アマゾンがスーパーマーケットタイプのアマゾンフレッシュのリアル店舗で「ジャスト・ウオーク・アウト」を初導入

2022.04.12

2021.07.04

画像はアマゾンより

アマゾンはアマゾンフレッシュのリアル店舗で「ジャスト・ウオーク・アウト(ただ店を出るだけ)」の技術が、初めて利用可能になったと発表した。

ワシントン州ベルビューのファクトリア地区にオープンしたアマゾンフレッシュのリアル店舗でレジを通らずに精算を済ませることができる技術を導入した。

アマゾンとして野菜、果物、精肉、鮮魚、惣菜などフルラインの大型スーパーマーケット(SM)タイプの店で「ジャスト・ウオーク・アウト」の技術を導入したのは初めてとなるという。

コンピュータービジョン、センサーフュージョン(センサーの融合、ディープラーニング(深層学習)といった技術を組み合わせることで実現した。

お客が入店し、欲しいものを取り、そのままレジを通過せずに店を出る選択肢を提供することでお客の買物体験に利便性を追加するとしている。

「アマゾンダッシュカート」から「ジャスト・ウオーク・アウト」へ

アマゾンフレッシュのリアル店舗1号店は2020年8月にカリフォルニア州にオープンし、その後イリノイ州、バージニア州へと出店地域を拡大し、13店体制にまで広がっていたが、これら既存店で「アマゾンダッシュカート」と呼ばれるカートを導入していた。これはカートにサインインし、商品を入れていくことで、商品が認識され、最後にレーンを通るだけで精算が終了するというものだった。

今回のベルビューの店舗ではアマゾンダッシュカートは採用されていない。既存店では引き続きアマゾンダッシュカートを使用できるというが、今回の技術の導入によって、比較的広い店舗での「ジャスト・ウオーク・アウト」が可能になったことは大きな意味があるといえる。

一方で、「ジャスト・ウオーク・アウト」の技術だけでなく、従業員が配置された従来のレジでの買物も可能となっている。お客は入口で、「ジャスト・ウオーク・アウト」による買物か、従来のレジによる精算の買物かを選択する仕組み。

入口で「ジャスト・ウオーク・アウト」による買物を選択したお客は、①アマゾンアプリのQRコードをスキャンする、②手のひらをスキャンしてアマゾン・ワンを使用する、③アマゾンアカウントに登録したクレジットカード、またはデビットカードを挿入するという3つの方法を利用して入店することができる。

アマゾンアプリのQRコードスキャン(画像はアマゾンより)
アマゾン・ワンによる手のひらのスキャン(画像はアマゾンより)

「ジャスト・ウオーク・アウトゲート」が開き、入店後は普通に買物をしていく。アマゾンによると、棚から取ったものは自動的に「仮想カート」に追加され、逆に棚に戻せば仮想カートからなくなるようになっている。買いたい商品を取り終えたら、最後に入店時に行ったスキャンやカードの挿入を行えば買物が終了する。

画像はアマゾンより

従業員が配置されたレジの使用も可能。その場合は「ジャスト・ウオーク・アウトゲート」とは違うゲートから入店する。こちらではクレジットカードやデビットカード、アマゾン・ワン、アマゾンアプリのインストアコードの他、現金などで支払うことが可能。

通常のレジも用意(画像はアマゾンより)

レシートについては、「ジャスト・ウオーク・アウト」の買物客にはデジタルレシートが送信される。一方で従来のレジでの買物客には紙のレシートが渡されるが、デジタル上でアマゾンの顧客と認識されればデジタルレシートも送信される。

18年に登場したアマゾンゴーは、その「ジャスト・ウオーク・アウト」技術によって業界に衝撃を与えた。それ以来、アマゾンゴーグロサリーや英国のアマゾンフレッシュの店、さらにサードパーティにもこの技術を拡大してきたが、生鮮食品を含む大型SMでの導入のインパクトは大きい。「シームレスなオンラインとオフラインのショッピング体験」へのあくなき追求は続く。

ただし、今回の「ジャスト・ウオーク・アウト」技術を他のアマゾンフレッシュのリアル店舗やホールフーズ・マーケットに導入するかは未定だという。まずは今回のベルビューの店舗での検証に取り組むという。

アマゾンフレッシュのリアル店舗では、低価格にもこだわりを見せ、15セントのバナナ、89セントの焼きたてのパン、1.79ドルの焼きたてピザのスライス、4.97ドルのロティサリーチキンなど、「1ドル未満の食品」を多数そろえていることを強調している。

画像はアマゾンより
画像はアマゾンより
画像はアマゾンより
画像はアマゾンより

お役立ち資料データ

  • 顧客を知り尽くした究極の1to1マーケティングとは

    今の時代消費者は”個人”を中心に動いています。 コロナを経て、「ニューノーマル」といわれる現在、日常生活におけるオンライン時間は急激に増えています。多くの製品をインターネットで見つけることができ、購買に至るまでの検討期間が長くなっています。さらに簡単には店舗来店がなく、直接接客も難しくなっています。個人の行動をリアルタイムに把握しなければ、本当に顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉えることは難しいのではないでしょうか。 では、どうすれば企業は顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉え、コミュニケーションを図ることができるのでしょうか? 本資料では、どのようにお客様の行動を理解し、オンラインとオ…

  • 小売業が顧客体験戦略を進化させるための4つのテーマとは?

    新型コロナウイルスの拡大により、ブランドや小売業者が急ぎ導入した短期的なソリューションは、ショッピング体験に大きな影響をあたえています。結果として、消費者はこれまでにないほど多数のチャネルと選択肢を持ち、小売業者に対して高い期待を抱くようになりました。 Salesforceでは、高まる消費者の期待と小売業界の置かれた現状を分析。世界1,600人の消費者と、1,000人以上の小売業界幹部に調査を実施した結果、以下のことが明らかになりました。 ●顧客対応に関する消費者の期待は増々上がっている ●ブランドを差別化するための新たなポイントはロイヤルティ ●ブランドや小売業者は、顧客体験戦略を進化させつ…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …