ユニクロ浅草が6月4日オープン、「Our Neighborhood!」をコンセプトに浅草の街とRaaS的な取り組みも含めたコラボレーション

2022.04.12

2021.06.06

つくばエクスプレス浅草駅から至近に立地

ユニクロは6月4日、東京・浅草にある複合施設の東京楽天地浅草ビル1階、2階にユニクロ浅草をオープンした。プロモーションスペースを除くと、基本的に1階はレディス、2階はメンズとキッズ、ベビーといった売場構成。

同ビルには食品などの物産展のような施設として「まるごとにっぽん」が営業していたが、リニューアルに伴って大幅に規模を縮小。ユニクロはその跡地に出店した格好になる。7月には3階にフードサービスがオープンする。

まるごとにっぽんとのコラボレーションとして、全17種の日本酒をあしらったTシャツを展開。下でステテコを関連販売し、コーディネート提案

コンセプトとして「Our Neighborhood!」を掲げ、浅草の店を含むさまざまな要素を全面に打ち出した特徴的な店となった。

一角1.8mの四角のちょうちんを作成し、入口にぶら下げている。四角ということもあってインパクトがある

地域とのコラボレーションを象徴する売場は2階のエスカレーター上がったところに広がる。浅草の地元の店の商品を販売ではなく、紹介目的で並べている。ここで商品を知って、体験してもらい、その店に行って買ってもらうことを促すRaaS(Retail As A Service、サービスとしての小売り)のような売場といえる。

地域の店のコラボレーションの展開では、ユニクロとコラボレーションした商品もあったり、ユニクロの商品も関連販売

浅草店限定のUTme!スタンプや浅草店限定デザインのUT豆皿「浅草 常盤堂」を展開

また、オリジナルのTシャツやトートバッグを作り、その場ですぐ購入することができるユニクロの人気サービス「UTme!」も導入。地元の老舗ブランドや浅草を中心に活動するアーティストとコラボレーションしたユニクロ浅草限定の「UTme!スタンプ」も多数展開する。

第1弾は、 幻の日本酒を扱う「まるごとにっぽん」、昭和30年代から伝統の味と暖簾を守り続ける「浅草うまいもの会」、浅草を代表する人力車企業、アーティストの「ESOW」氏や「goyemon」などのUTme!スタンプを展開する。

Tシャツなどは設置されたタブレットで作成。ピクチャー、ペイント、テキスト、スタンプなどをプリントできる
配置する位置や大きさなどは自由に設定できる。Tシャツは注文後、最短で5分ほどででき上がるという
浅草を象徴するものというものの他、サステナブルの文脈で人力車を展示
こちらもサステナブルの意味を込めた展開として緑のドラえもんを展示している
浅草を拠点としている絵師のESOW(エソウ)氏が、1階と2階にある試着室前の壁面に直に絵を描いた。1階は「昭和」、2階は「令和」をテーマとしている。昭和はオート三輪が描かれている
令和は、スケートボードをする人が描かれている。これもサステナブルの移動手段という意味がある
試着室の前には浅草の風景の写真を掲示。こちらも1階は昔を象徴するモノクロ写真、2階は現代を象徴するカラー写真と、内容を分け、浅草の今昔を示している
キッズ売場でもガラスにイラストをあしらうなど、浅草らしさを演出

特にオープン期間中は特典やコラボレーション商品を用意し、街の人々と一緒にオープンを盛り上げる。

オープン日の6月4日からオープン記念として、「雷おこし」などで親しまれる「浅草 常盤堂」とのコラボレーション商品のUT豆皿を浅草店限定で発売する。浅草 常盤堂は、「一粒、一粒にまごころを込めて…」をモットーに、選び抜かれた原材料と洗練された技術で、伝統の味を守り続ける江戸銘菓の老舗。浅草 常盤堂との限定UT豆皿は、数量限定で590円(総額)での販売。

1階入口付近では、昨年からユニクロの一部店舗に設けている生花売場「UNIQLO FLOWER」を導入。7店舗目の導入となった。

ユニクロでは、「あらゆる人の生活をより豊かにするための服づくり」を目指す「LifeWear」のコンセプトと同様の考えの下、人々の暮らしを彩り、豊かにするアイテムとして生花の販売を昨年から開始している。季節の生花を展開することで、生活をより華やかに演出する。

オープンを記念したオリジナルノベルティをプレゼント

ユニクロ浅草のオープンを記念して、さまざまなオリジナルのノベルティを用意した。オープン当日の6月4日限定で、伝統の味を守り続ける「浅草 常盤堂」の江戸銘菓「雷おこし」を浅草店オープンのためにデザインされたオリジナルバッグに入れて先着2000人にプレゼント。

また、6月4日~6日の3日間、同店で5000円以上買い上げたお客先着300人にはユニクロ浅草のオリジナル湯呑みをプレゼント。 オリジナル湯呑みには岐阜県の美濃焼で、店舗のキービジュアルである千社札のデザインを中心にユニクロを代表するアイテムの名称を印字した。

同様にオープン期間3日間は、来店したお客に先着でオリジナルデザインステッカーをプレゼント。 また、 オープン期間中の買物についてはオリジナルショッパー(紙袋)を使用する。

ユニクロ浅草概要

オープン日/2021年6月4日

所在地/東京都台東区浅草2-6-7東京楽天地浅草ビル1階、2階

売場面積/約600坪(地上1階、2階/2層)

取扱商品/メンズ、ウィメンズ、キッズ、ベビー

お役立ち資料データ

  • 顧客を知り尽くした究極の1to1マーケティングとは

    今の時代消費者は”個人”を中心に動いています。 コロナを経て、「ニューノーマル」といわれる現在、日常生活におけるオンライン時間は急激に増えています。多くの製品をインターネットで見つけることができ、購買に至るまでの検討期間が長くなっています。さらに簡単には店舗来店がなく、直接接客も難しくなっています。個人の行動をリアルタイムに把握しなければ、本当に顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉えることは難しいのではないでしょうか。 では、どうすれば企業は顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉え、コミュニケーションを図ることができるのでしょうか? 本資料では、どのようにお客様の行動を理解し、オンラインとオ…

  • 小売業が顧客体験戦略を進化させるための4つのテーマとは?

    新型コロナウイルスの拡大により、ブランドや小売業者が急ぎ導入した短期的なソリューションは、ショッピング体験に大きな影響をあたえています。結果として、消費者はこれまでにないほど多数のチャネルと選択肢を持ち、小売業者に対して高い期待を抱くようになりました。 Salesforceでは、高まる消費者の期待と小売業界の置かれた現状を分析。世界1,600人の消費者と、1,000人以上の小売業界幹部に調査を実施した結果、以下のことが明らかになりました。 ●顧客対応に関する消費者の期待は増々上がっている ●ブランドを差別化するための新たなポイントはロイヤルティ ●ブランドや小売業者は、顧客体験戦略を進化させつ…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …