西武鉄道とファミマが共同展開する駅ナカ・コンビニ「トモニー」が無人決済システムを導入

2021.04.27

2021.04.28

西武鉄道とファミリーマートが共同展開している西武線の駅ナカ・コンビニ「トモニー」が、TOUCH TO GO(TTG)が開発した無人決済システムの導入に向けた取り組みを開始する。

「トモニー」は21年4月27日現在、59店(自動販売機による無人店舗6店を含む)を展開しているが、2021年夏ごろに西武新宿線中井駅に隣接するトモニー中井駅店(東京・新宿)への導入を予定している。

TTGの無人決済システムは、「ウォークスルーの次世代お買い物体験」 を可能にするもので、時間節約ニーズの高い朝の時間帯や移動の合間などの短時間に手軽に買物ができ、利便性の向上が期待できる。

また、店舗運営側では省力化が可能となるため、 店舗のオペレーションコストが低減し、人手不足の解決にもつながる。

さらに、ウオークスルー型の無人決済店舗のため、買物の際、従業員との接触を極力減らすことができ、新型コロナウイルス感染症対策としても効果的だとしている。

ファミリーマートとTTGの両社は2021年2月26日に資本業務提携契約を締結、TTGが開発した無人決済システムの既存店への導入を開始している。

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」