ヘルシー」をコンセプトとした商品構成で、必ずしもオーガニック(有機)主体ということではないが、「オーガニック」を強く打ち出したフォーマットとして注目された。

2000年代に入り、米国のホールフーズの台頭に象徴されるように欧米ではオーガニック市場が急速に拡大してきた。その流れも受けての出店であったが、日本では生産からつながる供給体制の問題もあって、オーガニックの広がりは限定されていたといえる。

そのため、品揃えでオーガニックに注力する企業は一部専門企業を除き、大手企業ではイオングループぐらいであった。

その中で、自社競合上の差別化策とはいえSM最大手であるライフコーポレーションがこの分野に参入した意義は大きかった。

ただし、ライフコーポレーション自体も想定していたように、認知度の向上もあって毎年売上げは伸びていたものの赤字が続いていた。

新型コロナによって健康志向へのニーズが高まった?

その状況は、新型コロナウイルスの拡大によって大きく変わった。岩崎高治社長が、「お客さまの意識の変化があって、健康への感度が高まっている」と言うように、コロナ禍によって健康志向や安全・安心に対するニーズが大きく高まったようだ。その結果、靭店の上期の売上げは前年比137%と大幅な伸びを示し、初めて黒字化も達成した。

その流れを受けての今回の首都圏1号店出店ということで、ライフコーポレーションとしても期待がかかる。丸井吉祥寺店の成功が前提になるが、今後店舗展開を拡大していく意向で、すでにほぼ決まっている物件があるという。さらに、中期的にはビオラル事業を100億円程度の規模にしていきたいとも意気込む。

丸井吉祥寺店は売場面積82坪。百貨店内の「1コーナー」という趣きであり、約292坪あった靭店とは大きく異なる。そのため、商品構成も青果、鮮魚、精肉の生鮮3品をフルラインで取り扱った靭店とは異なり、生鮮は青果のみで、魚と肉はほぼ冷凍のみの品揃え。一方で、惣菜については店内加工を含め大々的に展開している。

SMとはいえ、82坪の売場ということもあり、鮮魚と精肉は取り扱わず、魚と肉は冷凍中心の品揃えに特化。これによってSMの機能を果たしつつ、食品ロス対策を両立できる
冷凍の「健美銀鮭」
冷凍の「あまに豚」「あまに鶏」
百貨店である吉祥寺丸井店の1階奥に82坪の売場で出店。売場づくりは近畿圏の靭店が通常のスーパーマーケット寄りであったのに対し、吉祥寺丸井店は密度が高い専門店のような売場となっている

取扱アイテム数は4000アイテム。内訳は食品3000、農産200、惣菜100、生活関連600、水産と畜産が合わせて100となっている。

吉祥寺駅近くの百貨店内への出店ということで、1㎞圏内の単身世帯比率は56.2%、2人世帯比率が21.9%と、全体の約8割が少人数世帯となっている。また、年齢別人口構成は30代が16.4%と最も高く、次いで70代以上が16.1%となっている。

フォーマット名とPB名を同期

ビオラルとして、店舗展開以外にも、すでに健康志向のお客の多い既存店約40店に「ビオラル」コーナーを設置している他、プライベートブランド(PB)の1ラインであった「ライフナチュラル」を「BIO-RAL(ビオラル)」にリニューアル。

専任の商品開発担当者を首都圏に4人、近畿圏に1人配置するなど開発体制の強化も図った結果、今回の丸井吉祥寺店のオープンに際しては、新たに約50アイテムを加えることができた。

「オーガニック・ローカル・ヘルシー」をコンセプトに開発したライフコーポ―レーションのPB商品として「BIO-RAL」を開発。既存PBの「ライフナチュラル」を移行した。「BIO-RAL」のアイスクリームは、搾乳から3 日以内の八ヶ岳契約牧場牛乳を使用。安定剤、乳化剤、香料、着色料不使用
「BIO-RAL」の玄米おにぎり(冷凍)。青森県産玄米を100%使用、国産原料を使用。化学調味料は不使用
「BIO-RAL」の「北海道の牛乳と卵でつくっためぐみプリン」。北海道産牛乳に生クリームを加えたこくのあるプリン。乳化剤、香料不使用
「BIO-RAL」の「生産者限定低温殺菌牛乳」。乳牛に遺伝子組み換えでない飼料を与え、さらに低温保持殺菌することで生乳本来のおいしさを実現した
「BIO-RAL」の「白菜漬」。長崎県産平釜炊き海水塩、北海道産昆布使用。化学調味料不使用

この春からの動向として、イオングループのビオセボン・ジャポンが展開するオーガニック専門SMのビオセボンも好調を維持している。特に栽培に条件が課されるオーガニックに関しては、マーケットの拡大自体が販路を確かなものとし、生産の強化にもつながる。新型コロナを経て、日本におけるオーガニック消費が変わってきた。

ビオラルは、オーガニック「専門店」ではないが、こうした状況がビオラルの今後に与える影響も大きいといえる。

入口左手には対面販売を含む惣菜売場を設置。店内製造も行うなど、品揃えを絞った生鮮とは対照的に大きく展開。「ナチュラル系SMの惣菜、弁当にありがちな『健康的だけどあまりおいしくない』といったイメージを払拭するためにもインストアで出来たてのおいしい商品を提供し、ビオラルのブランドを高める」(同社)という
化学調味料をできる限り使用せずに仕上げた彩豊かなサラダや出来たてのおかずを好みの量で買うことができる対面の量り売りも展開。対面サラダ、対面おかずは各8、9アイテム
店舗すぐ近くには井の頭恩賜公園があることもあって、弁当や惣菜などを充実させた。「黒米と大豆ミートのキーマカレー」など、素材にも健康志向のトレンドを取り入れる
弁当には黒米を多用している。商品の一部は千葉県船橋市の自社センターで製造。アウトパックも活用しながら、品揃えを充実させている。弁当は20アイテムほど取り扱う
有機玄米を使用したおにぎりや弁当など種類豊富に取そろえる。おにぎりは15アイテム品揃え
生鮮では唯一、青果を取り扱う。農薬や化学肥料を避け、自然の恵みを生かした形の基準に沿って生産されたオーガニック(有機)野菜の他、「東京育ち」として地元で採れた野菜なども取りそろえる
オイシックス・ラ・大地が展開するヴィーガンミールキット「Purple Carrot(パープルキャロット)」を販売。10月10日から首都圏のライフ既存店に設置された「BIO-RAL(ビオラル)」コーナーの一部でも販売を開始していた
吉祥寺で有名な「ビストロパッサテンポ」で人気のマドレーヌを販売。さらにさまざまなフレーバーを品揃えする
オーガニックのドライフルーツやナッツの量り売りも展開している
旬の果実を使ったジェラートやスムージー、フルーツビネガードリンクなど体に優しいメニューを用意し、イートインでも飲食することができる。カフェで販売するジェラート「Premarché Gelateria(プレマルシェ・ジェラテリア)」は合成乳化剤・合成安定剤の他、乳化剤を使用しないグルテンフリーのジェラート
ビオラル1号店として近畿圏にオープンした靭店でもオープン時から展開している店内製造のピーナッツバターを販売する他、アーモンドバターも販売する
82坪の限定された売場ではあるが、食品だけでなく非食品も取り扱う。オーガニック植物エキスを配合したコスメや自然由来の成分で造られたシャンプー、香料、着色料、防腐剤不使用の無添加洗剤など、環境に配慮し、体にも優しい商品を展開
環境に配慮したカトラリーとして、木製スプーンと紙製ストローを採用している。「サステナブル」の考え方にも踏み込む
レジはSMとは異なる対面方式。セミセルフを採用している

ビオラル丸井吉祥寺店概要

所在地/東京都武蔵野市吉祥寺南町171(丸井吉祥寺店1階)

オープン日/2020年12月19日

駐車台数/74台(丸井吉祥寺店共有)

営業時間/10時30分~20時

売場面積/82坪(272㎡)

店長/木村順姫

従業員数/17人(社員3人、パートナー14人)

世帯数・人口/0~0.5㎞圏5598世帯9339人、0.5~1㎞圏1万7183世帯3万1331人、0~1㎞圏2万2781世帯4万670人

お役立ち資料データ

  • 顧客を知り尽くした究極の1to1マーケティングとは

    今の時代消費者は”個人”を中心に動いています。 コロナを経て、「ニューノーマル」といわれる現在、日常生活におけるオンライン時間は急激に増えています。多くの製品をインターネットで見つけることができ、購買に至るまでの検討期間が長くなっています。さらに簡単には店舗来店がなく、直接接客も難しくなっています。個人の行動をリアルタイムに把握しなければ、本当に顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉えることは難しいのではないでしょうか。 では、どうすれば企業は顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉え、コミュニケーションを図ることができるのでしょうか? 本資料では、どのようにお客様の行動を理解し、オンラインとオ…

  • 小売業が顧客体験戦略を進化させるための4つのテーマとは?

    新型コロナウイルスの拡大により、ブランドや小売業者が急ぎ導入した短期的なソリューションは、ショッピング体験に大きな影響をあたえています。結果として、消費者はこれまでにないほど多数のチャネルと選択肢を持ち、小売業者に対して高い期待を抱くようになりました。 Salesforceでは、高まる消費者の期待と小売業界の置かれた現状を分析。世界1,600人の消費者と、1,000人以上の小売業界幹部に調査を実施した結果、以下のことが明らかになりました。 ●顧客対応に関する消費者の期待は増々上がっている ●ブランドを差別化するための新たなポイントはロイヤルティ ●ブランドや小売業者は、顧客体験戦略を進化させつ…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …