ヨークが初めて 「ヨークプライス」店舗を「ヨークフーズ」へ屋号変更、商圏に対応したMDを強化

2021.02.26

ヨークは、ヨークプライスせんげん台店を「ヨークフーズせんげん台店」に、屋号を変更した形で2月27日にオープンする。ヨークプライスをヨークフーズに屋号変更するのは初となる。

同店は東武スカイツリーライン(伊勢崎線)「せんげん台」駅から徒歩約5分に立地。イトーヨーカ堂が展開するディスカウントストア(DS)「ザ・プライス」で初めての新設店として2009年11月にオープンした。昨年6月のヨーク発足に際してイトーヨーカ堂からヨークに移管され、屋号も「ヨークプライス」に切り替えられていた。

今回、さらなる屋号変更が行われた形になるが、これによってザ・プライス時代から強みとしてきた低価格のプライスラインを踏襲しつつも、商品の「質」や「品揃え」といった軸を取り入れた新しい商品政策・売場づくりを目指すとしている。

新型コロナウイルスによる在宅勤務の拡大などによって在宅時間や料理の機会が増える中、ヨークとしてもスーパーマーケットへの期待感や来店頻度が高まっている中で、「美味しい商品を身近で簡単に購入して食べたい」というニーズに応えていく必要があると判断。「値ごろ感」を保ちつつも、遊び心のある売場で「選ぶ楽しさ」や「1カ所で効率的にお買物ができる」など、さらなる利便性の高い店づくりを目指す。

DSの要素を残しつつ、標準タイプのMDを付加

屋号変更に伴うポイントは4つ。まず、新しい商品政策として、標準店で導入が進む「上質」商品の品揃えを強化。 生鮮素材をはじめ、「上質」をキーワードにした商品を多数導入し、品揃えの幅を広げることでワンストップショッピング性を高める。

例えば精肉では、生産者指定の農場で品質にこだわったヨークオリジナル黒毛和牛の北海道産「北の恵み和牛」など国産黒毛和牛の取り扱いを常設。また、鮮魚では、「真鯛」「ひらめ」「しまあじ」を喫食時間の 24 時間以内に活じめすることで鮮度感とコリコリの歯応えを追求した「極み」シリーズなどを販売。刺身盛り合わせだけでなく、サクでの販売も行い、幅広い用途に活用できるようにしている。さらに寿司では、「アイルランド沖の天然本マグロ」を使用した上寿司などを展開する。

2つ目のポイントは、ヨークオリジナル開発商品としての「新規MD」や「ミールキット商品」を新たに導入すること。同社のマーチャンダイザーが薦める生鮮素材を組み合わせ、店内製造することで差別化を図る戦略的な商品群だ。

当日入荷した新鮮なブランドイチゴの「あまおう」をぜいたくに盛り付けたオリジナルタルトの「あまおう苺のタルト」やサーモンやエビなどの魚介類やオリーブ、香草を盛り込んだ「サーモンとアボカドのベビーリーフサラダ」、鮮魚部門の素材を用いて塩こうじに一晩漬け込み、うま味と柔らかさを追求した「帆立塩麹唐揚げ」といった生鮮部門が手掛ける惣菜の他、春牡蠣を10分間炒めるだけで料理が完成する「春牡蠣と青菜のオイスターソース炒めキット」といったミールキットなどを販売する。

「春牡蠣と青菜のオイスターソース炒めキット」

ポイントの3つ目は、中食対応商品や、買い置きに便利な商品を多数品揃えすること。中食ニーズの高い惣菜売場を従来の1.4倍に拡大し、寿司や冷惣菜、レンジアップデリカを中心に種類豊富品揃え。またデイリー食品部では冷凍ケースを増設し、外食専門店監修商品や大袋商品など買いだめ需要に対応するため取り扱いアイテムを充実させた。

イタリア産トマトと玉ネギの甘みを加えたナポリタンと、北海道産牛乳をベースにチーズのうま味とこくを加え、エビのうま味を隠し味に使用したホワイトソースのグラタンを組み合わせたヨークオリジナルのセットメニューの「ナポリタン&グラタン」や、コロナ禍で外食自粛が続く中にあって、大阪の人気お好み焼き専門店「千房」の豚玉お好み焼きを簡単便利に味わうことができる冷凍食品の「千房大阪名店の味 豚玉」などを品揃えする。

最後の4つ目のポイントは、「理由あり!スーパーロープライス商品」のコーナー化。DSの要素を残す取り組みとして独自仕入れによる買い得商品の売場を1カ所にまとめてコーナー化する。その時々の仕入れによって販売商品が順次切り替わるため、買物のたびに「宝さがし」的な楽しさを感じることができる売場としていく。

ヨークの大竹正人社長は昨年のインタビューで、「DSと標準タイプを合体させたタイプ」の数字が上がっているとし、ハイブリッドのマーチャンダイジング(MD)を採用した店への期待を示していた。その上で、ヨークプライスの新店を出店する予定はないとしつつ、「プライスから標準タイプにする店はあるかもしれない」と語っていた。今回の屋号変更は、その方向性の一環といえる。

ヨークフーズせんげん台店概要

所在地/ 埼玉県越谷市千間台東2-707

営業時間/9時~21時(都合により変更となる場合がある)

駐車台数 /車226台

売場面積/1880㎡

店長/山田令子

従業員数 /66人(社員15人、パートタイマー51人)※8時間換算)

商圏人口/約 6万9670人(約2万9130世帯)※半径1.5㎞の基礎商圏内

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」